1万円前後のショアジギングのロッド選び!青物対応のポイント

ショアジギングで強烈な引きが楽しめる青物。(ショアとは岸のこと)。岸からルアーを投げて釣る。

マグロ

磯や浜(サーフ)、堤防で大物を狙うのに必要なロッド選びは重要です。

予算があれば2~5万円を選ぶのをおすすめしますが、ちょっとそこまでは・・・でも格安のものでは不安があります。

それにもし竿が魚に負けてしまうと、釣り上げられません。やはり1万円前後のショアジギングのロッドを選びたい。

そこでどんなロッドを選べば良いのか、大事なポイントとおすすめロッドやリールなどのタックルについてもまとめました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

ショアジギングのロッドの条件

指を差す女性のイラスト

ロッドを選ぶ時は、投げるルアーによって2種類のタイプに分類できます。

  1. ライトショアジギング
  2. ショアジギングのロッド

主に投げるルアーの重さ、ロッドの硬さで分けられます。

メーカーは、ダイワ、シマノ、メジャークラフトさんを使う人も増えています。

3000~4000円のロッドもありますが、耐久性(寿命)などを考えると1万円前後を選ぶ方が長く使えてお得。

ライトショアジギングのロッド選び

  • ルアー50~60g以下まで投げられるロッドは、ライトショアジギング向き。
  • 硬さはMまたはMHの型番のロッドを選ぶ。MHは若干硬め。
  • 長さは必要な飛距離で選びます。堤防から狙う場合、あまり飛距離を求めない場合は8フィート。
  • 砂浜からの遠投の場合は10フィートが有利。(1フィートは30cm、10フィートの竿の長さは3m)

このような条件に当てはまるロッドを、1万円前後から選定しました。

ダイワで選ぶならこれ!

下記の価格は変動します。重さ(g)はルアー。投げるルアーの重さで選びましょう。いずれも1万円以下で購入できるのもありがたいですね。

ダイワ(Daiwa) ジグキャスター 90M

40gくらいのジグを投げるのに、ちょうどいい感じ。

笑顔

  • ダイワ(Daiwa) ジグキャスター 90M
  • 価格:9300円前後
  • ルアー:10~60g
  • 全長:9フィート:2.74m
  • 継数(本):2本 1本142cm
  • 重さ:200g
  • 先径:2.0mm
  • 元径:13.4mm
  • ライン(lb.):12~25(lb.)
  • カーボン含有率:97%
  • トップガイドにSiCリングを搭載。(PEラインに対応)

簡単な特徴

  • 軽めの10gのルアーから60gまでをキャストできるので、やや柔らかいロッドといえます。投げられる範囲が広いので、投げる範囲が広くなります。
  • 港や堤防からの大型のシーバスに最適。
  • エギングにも使える。
  • 予算の関係で1本のみ購入という方におすすめのロッドです。

通販・最新価格 ダイワ ジグキャスター 90Mを楽天市場で詳細を見る。


ダイワ(Daiwa) ジグキャスター 87MH

ランキング1位

  • ダイワ(Daiwa) ジグキャスター 87MH
  • 価格:9300円前後
  • 全長:8.7フィート:2.62m
  • 継数(本):2本 1本136cm
  • ルアー:35~90g
  • 重さ:220g
  • 先径:2.2mm
  • 元径:14.4mm
  • ライン:20~30(lb.)
  • カーボン含有率:97%
  • トップガイドにSiCリングを搭載。(PEラインに対応)

簡単な特徴

  • ジグキャスター 90Mと比べると若干、硬めのロッド。
  • 軽めのルアーを投げるのには不向き。
  • 40~60gのジグを投げるのに最適。(35~90gが適用範囲)
  • ダイソーのジグ40gも楽に投げられる。

ダイワ 通販・最新価格 ダイワ(Daiwa) ジグキャスターを楽天市場で詳細を見る。

メジャークラフトさんならこれ!

メジャークラフトさんは、大阪府大阪市にある日本の釣竿製造メーカーで2002年に設立された、新しい釣り竿メーカー。

メタルジグ「ジグパラ」も2014年より発売開始。ベンチャー企業のような勢いのある会社。ベトナム工場では他社の竿も生産している。

メジャークラフトさんのロッドも40gまでのジグなら、十分に使えます。

メジャークラフト ロッド 3代目クロステージ シーバスモデル
CRX-962M

シーバス用ですが、他の魚種にも対応できます。

    • メジャークラフト ロッド 3代目クロステージ シーバスモデル
      CRX-962M 
    • 価格:11000円前後
    • ルアー:15~42g  
    • 全長:9.6フィート  2.8m
    • ライン:PEライン 0.8~2.5号   8~20(lb.)

公式サイトでも、潔いほど竿の重量など基本情報が記載されていませんが、ファンも多い。


メジャークラフト ロッド ソルパラ SPS-1002M
ランキング1位

  • メジャークラフト ロッド ソルパラ SPS-1002M
  • 価格:7500円
  • ルアー:15~42g 
  • 全長:10フィート:3.0m
  • ライン:PEライン 0.8~2.5号 8~20(lb.)

こちらも基本情報が少ないですが、価格がお手頃なのが魅力。

 通販・最新価格 メジャークラフト ロッド ソルパラ SPS-1002Mを楽天市場で詳細を見る。

釣り動画を配信されている『釣りよかでしょう。 堤防からルアーで超巨大ブリが釣れた!ライトショアジギング』でもメジャークラフト ロッド ソルパラ SPS-1002Mが使われています。

ライン PE1.5号 
リーダー 50ポンド
リール ナスキー(NASCI) 4000HG ← トラブルが少々。
ルアー タカミヤ

ショアジギングのロッド選び

青物を砂浜から遠投で狙うなら、ショアジギングのロッドを選ぶのがおすすめ。

  • 50g以上、120~130gのジグを投げたい場合。
  • 磯などにも対応できる。
  • 大物狙いで、ロッドの硬さはHのつく型番を選びます。
  • 砂浜から投げる場合は、竿はロッドは長い方が有利。飛距離がでないと、なぶらが見えても届かないケースが増えますから。
  • ロッドが硬く扱いにくいですが、大物を引き上げるのには有利。根に入られるのを防ぎやすい。
  • 9.6~10フィートを選べばOK。

ショアジギングのロッドは、こちらのダイワのジグキャスターから選ぶと良いでしょう。

沖の堤防でタチウオなどを狙うのに、重めのジグをキャストするのも余裕。

ダイワ(Daiwa) ロッド ジグキャスター 96H

ダイワ(Daiwa) ロッド ジグキャスター 96H

磯などで根に入られるようなポイントでは、硬めの竿(H)でないと糸を切られて釣り上げることができない。

  • ダイワ(Daiwa) ロッド ジグキャスター 96H
  • 価格:1万~11000円 
  • ルアー:50~120g
  • 全長:9.6フィート:2.9m
  • 継数(本):2本 1本150cm
  • 重さ:260g
  • 先径:2.4mm
  • 元径:16.4mm
  • ライン:30~40(lb.)
  • カーボン含有率:96%
  • トップガイドにSiCリングを搭載。(PEラインに対応)

簡単な特徴

  • ジグキャスター 90Mと比べると若干、硬めのロッド。
  • 軽めのルアーを投げるのには不向き。
  • 40~60gのジグを投げるのに最適。(35~90gが適用範囲)
  • ダイソーのジグ40gも楽に投げられる。

ダイワ(Daiwa) ロッド ジグキャスター 106H

ランキング1位

  • ダイワ(Daiwa) ロッド ジグキャスター 106H
  • 価格:11000円前後
  • ルアー:50~120g
  • 全長:10.6フィート:3.2m
  • 継数(本):2本 1本165cm
  • 重さ:300g
  • 先径:2.4mm
  • 元径:17.9mm
  • ライン:30~40(lb.)
  • カーボン含有率:96%
  • トップガイドにSiCリングを搭載。(PEラインに対応)

簡単な特徴

  • ジグキャスター 90Mと比べると若干、硬めのロッド。
  • 軽めのルアーを投げるのには不向き。
  • 40~60gのジグを投げるのに最適。(35~90gが適用範囲)
  • ダイソーのジグ40gも楽に投げられる。

通販・最新価格 ダイワ(Daiwa) ロッド ジグキャスターを楽天市場で詳細を見る。

ショアジギングに必要なリール

安いリールもありますが、狙う魚が大物なので、最低限、3500番以上、できれば4000番であれば、安心して使えます。

リールはダイワの3500~4000番をおすすめ。

青物を狙う場合は、糸巻き量も250~300mくらいの余裕があった方が有利。糸が短いと走られたとき余裕がなくなります。

イチオシ

ダイワ(Daiwa) リール 16 クレスト 4000H

  • 重さ:390g(重いです)。
  • 最大ドラグ力:6kg
  • 巻取り長さ(ハンドル1回転)(cm):95
  • 標準巻糸量 ナイロン:16-250/20-200(lb.-m)
  • 標準巻糸量 PE:2.5号-300m 3号-250m

通販・最新価格 ダイワ リール 16 クレスト 4000Hを楽天市場で詳細を見る。

ラインの太さについて

イチオシ PEライン 2号

青物を狙うならPEライン 1.5~2号

リーダー 50ポンド ナイロンまたはフロロカーボン 50~60ポンド

 まとめ

予算次第ですが、ライトショアジギングとショアジギング用のロッドを、1つずつ追加して2本用意されると、いろんな魚種やポイントに対応できます。

予算の関係で1本しか買えないという場合は、こちらがおすすめ。

最初の1本なら、こちら

あとからダイワ(Daiwa) ロッド ジグキャスター 106Hをそろえると、バランスが整います。


すでに軽量ルアーを投げるロッドがあるという前提なら、私はこの2本を選びます。

ライトショアジギング

ショアジギング

遠投重視なら、この1本

ダイワの87MHと106Hの2本があれば、大抵のポイントで対応できます。

ショアジギング注意点

とにかく重い。

初めてショアジギングで1日投げると、腕も手の握力もなくなります。10投くらいで、休憩したくなってきます。

筋肉は1度鍛えると、2ヶ月くらいは筋肉痛にならないと言われているので、続けて釣行するのがおすすめ。← もっと楽しみましょう♪

日頃から腕を中心に鍛えておくと、釣り体力がつくかも。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする