アジの泳がせ釣りの仕掛けなら、初心者も大物が釣れる!

アジの泳がせ釣り

簡単な仕掛けで大物が釣れる!

ルアーで釣れないなら、泳がせ釣り。(飲ませ釣りという方も)

生きた魚を泳がせて釣るのは、警戒心がある魚にも有効です。初心者さんも、最近は真似して釣るようになってきました。

ルアーは不自然な動きをすると、食い込まない場合でも生きたアジを泳がせれば、自然に逃げる姿に大型の魚が食い気が増す。

そこで仕掛けや釣り方などをまとめました。

これ、ほんと、釣れる!

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)

泳がせ釣りの仕掛け

釣り方によっていくつかの種類に分けられます。

  • ウキで中層を泳がせる。
  • エレベータ仕掛け。自由に泳がせる。
  • 底を泳がせ。

自由に泳がせるエレベーター仕掛けは、底を泳がせることができるので、ここでは同じ仕掛けでイラストにしています。

泳がせ釣りの仕掛けの原型はこちら。yogase-sikake-genkei

とてもシンプルですね。

※針や糸の号数は例です。状況に合わせて変えます。取りあえず、ここで紹介したものでOK。

実は私が初めて泳がせ釣りで、ヒラメがヒットしたときの仕掛けは、この単純なものでした。それでも魚がいれば釣れます。

「こんな単純な仕掛けに?」

そうなんですよ。こんな簡単な仕掛けでも、底にいるヒラメには有効なんですよ。マゴチも、これでいけます!

例)

  • 道糸はナイロンの4~5号。(大物狙いなら5号以上)
  • オモリは6~15号。(海流などによって調整)
  • ハリス 3号 1.5m(一ヒロ前後)
  • 針 チヌ針5号(大物狙いなら伊勢尼10号、ハリス5号)

忘れられない失敗

ヒラメがバレた...

初めての泳がせ釣り。

投げるとヒットして上げると、アジがかじられていました。その後、また投げると・・・悲劇が・・・。

原因はハリス。

針もセットで入っている丸セイゴの針で、ハリスも細いものでした。それが原因で魚影が見えてタモに入れる瞬間、糸がプチッと切れてバレてしまいました(涙)

逃したヒラメは大きかった。← 小さければ、そもそも逃げられなかった(汗)

ハリスは狙う魚の大きさに合わせて選定しましょう。

ウキで中層を泳がせる仕掛け

ウキを使って、アジを中層で泳がせます。

1ヒロ=約1.5m。2ヒロ=約3m。

oyogase-uki-486

ウキは釣り場のポイントによって交換してください。

円錐ウキ、棒ウキなど泳がせて沈まなければOK。

アジが泳ぐとウキが沈むので、慣れないとアタリなのかが分かりにくい。とくに浮力の小さなウキだと、すぐに沈むのでバランスに注意しましょう。

スポンサーリンク

エレベータ仕掛け

スナップを使うと、底から中層まで自由に泳がせられます。

エレベーターのように上下に移動できるので、魚を自然に泳がせられるので、ターゲットの魚にアピールできます。

道糸を移動できるなら、下記のスナップは、反対に道糸にかけてもOK。ようは魚が自由に移動に泳げれば良いだけです。

oyogase-idou-400

移動しないように固定すれば、底だけを狙うこともできます。

こちらはウキがないので、アタリに注意してください。

自由な発想でも釣れる

泳がせ釣りは、ぶっちゃけこんな仕掛けでも釣れる。

針を背中につけると比較的、投げても飛びにくいですがアジは身が柔らかいので、軽くちょい投げしましょう。

背掛け

また上あごも硬いので、私は良く針をかけます。また鼻、両方に針をつける方法があります。ようは針が外れず、エサが自由に泳ぎまわれれば、どこでもOK。

上あごに針を掛ける

詳しくはこちらで、図解してます♪

針をかけるとき、可哀想だと言って浅く針を刺すとエサが飛んでしまうので、思い切って針を刺しましょう。私は何度かやらかして魚だけ、はるか彼方に飛んでいきました(汗)

YouTubeの釣りスギ四平さんの、こちらの動画の2分25秒くらいから、アジに針をつけているのを参考に。

周りに釣り人がいなければ、ウキもオモリもつけずに、ヨリモドシにハリスをつけて、アジをつけて投げるだけでも釣れる。

あるいはヨリモドシの下にオモリをつけて、ウキなしで投げて釣れる。難しそうだと感じたら、自由な発想で、取りあえず試してみるのもあり。

これならできそう

笑顔

下記の仕掛けの釣り方は、手抜きバージョン。底物のヒラメやコチ狙いに向いています。手作り仕掛けでも、これなら簡単でコストもほとんどかかりません。

道糸・ライン(糸)やハリスについて

ハリスや道糸は、狙う魚種によって変わります。

ぶっちゃけ道糸の話

本来、魚釣りは、どんな釣り方でも自由です。

仕掛けも同じですし、道糸も自由です。

ナイロンで釣る人もいれば、「え、その釣りでフロロカーボン!?ありえない!」という人もいますが、上手に釣り上げる人もいます。PEを使う人もいます。

初めての方は、ナイロンで良いんじゃないでしょうか。

ただしハリスは、フロロカーボンを使いましょう。

  • 道糸ナイロン4~5号。
  • ハリス フロロカーボン3~4号

竿はこちらを参考にしてください。

ロッドの選び方 泳がせ釣りするロッド

スポンサーリンク

アジは活かしておくには乾電池式エアーポンプは必須

泳がせ釣りに大切なのが、元気な生きたアジの確保。

参考 サビキ釣りで釣果がないときの一工夫、あのアイテムを使うと便利!

釣れてもすぐに弱ってしまうのは、海水に溶けている酸素が減少するから。そこで空気を送り込むのに乾電池式のエアーポンプは必須。

注意

安いタイプは故障率が高いので注意。

購入するときは、次のポイントをチェックしましょう。

  • 連続使用時間:単一アルカリ電池2本で連続使用30時間。
  • 防滴タイプ:少しくらい水がかかっても壊れないタイプを選ぶ。
  • 容量:何リットル用か、水深は何センチまで対応しているのか?

※注 記載のない機種も多いので、その場合は必ず評価や使用者の感想を確認してください。

電池の予備は持っていきましょう。

どんな機種か、調べるのが面倒だったり、迷ったら下記のイチオシの中から、予算にあわせて選べばOK。アジの泳がせ釣りで使うなら十分。

私のお気に入り

様々な機種がありますが、こちらのハピソンを選んでおくと失敗も少ない。

ある程度、大きい方が空気の送る量が多くなるので、多くの魚を活かせます。

  • ハピソン(Hapyson) 乾電池式エアーポンプ YH-735C 3500円前後
  • ハピソン YH-708B 2500円前後
  • ハピソン(Hapyson) 乾電池式エアーポンプ YH-707B モーター寿命:約1000時間 2100円前後。

Hapyson エアーポンプ

通販・最新価格 ハピソン 電池式 エアーポンプを楽天市場で詳細を見る。

pin-tya-mono

電池式は、どのメーカーも寿命は300~1000時間以内で、モーターの寿命がくるので、室内での観賞用にはむかない。

あくまでも屋外使用の一時的な使用が大前提。だから音も大きい。

青物やアオリイカ、ヒラメ、マゴチ、スズキ(シーバス)なども、堤防から釣れるポイントもあるので、釣り場近くのエサ屋さんで聞いてみましょう。

ただし周りが釣っていなくても、泳がせで釣れるケースも多いので、ダメもとにやってみるのもあり。

アジが釣れないときは、どうする?

釣れた魚をエサにする!

アジが回遊してこないと、生きエサがないで困りますね。

そんなときは、アジ以外の魚でも泳がせてみましょう。

補足 泳がせ釣りのエサはこれ!マゴチを例に紹介します!

ハゼ、ヒイラギなど。根魚の場合は、底の岩場に入り込んで、根掛かりしやすいので、中層以上になるように、タナを調整しましょう。

この仕掛けは飛ぶ 軽量1~2gのジグヘット、ワームを使って飛距離アップのシャローフリーク仕掛け

関連コンテンツ ユニット

スポンサーリンクと関連記事


スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)
336 x 280 レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする