泳がせ釣りとエサ確保のため竿を2本用意!サビキ釣りすると楽しい~

2本の竿

泳がせ釣りって、退屈で暇なんですよ。

基本、エサを投げ込んだら、後は釣れるまでやることなし。

状況が悪いとき(潮、水温、そもそも捕食魚がいない)は、半日、1日でもアタリもなく釣れない。

「もうだめだ・・・」

これが真冬だったら極寒の修行。とてもじゃないけど、撤退したくなります。

しっかりと防寒対策をしても心が折れます。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)

サビキ釣りしながら泳がせ釣り

泳がせ釣りをするのに、アジの生き餌を買うのはダメじゃありませんが、現地でサビキ釣りをしてエサを確保するのが楽しい。

サビキ釣り

サビキ釣りは、コマセを入れる作業もあるので、体を動かすので退屈しません。

アジなど小魚が釣れすぎると、それはそれで嫌になってくるかもしれませんが、真冬はそんなに釣れないので(地域差があるので、サバが爆釣したりということはある)。

サビキ釣りのメリット

さてエサが無ければ、まずはコマセで小魚を集めましょう。小魚が釣れたら、それをエサに泳がせ釣りをスタート。

堤防で泳がせ釣り

アジの泳がせ釣りの仕掛け

サビキ釣りのメリットは、小魚を補食する大型の魚も集まってくることです。

例えばシーバス。こちらも泳がせ釣りの対象魚。

エサを確保しつつ、狙う魚も確保できるというメリットがあります!

「いや、捕食する魚が見あたらないけど・・・」と思うことはありますが、水中カメラを沈めると、海底に大型の魚がゆうゆうと泳いでいることが良くあります。

泳がせ釣りは待ちの釣りですが、サビキ釣りのコマセで集められます。

魚の活性が上がる

仮に大型の魚がいても、活性が低く泳がせたアジに興味を示さないことも考えられます。

ところがコマセの匂いと、それに釣られて小魚がどんどん集まってくると、あるとき捕食するスイッチが入って、活性が高くなり釣れる確率もアップ。

エサと狙う魚の集魚効果と活性アップ。

ただし周りに小魚が全くいないこともあります。そんなときはコマセを巻いてサビキ釣りしても、ぜんぜん釣れる小魚を確保できないことも。また前日の雨で水温が低下してくると、状況が悪くなります。

1時間くらいしても小魚が集まってこなければ、サビキ釣りを一旦中止してエサ釣りします。

海底付近や堤防の際(ヘチ)に居着いている、小魚をエサ釣りで確保します。

もしそれでも釣れないときは、エサがいないので、狙う魚も近くにいない可能性が高く、泳がせ釣りをしても釣れない可能性が高い。

エサを別の場所で確保していた場合には、少し投げれば状況が分かることもあるので、沖を狙いましょう。数十メートル投げると、ヒラメが釣れることも。

注意点

サビキ釣りをする場合には、泳がせ釣りをしている竿に注意してください。

何の前触れもなく、いきなりドラグが鳴り響き竿が海中にもっていかれることがあります。

私は鈴をつけて、アタリが分かるようにしていますが、アタリがないまま海に引き込まれるここも。

「え?そんなことある?」

あるんですよ。

竿の方に向かって泳ぎつつ、エサをくわえたら糸が緩んでアタリがないですよね?

その後、いっきに魚が反転して沖に逃げられるとアタリがきたときには手遅れ。そこでドラグを極端に緩めて、ヒットしても竿が落ちないようにしつつ、竿をヒモで固定して落ちない様にしましょう。

予想以上に魚の引きは強烈なので、重そうに見える竿とリールを竿立てを倒して海中にもっていくこともあるのでご注意ください。

最悪、逃げられた魚の姿も見られず、タックル一式失い後悔だけが残ります。

スポンサーリンク

まとめ

泳がせ釣りは退屈が、2本竿があればサビキ釣りをしながら釣りをできるので、待ち時間も楽しい。

いまはスマホがあるので、時間をつぶすせるので問題ないですが・・・

泳がせ釣りが面白いと感じる瞬間は、いきなりドラグがジーと鳴って糸がでるとき!心臓がバクバクします。

あれが忘れられず、寒いのに釣りにでかける人も多いですね。

やっぱり、釣りは楽しい。

>>泳がせ釣り

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)
336 x 280 レクタングル(大)

シェアする

フォローする