タコ釣り用のロッドおすすめ!激安ロッドはありか?

タコ竿のオススメは?

お気に入りの釣り場で、タコが良く釣れています。

今までは狙わずにたまたまヒットして、困ってしまうんですよ。チヌやメバル狙いの、柔らかな竿にかかるから釣り上げるのが大変。

でもタコは美味しいので、正直、嬉しい。

それなら専門に釣ってみようかなと。そこでタコ釣り用のロッド探しを始めたら、私にピッタリのものを見つけました。

強さと感度のバランスの整ったタコロッド

予算は、いつも1万円以下のロッドから選定しています。

お高い4~5万のタコロッドを、ぽーんと購入できるわけではないので、慎重に選びました。

メジャークラフト 3代目 クロステージ タコロッド

今回はベイトロッドを選びました。

CRX-B662H Taco02


私の愛用ロット

イチオシ

パワーを重視して(両軸)ベイトリールを使いたかったから。それと、スピニングリール用の竿よりも安かったから。

この2つの理由でベイトロッドのCRX-B662H Tacoを購入しました。

ジャークラフト 3代目 クロステージ タコロッド

ベイトロッド仕様:CRX-B662H Taco

通販・最新価格 メジャークラフト 釣り竿 ベイトロッド 3代目 クロステージ タコロッド CRX-B662H/TACO 6.6フィート

  • 送料込み 約7000円
  • 長さ(ft) : 6’6” (約198cm)
  • ルアー(g) :56(MAX)
  • PE(号):2-5(一応の目安ですが、私は太いラインを使っています)。
  • 対象魚:タコ,イイダコ
  • アクション:ファースト

PEラインを使う前にテストで、ナイロン8号を使っていましたが仕様上の問題はありませんでした。

実はもっと硬いのかと思いきや、感度も重視しているので少し先が柔らかく感じたほど。いくら強い竿とはいえ取り扱いは注意。

大型のマダコが釣れたら、無理してごぼう抜きせずタモを使いましょう。

リールの選定については、こちらを参考に。

関連記事タコ釣りリールのおすすめ

関連記事折りたたみ式のコンパクトなタモ網

初心者におすすめタコ釣り用のロッド

手持ちのスピニングリールを使いたいという方で、年に数回しかタコ釣りをしないのであれば、こちらを選んでOK。

本来、タコ釣りは重いタコを引っ張りあげるので、リールに負荷がかかります。タコ釣りに耐えられる、大型スピニングリールがある方は、1年中、使い倒してください。

スピニング仕様:CRX-S702H Taco

なぜかこちらは1万円を超えてしまいます。

  • 送料込み1万円超え。
  • 長さ(ft) : 7’0”(約213cm)
  • ルアー(g) :42(MAX)
  • PE(号):1-4
  • 対象魚:タコ、イイダコ
  • アクション:ファースト

さすがに1万円超えのロッドなので、性能面では激安ロッドと比べると違いが分かります。

スピニングリールだったら、ナイロン 14~15号くらいで使うのが良さそうですが・・・PEラインを使います。

参考 激安PEラインならこれ!

激安ロッドは使える?

地元の釣り人に言わせれば、タコに高級竿は必要無し。

何と言っても、小学生が手釣りで気軽に岸壁のタコを釣っているくらいです。

本来は棒のような頑丈な竿で、豪快に引き上げる釣りだったのですが、いまはお上品に繊細なアタリや引き?も感じて釣ろうという流れになっています。

だから安くても丈夫なら、そこそこタコ釣りできそうだと筆者は感じています。

激安 タコ竿 プロマリン PG たこがかりDXはありか?

プロマリン(浜田商会)は、激安な竿やリールなどを出しているメーカー。タコ竿も出していて、PG たこがかりDXシリーズがあります。

長さがちょうど良い、DX210について見ていくことにしましょう。

プロマリン(PRO MARINE) PG たこがかりDX 210

赤いタコカラーの強そうなロッドです。

  • 価格:4000円以下。
  • 長さ : 2.1m(210cm)
  • 竿先の径:2.4mm
  • 重さ:428g
  • 対象魚:タコ
  • 適合鉛:20~50号。つまり竿が硬いということ。

何と言っても丈夫だけど重い。半日くらいなら何とかなりそうですが、1日、タコ釣りはキツイ。

もう少し短い竿もありますが、2.1mくらいあった方が釣りやすい。

私が調べたときは、アマゾンならプライム会員しか購入できなかったので、こちらは楽天市場で売られているものです。

激安の竿とメジャークラフトの竿の違い。メジャークラフトの見解が動画にまとめられています。

超激安タコロッドと「専用ルアータコロッド」の決定的な違い!

動画で使われているのは過去のロッドで、現在は販売されていないはず。

竿が硬く、穂先の感度はプロマリン PG たこがかりDX 210が鈍感。

メジャークラフト CRX-B662H Tacoの方が敏感。

そもそもタコのアタリは分かりづらいので、硬くて感度が低いとさらに分かりづらくなります。

でも専門的に年中、狙わないので価格を抑えたい方は購入はありです。

繊細な釣りではなく強引に引き上げる感じなので、硬い竿の方が初心者には安心感があります。

今後も、良さそうなロッドを買って、試してみたいと思います。

目次トップ >> 初心者の釣りガイド入門【釣り具選び方・エサ・コツなど】

関連コンテンツ ユニット

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする