どれが釣れる?泳がせ釣りで狙うタナと仕掛けまとめ!

泳がせ釣りとブリ泳がせ釣りをする人が増えてきたように思います。

最近では、初心者の方も試される方がいるので、ちょっと泳がせ釣りのタナについてまとめてみました。

いままで15cmとか20cmくらいの魚しか釣れないと、自称初心者と思っていた方も40~50cmの魚が釣れると自信になると思います。

私は始めての泳がせ釣りで、やっちゃいけない『大物のヒラメ』をバラしたことがあるので、そんなことにならないように願いも込めつつ、下記に記しました。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)

泳がせ釣りのタナと仕掛け

堤防で泳がせ釣り

泳がせ釣りでタナは重要な意味があります。

例えば子供達がサビキ釣りを横でしているとします。

「あんまりアジが釣れても調理が大変だよな~」

そんなときは、その釣ったアジをエサに泳がせ釣りをするのをオススメします。

※仕掛けは、数学の方程式にように決まりはなく、正解もありません。人によって、場所にとって、狙う魚種によっても違います。ですので1つの例として読んでください。

自由な発想で楽しんでください~

表層の泳がせ釣り

夜釣りでアジのサビキ釣りをしていると、たまにシーバスが目の前に集まってきたアジを捕食しに集まってきます。

さすが弱肉強食。

そりゃアジが数百匹もいれば、シーバス(スズキ)も食べやすいのでやってくることもあります。

そんなとき浅い表層でサビキ釣りをしていると、アジも表層にいるのでシーバスも上に浮いてきます。

そこで泳がせ釣りも、アジのいる表層に泳がせます。

表層を狙うときは、ウキづりの要領で釣ると簡単です。

ウキはいろいろあるけど、始めて始めるならこんなウキでもOK。投げサビキのウキなど

ようは魚が下に潜っても沈まなければ、どんなウキでも良い。あまり大きすぎると、アタリが分からなくなるけど、大物が釣れるとウキが変な動きをするので分かります。

ただし小さなシーバスにかじられても、アタリが出づらいので気づかないかも。

ウキの泳がせ釣りの欠点は、海流の流れが速いところは、すぐに流れてしまうので隣の人とお祭り(仕掛けがからまる)してしまうこと。

スポンサーリンク

中層~下層

大物が釣れる確率が高いのは、やはり中層から下層。

水深が深いと、人間の気配もないし昼間は鳥からも身を守れます。

そこで大物は小物よりも、少し深くを泳いでいて捕食するときだけ、中層や表層を狙います。

とはいえアジも大きくなると、海底付近を泳いでいることが多くなり、それを狙う大型の魚もいます。

そこで中層や下層で、さらに大物を狙うのです。

海の底狙いだったら、こんな仕掛けでOK。

泳がせ釣りの仕掛け『下層ねらい』

オモリは8~12号。ハリスは3~5号で長さは70cmくらいで様子見。

オモリと三つ叉のサルカンまでの長さは30~50cm。こちらも様子見。現場の状況に応じて変更します。

釣り方によっては、魚と仕掛けが絡まりやすいので、長さは調整してください。

始めてヒラメをヒットさせたときの超簡単な仕掛けがこちら。

泳がせ釣り 超簡単な仕掛け

道糸が4~5号と書いていますが、3号でも超大物でなければOK。

ハリスは3~5号。ハリスの長さは30cm。市販品の針の長さもこれくらい。

オモリは流れが緩やかで、小アジの場合には6号のナス型オモリでOK。流されやすいところでは、重くします。

水深の深いところに、エサのアジなどを泳がせると、例えばヒラメ、マゴチなどが狙えます。もちろん、やっかいもののエイも釣れることがありますが・・・

関連コンテンツ ユニット

スポンサーリンクと関連記事


スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)
336 x 280 レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする