100均のCOBタッチライト[ホワイト・オレンジ]のレビュー【2020版】

100均のCOBタッチライト(COBはLEDライトの一種)は、光の色がホワイトとオレンジの色と2色も用意。100均では珍しい。

これはセリアで購入しましたが、ダイソーにも販売されていました。同じものかは、点灯時間などでおおよそ見当がつきます。

COBタッチライト オレンジ

カタログ上の性能はこちら。

  • 弱モード 11時間
    強モード  5時間
  • 単4乾電池 3本
  • 色はホワイト・オレンジの2タイプあり。購入時は注意。
  • 壁掛け用の穴が背面にある。

ホワイト オレンジ

単4乾電池で強モードでも5時間が本当なら、かなり優秀なライトといえそう。詳細は後述。

仕様が同じなら、中身もほぼ同じと考えてよさそうです。

【使用上の注意点】

  • 非防水(水にぬれるとショートして火災の危険あり)
  • 分解や改造をしてはいけない。
スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)

100均のCOBタッチライトの性能

まず明るさですが、テントや真っ暗な部屋で点灯させると、十分に会話で相手の顔を確認できるくらい明るい。COBタッチライトは明るい

直視するとまぶしいくらいなので、いろんな用途で活用できそう。

COBタッチライト[ホワイト・オレンジ]活用シーン

オレンジの光は、落ち着いた気持ちにさせてくれるので、このような用途で私だったら使います。

  • 車中泊
  • キャンプ、テント
  • 寝室

白色は、照明の明るさを利用すれば、

  • 釣り
  • クローゼット
  • 靴箱
  • ハーバリウムなどを照らす。

このような用途に活用できます。もちろんキャンプで明るさを求めるなら白色の光がおすすめ。

電気スタンドにしている方を発見!

ダイソーで買ってきた「COBタッチライト」をデスクライトとして使えるようにしました。電球色、昼白色の切り替えもワンタッチで。COBタッチライトダイソーで買ってきました。税抜100円です。セリアでも取扱っているみたいです。電球色と昼白色が選べ

ただちょっと気になったのは、明るすぎるので寿命が気になります。

そこでどれくらい電流が流れるのか?それによって実際の点灯時間の予測がある程度はできます。少なくとも乾電池の容量以上には、電気は流れませんからね。

ということで、さっそく電流を測定しました。

流れる電流を測定した結果

いつもどきどきしながら測定します。

電流が流れすぎていると、COBが焼き付いたり負荷がかかり過ぎて、場合によっては数十時間で性能が低下したり寿命に。

COBの仕様は公開されていないので、あくまでも憶測にはなりますが。

私の中の目安にしているのが1個のCOBで、

  1. 15mA以下が安全。
  2. 20mAを超えると無理していると判断。

何度も繰り返しますが、仕様が公開されていないのであくまでも筆者の目安。

COBタッチライトの気になる点

  • 単4乾電池なので点灯時間が短い。(単4乾電池を使うと小型化できるメリットも)。
  • スイッチがかたい。

単4乾電池を使うことで、小型・軽量化できるのはメリットですが、携帯するわけではないので、点灯時間が長い方が好ましい。メーカーとしてはコストダウンもできるでしょうけど。

イマイチ 

スイッチは、しっかり力を入れて真上から押さないと電源がオンにならない。これもコストダウンでスイッチを簡易的にしたためだと思います。

頻繁にスイッチをオン、オフするような用途には向かない。逆に点灯させたらしばらく消さないのであれば、それほど気にならない。

もし改良してもらえるなら、間違い無くスイッチ。コストがかかるのでダメかな・・・

改造アイデア

電流制限して、常夜灯などに使用。寝室や廊下で夜の間、ずっと点灯させる。トイレや地震や災害で停電になったときのため。

私が作りたいのがこちら。

常夜灯の実際の点灯時間を測ってみた。お忘れかもしれませんが下図のやつの話です。自作してから約2ヶ月連続して点灯試験していました。前回の記事の末尾に中古の電池で「暗(LED電流0.88mA)」で33日持ったことを追記したが、今回は新品の電池で「明(1.8mA)」での測定である。ただ、新品といっても使用推奨期限の2ヵ月前の

ちょっと上級者向きかもしれませんが、私も初心者レベルですが、いくつか作っているので何とか作れそう。

参考 電子工作

単3乾電池で使えるように改造。それだけで点灯時間は3~4倍になると予想。
弱 30~40時間
強 15~20時間

乾電池1~2本で点灯できるようにする。

できればセリア、ダイソーさんで作ってくれると嬉しい~

スポンサーリンク

COBタッチライトまとめ

COB(LED)が丸く配置されているので、光がきれいに拡散してくれるので、写真やビデオの補助光として使うのも面白い。

本体が軽くほぼ電池の重さと言っても良いので、裏面にマジックテープを取り付けて、何かに取り付けると応用範囲が広がります。

もしテントで使う場合、食事する場合には、上から照明を照らせると食べものが明るく美味しそうにみえます。

私はホワイトが好きなのですが、寝る前はオレンジ色が落ち着いて良いかもしれませんん。

このブログが消えかかっています。・

ご縁に感謝
土下座
お気に入り・ブックマークで、たまに訪問して頂ければとても嬉しいです。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)