カーバッテリーの使用限界の目安は放電終止電圧で分かる!

カーバッテリー

どこまで使えるのか?寿命についてまとめています。

釣りでカーバッテリー(自動車用のバッテリー)を使って、LEDライトを点灯させるのに活用。

困ったことに、車のバッテリーは使いすぎると寿命が極端に短くなる特性があるので、どの辺りまで使えるのか、目安が知りたくて調べてみました。

結論からいうと、電圧を測定すれば12.5V付近までは、安全に使える状態が分かりました。
※この記事は更新しています。
スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)

バッテリーは端子電圧を測定すれば分かる

まず結論からいうと、12.5Vまで。それ以下になると車がかからない。サブバッテリーとして使うなら、12.4Vまでなら使えます。

放電終止電圧とは?

ネット上ではいろいろ情報が出回っていますが、放電終止電圧は、そこまで使うと一発アウト、「ハイ、寿命が終わり」というくらいのレベルだと、私は理解しています。

その放電終止電圧が10.5V程度。(気温 25度)← ここまで使うとヤバイ!

10.5V・・・バッテリーの品質や気温、劣化の度合いなど、様々な条件によって変わりますが、1つの目安とはなります。

これ以下の電圧で使うと、劣化が激しく寿命が極端に短くなる恐れもあるので、使い過ぎないようにしてください。最悪、新品でもたった1回で廃棄レベルのバッテリーになるおそれもあります。

結論としては、放電終止電圧と言われている10.5Vまで使うのは辞めた方が良いと考えます。

では、実際に使う場合の目安はどれくらいなのか?

バッテリーを安全に使える電圧

これが知りたくて、いろいろ大手のバッテリーメーカーや充電器メーカー、YouTubeなどの実際の使用例などを参考にある結論に達しました。

エンジンを停止して数時間以上は放置して、無負荷に近い状態で測定して、12.5V

バッテリーの端子を直接測定したときに、車のエンジンをかけられる電圧は10.5Vよりもかなり高い12.5V。これが安全な電圧の目安。この電圧でも冬などはかかりづらくなることも

理由:実際にエンジンをかける瞬間に、大容量の電流が必要になるから。ギリギリまで使うと、流せる電流を取り出せなくなるのでエンジンをかけることができません。

バッテリーは、12.2V以下になると、車のエンジンがかからないと考えてください。わずか0.2~0.3V違うだけでも、バッテリーへの影響は大きいですね。

放電終止電圧ではなく、12.5Vを目安にした方が安全だと良いと思っています。さすがにこの電圧なら、多少の測定誤差を考慮しても問題ないでしょう。

バッテリーを使う目安を、グラフ化したイメージはこんな感じ。実際には、電圧は若干変動するので目安にて。

バッテリー 容量

冬の時期で、バッテリーは冷えている場合には、もっとバッテリーの性能が低下して使える容量は減るのでお気をつけください。

素朴な疑問

「えっ?バッテリーは12Vじゃないの?」と、私も最初は思いましたが、実際に12Vまで下がると、エンジンがかからないことも。実際にはもう少し高い電圧でないとダメなんですよ。

だから電圧を測定するときは、そのあたりを頭に入れておかないと失敗します。

ここでのポイント

車で使う場合12.5Vに。この電圧は危険水位。即、充電が必要です。そろそろ新しいバッテリーの交換時期かも。

普段から使用しているのに、実際に測定してこの電圧より低い場合には、バッテリーの寿命が近づいている可能性があるので、そろそろ交換時期だと考えた方が無難。

特に気温が下がる秋以降は、朝になってエンジンがかからないトラブルになるかもしれません。

注:充電してから数時間以上、時間をあけて測定した電圧で測定してください。エンジンを止めた直後は弱っているバッテリーでも、一時的に電圧が高くなっているのでご注意を。

できれば朝一番に、エンジンを始動させる前に測定するのがおすすめ。

釣りでLEDライトを投光器として使う場合の目安

12.5Vは、車を始動させるための目安の電圧でした。

でも車内でインバーターで100Vに変換して家電を動かしたり、12Vを直接使ってLEDライトを点灯させる場合には、12.4Vくらいまではギリ使います(私の場合)。

バッテリーの使用可能な範囲

ではちょっとどれくらい使えるのか、簡単な計算をしてみましょう。

指を差す女性のイラスト

カーバッテリーを85%充電したと仮定。(寒くなると容量が減少するので、満充電でも容量が低下するのも想定して、少なめに計算)。

70%までの使用で辞めておくとすると、実際に使える容量は85%ー60%=25%

28Ahの軽自動車用のカーバッテリーだとすると、使えるのは28Ahの1/4(25%)だから、

7Ahが使える容量になります。

12V 20WのLEDライトの場合、1.67Aの電流が流れますから、(電流 1.67A=20W÷12V)

約4時間の使用が可能。(真冬は、時間が短くなりますが、アジ釣りなどは温かい時期なので、まあ問題ないでしょう)。

無改造と改造の明るさの違い

投光器の灯りのイメージ

60%まで使うとすると、85%ー60%=35%が使える。

28Ah×0.35=9.8Ah

9.8/1.67=5.86

6時間弱は使える計算に!

10Wなら使用可能時間は倍の12時間前後。
27Wなら、3~4時間くらい。
サビキ釣りで使うので、3時間もあれば十分です。それ以上は釣れすぎて調理が嫌になる(汗)

48Wの気になる12~24V用のLEDライトを発見! この手のライトは、作業灯とかワークライトという紹介がされています。用途

インバーターを使って100Vの家電を使う用途なら、12Vくらいまでは使えました。さすがに20WのLEDを8時間は余裕で点灯できます。

もっと点灯時間を伸ばしたければ限界まで使うのではなく、重量は重くなりますがバッテリーを2個にするという方法もあります。でも重い。1個で10kg。2個だと20kg・・・

釣り用に使ったバッテリーは、充電しないとおそらくエンジンはかけられるほど電気の残量は残っていないでしょう。まあ、そんな人はいないか。

なおLEDライトが27Wと書かれていても、実際には20Wの消費電力というケースもあるので、実際よりも長く使える場合も。まあ、それは良いんですけどね。逆じゃなければ。

参考 長時間点灯可能!釣り投光器の簡単な自作の作り方をまとめてみたよ

※注 使用可能時間は、カーバッテリーが新品で満充電されている場合。

スポンサーリンク

まとめ

放電終止電圧は、使いながら測定できないので厳密な測定は意外と難しい。

車の場合は12.5V以下になったら充電しましょう。

サブバッテリーとして、単体で家電を動かしたい場合や、釣りで使うなら12.4Vくらいまでを目安に。それ以下になったらすぐ充電しましょう。それが寿命を延ばすコツ。

バッテリーを正確に測定するなら、バッテリー単体にして他の端子を外し、30分程度、時間をおいてからテスターで測定する必要があります。釣り用に使う場合には、単体で使用するので測定しやすい。

使いながらリアルタイムに正確な測定は難しい。余裕をもって使うのが安全。

用途に応じて、何ボルトまで使うか決めてください!

ちなみに車内で、シガーソケットなどから測定する場合には、実際よりも高い数値がでてしまうのでご注意を。

関連記事 自動車用バッテリーの5時間率と20時間率ってなに?

釣りで使う投光器を自作したくて情報を集めてから、実際に部品などを集めて形にするまで2ヶ月以上もかかってしまいました。 作り方
このブログが消えかかっています。・

ご縁に感謝
土下座
もし参考になると思った貴重な方がいらっしゃれば、お気に入り・ブックマークで、たまに訪問して頂ければとても嬉しいです。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)
336 x 280 レクタングル(大)

シェアする

フォローする