家の節電対策ランキング!電気を使っている家電を調べてみたら・・・

節電対策

我が家の電気代が、じわじわ上がり始めています。

母の液晶テレビが壊れたので、買い換えることになりました。

さすがに10年前より省電力化されているので、電気代は安くなるハズでした。ところが高くなる一方。

あれ、何かがおかしい。

そんなときニュースで、節電するとどれくらいお得なのかをやっていたのでメモしました。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)

節電対策に効果がある家電はこれだ!

買い換えると節電効果が高まるものと、使い方を工夫することで電気代を安くできる2つのポイントで見ていくことにしましょう。

買い換えるとお得な家電ランキング

消費電力が多い家電はこちら。

  • 1位 冷蔵庫(10年前より電気代が年間1万円くらい安くなる!)
  • 2位 照明器具(LEDに交換すると、消費電力は数分の1に!)
  • 3位 テレビ(地デジ化で、かなり買い換えが進んでいる)
  • 4位 エアコン(10年前より10%消費電力を抑えられる)

この4つの家電で、家の電気の5割近くを占めています。オール電化の場合、深夜にお湯を沸かしたり、調理家電も消費するので変わりますが。

もしこれらの家電で、10年近く前のものであれば、買い換えるだけで消費電力を下げることができます。

ランキング1位

1位の冷蔵庫が10年前の製品だったら、電気代がかなり抑えられます。

rank2

2位の照明器具も蛍光灯から、LEDライトに交換すればグッと下げられます。詳しくはこちらの記事にまとめています。

参考 ダイソーLEDライトで電気を節約したらランチが食べられる!

3位のテレビは後ほど。

4位のエアコンは、すでに限界に近いくらい消費電力が抑えられているので、効果は小さいでしょう。ただし15年くらい前のエアコンだったら、30~40%は省エネに。

ただし使い方を工夫すれば、節電効果がアップします。詳しくは下記まで。

参考 エアコンの暖房で電気代を節約するポイントまとめ

ちなみに電子レンジや掃除機は、使う時間が短ければ節電効果は少ない。

スポンサーリンク

使い方で節電になる家電ランキング

ニュース番組で、どんな節電方法をすればどのくらいお得なのか?

ランキングで紹介していたので、思わず近くにあった紙にメモしてみました。季節によっては使わないものもあるので、一つの例としてご覧下さい。

  • 1位 加湿器
  • 2位 冷蔵庫
  • 3位 温水洗浄便座
  • 4位 電気カーペット
  • 5位 炊飯器

ランキング1位

1位 加湿器の代わりに、室内に濡れたバスタオルを部屋に干す。年間3200円ほどの節電。

rank2

2位 冷蔵庫を開ける回数を減らす。庫内に冷気を逃さないようにビニールのれんを付ける。年間2900円ほどの節電

rank3

3位 温水洗浄便座のコンセントを抜く。年間2300円ほどの節電

4位 電気カーペットの下に断熱シートをひく。年間2100円ほどの節電

5位 炊飯器の保温時間を短くする。年間1400円ほどの節電

見ていて、意外な結果でした。

ランキング外では、冷暖房のコンセントを抜くやドライヤーの温風を冷風にするなどが入っていました。

2位の冷蔵庫の開ける回数を減らすためには、入っている食材を書いて扉に貼っておけば、何回も確認しなくていいですよね!

それでも電気代が値上げされるなら

私の友人の話ですが、電気代を何とか安くできないかと言われて、この記事をまとめたのですが、そのときの会話をまとめました。

とうとう電気料金が値上がりする時期が近づいてきました。

私は、実家暮らしなので両親が電気代など払ってくれていますが、いい大人なので、お金の価値はわかります。

少しでも負担になるような生活はしたくないですし、節約できるように考えています。

まわりの主婦の子たちは、旦那さんや自分の給料が上がる訳ではなく、家のローンも払いながら、子供にお金がかかるのに…と「暮らしがキツイ」と嘆いていました。

主婦にとったら切実な悩みですよね。

いろいろな節電方法が、雑誌で取り上げられていますよね?

空気清浄機のフィルターに溜まったホコリを、小まめに掃除する。

使っていない時のテレビや電子レンジのコンセントを抜くなどは、家でもやっていますが

年間を通して、たいした節電にはならないそうです。それでも、やらないよりはやった方がいいですよね。

家電の買い換えや使い方を工夫しても、電気代が上昇するなら、さらに小まめにチェックして改善しましょう。

この記事が参考になれば良いのですが・・・

スポンサーリンク

液晶テレビが問題だった

母の壊れた液晶テレビを4K(8K対応?)に買い換えたのですが、そこで問題が発生。

いままで24インチのテレビだったのに、43インチにしたいっていうから買ったけど、消費電力は2倍以上。

気が動転している母親

最悪。

しかも家のテレビがそろそろ買い換え時で、次々に大型に交換させられた。そりゃ電気代も増えるわ。

それをいくら説明しても理解してもらえず、電気代が高くなることだけ文句を言われるので、やってられない。

しかも母は1日中、家にいてテレビはつけっぱなし。もう嫌。

教訓

笑顔で指さし これ

もし節電するなら、液晶テレビのサイズは同じインチサイズか、同じ消費電力のものを選ばないとダメです。

まとめ

家電の買い換えと使い方の工夫で、毎年2万円以上も節約できます。

我が家はテレビが大型化したおかげで、節電効果は低くなりました(涙)

このままいけば、冷蔵庫も大型の物に買いせよと言われそうなので、何とかやめるように説得の方法を考えています。

節電志向の強い方は、必ず買う前に消費電力を比較しましょう。

【関連記事】

関連コンテンツ ユニット

スポンサーリンクと関連記事


スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)
336 x 280 レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする