にっぽん丸の飛んでクルーズ北海道の旅を体験してみたら・・・

にっぽん丸のアップ

テレビで豪華客船で行く世界一周旅行~みたいなのを見て、行ってみたい気はしますが先立つものもなく、そんな時間も暇も捻出できず・・・

そんなとき、「だったら国内で体験してみたら?」と友人が提案。

「そ、その手があったか!」。

ということで、にっぽん丸クルーズ 北海道と離島の旅を体験しました。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)

飛んでクルーズ北海道 Cコース(4日間)

日本丸

今回、たいへんお世話になったのが、にっぽん丸さん。

行き先や出発費、料金はこちら。

  • 小樽発→利尻島→羅臼→小樽着
  • 出発:9月3日 月 18:30
  • 帰港:9月6日 木 11:30
  • 料金:¥116,000〜589,000(部屋のグレードによる)

飛んでクルーズというのは、簡単にいうと現地集合というもの。大半の方は飛行機とレンタカーやバスなどを使って港まで向かいます。

ちなみに、今回は北海道に台風と地震という2つの自然現象で、旅は波乱になったのですが出発する時は、そんなことは知らず脳天気にワクワクしていました。

詳細はこちら にっぽん丸の『豪華客船』クルーズを体験したら緊急事態に!

小樽から出港でテンションマックス!

小樽は家族で行ったことがあり、お気に入りの観光地なので楽しみにしていました。

「帰りに食べて帰りましょう」

行きは午後4時くらいだったので、海鮮丼のお店が行列なのにスルーしました。

やっぱり北海道に来たら、海の幸を堪能したいですよね。

でも、この時はまさか地震による停電でお店がお休みになり、食べられないなんて知りませんでした。

トホホ・・・

出港するときは、現地の方が太鼓などでお見送りしていただけました。

旅って良いですね~(と、この時は思っていました)。

スポンサーリンク

にっぽん丸の船室

プラン(ランク)によって船室は異なるのですが、下から2番目のグレード(だったと思う)のお部屋になります。

日本丸の船室

寝るだけなので広さは十分。景色といっても、島に近づくまでは大海原しか見えないので、これで満足。

にっぽん丸の船室

お風呂はシャワーです。お風呂付きは、予算オーバーでした(汗)

ただ船には大きなお風呂があるので、そちらを利用することもできます。

にっぽん丸の船の中を探検

よくテレビなどで見ていると、「あ、これこれ」ってことがありますが、予備知識はほぼ無しでにっぽん丸に乗り込んだので、全てが新鮮に感じられました。

こちらの写真は、階段やエレベーター付近の様子。

にっぽん丸の階段付近

こちらはレストランの入り口の様子。食事の10分くらい前から並んでいました。

にほん丸のレストランその1

こちらで良くコーヒーや牛乳を頂きました。

日本丸のカフェその1

島に到着するときに、景色を見ながら1杯飲んでくつろいでいました。船の旅はのんびりできるのがポイント。

日本丸のカフェラテ

牛乳の種類が多く飲み比べできますが、さすがにそんなに飲めない。それに私は味音痴なので、たぶん銘柄は当てられません(汗)

北海道の牛乳

にっぽん丸の名前が入った、お土産が販売されています。

にっぽん丸 お土産

臨時のお土産屋さんもオープンしていました。撮影していませんが、マルセイバターサンドをたくさん買っちゃいました。

もし購入される方は、初日に買った方が良いですよ。

ここでほぼお土産を買って、家に宅配便で送ったので荷物にならず楽でした。

北海道のお土産

まさか地震でお土産やさんが全て締まるなんて、このときは知らずのんきなものでした。買っておいて良かった。もうちょっとで、手ぶらで家に帰るところでした。

船の旅は移動中は暇になるので、私はパズルをして過ごしました。

日本丸でパズル

その他にも、将棋や囲碁・・・大人のゲームなどもあります。

まあせっかくの船旅なので、日頃の疲れを癒やしてのんびり過ごすのが良いかも。

クルーズのこれが良かった!

日本人より他国のスタッフの方が多いのですが、日本語で会話できるので問題なし。

とても親切で、トラブルは別段ありませんでした。チップは必要ありません。

それよりも私がイチオシなのがこれ。

ゴディバ ショコリキサー

ゴディバのショコリキサー!

もう、これだけでいいわ。結局3杯頂きました♪

食べ物などは、また別の記事で書きます~

関連コンテンツ ユニット

スポンサーリンクと関連記事


スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)
336 x 280 レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする