私にもできた!電球型ランタンの豆電球をledに交換して大満足!

今回、車の中に放置されていた、古い電球型ランタンの豆電球を最新型のLEDライトに改造することにしました。

電球型のランタン

ここでやった改造は2点。

  • 抵抗を追加。
  • パワーLEDと交換。

それを下記にまとめたので、豆電球をLEDに交換するときに参考にしてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

豆電球やハロゲンランプ4.8Vの改造は同じだよ

偉そうに書いているけど、今回、豆電球型をLED化するのは初めて。

昔の豆電球型のランタンは、消費電力が大きく電池が長く保たない。でも今は手軽にLEDが手に入るようになったので、私も気軽に改造できるようになりました。

ポイントは寿命の大幅アップ。

分解してパワーLEDに交換した

まずは電球型のランタンを分解して、電球を外します。

電球型のランタンの分解写真

この電球をLEDの中でも照明用に使われている、放熱基板付の白色のパワーLED(1W)に交換しました。作業をされる場合、±を間違えずに接続してください。

交換したパワーLED

乾電池は4本(1.5V×4本で6V)。

手持ちのパワーLEDは3Vですので3本で点灯させると改造が簡単になります。そこで4本入りますが、ここでは3本で使うことにしました。

空いたスペースには、あれを配置。

抵抗を追加

以前、抵抗だけを追加したセリアのLEDミニパワーランタンは、私には明るすぎていたので抵抗を多めにして、少し暗くするようにするように考えました。

LEDに使う抵抗の考え方については、こちらを参考にしてください。>>ledライトを改造や自作するなら抵抗はセットにしよう!

放熱基板付のパワーLEDですが、この放熱板は小さくて薄いのであまり電流を流すと、LEDが発熱して高温になり寿命が短くなるので、余裕を持って電流を抑えるようにします。

抵抗は、電池ボックスの1カ所に配置しました。10Ωを2個、直列にして20Ωにして使いました。

また乾電池の寿命を長くしたいので、60mAくらいにしたいのですが75mA狙いに決めました。

実際には使うほど電圧が下がるので、電流も少なくなるので、ちょっと高めに設定。

新しい乾電池のときは90mAくらい流れ、乾電池の容量がなくなるころには30mAになると予想しています。やっぱり定電流回路が良いな~。

参考 すぐ使える!パワーLED用の定電流回路を自作するならこのモデル!【実用編】

下記は実際に点灯させた様子。

手持ちの抵抗で適当なものがないので、10Ωを2つ直列にして20Ω(制限抵抗)にしました。

計算できなくてもスマホで便利なアプリ(並列合成抵抗)があるので、それを活用しています。

75mA程度の電流であればパワーLEDの薄い放熱板だけで、熱を十分にに逃がせるので特に何もする必要はありません。

5分ほど点灯させていましたが、手で触っても熱をもっていないので十分に使えそう。

パワーLED化した元電球ランタン

大成功!

テントに吊しても使えますし、非常用にも役立ちそう。

たったこれだけの改造で、古いランタンの豆電球が最新のLEDライトに早変わり。これができると、100均のライトをさらに明るくしたり、寿命を延ばすこともできるので楽しい♪

あ、しまった!電球のときの写真を撮るのを忘れた(汗)

※改造に伴う結果は自己責任でお願いします。またメーカー保証も受けられなくなるので御了承ください。

どれくらい使える?【電球と乾電池の寿命】

最初からついていた電球は、種類としてはクリプトン球(4.8V 0.75A)。単三乾電池4本なので、連続で使用すれば5時間はもたない。これでは停電になっても、つけっぱなしはできない。

電球750mA。すごい電気使い過ぎ。一方、今回設定したパワーLEDは75mAで十分に明るい。電流が10倍も差があります!

電池を1本減らしていますが、45~50時間くらいは点灯しているはずです。これなら災害時に夜12時間くらい使っても3~4日は点灯させられます。

  • 電球 750mA 5時間
  • LED 75mA 50時間

    ※乾電池の種類やLEDの特性によって変わるので、あくまでも目安程度にて。

私の場合は災害用ではなく、魚釣りでテーブルの上に置いておくランタンの使い方なので十分。

※真っ暗なところで使うと75mAでも私にはまぶしいので、抵抗が届き次第60mAに落とします。

【関連記事】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする