セリアのLEDヘッドライトの分解レビュー!実はCan Doと同じだった!

セリアにも単四乾電池のLEDヘッドライトを発見!

セリアのLEDヘッドライト

あれれ・・・

どこかで見たのと同じ気がする。

いろいろ確認したくて、購入してみました。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)

セリアのLEDヘッドライトのレビュー

つい先日、Can Do(キャンドゥ)で買ったLEDヘッドライトとうり二つ。

キャンドゥのヘッドライト

100均あるある。よくある話しですね。パッケージは、さすがにちょっとだけ変えられています。

違いはセリアは表面の樹脂は光沢があり、Can Doはつや消しになっていることくらい。

セリアとキャンドゥのヘッドライト

パッケージだけが異なり、外観も中身も全く同じでした。個人的にはつや消しの方が、傷が目立たず、ちょっとは高級感があるようにみえます。

手にとるとお値段相応ですが・・・

ヘッドライトを分解して比べてみた

どこから、どう見ても同じもの。

そもそも部品点数もごくわずかなので、見間違いようがありません。

おそらく同じ工場で製造されて、販売先がセリアかCan Doというだけの違か、よくあるOEMって商品ですね。金型なんかは同じで、ツヤ有り、なしくらいの違いではないかと。あくまでも想像ですが。

まあ~そんなこと、私たち消費者は、値段が同じなら物がどちらで販売されていても問題ありませんよね。家の近くにある100均で購入できるなら助かります。

今回は無改造で使用中。やっぱり明るい!

スポンサーリンク

電流を測定してみた

Can Doの時と結果は、ほぼ210mA前後同じでした。

乾電池が新品の3.2V(2個)の電流値を測定したのですが、今回は電池が減ってきたのを想定して測定しました。

結果からいうと、電圧が下がってくると電流のそれなりに低くなります。その分、暗くなるので、電池の交換時期も読めるかもしれません。

とはいえ豆電球の懐中電灯よりは、電池が減ってもある程度は明るいのでご注意を。

定電流回路の場合には、電池が空近くになるもでLEDを点灯させてくれるので、いつ消えるのかが分からない欠点がありました。

その点、改造しなければ電池の残量が減ってきたら暗くなるので、そろそろ交換時期が分かります。← 時間をおくと残量が復活する場合があるので、アテにはできないという説もある。

いろいろ書きましたが、見つけたら買いです!

短時間で、つけたり消したりする用途なら、無改造でも9~10時間は十分に使えるので、いざというときも役立ちます。なにしろ両手が使えるのが良い。

まとめ

セリアのLEDヘッドライトは、外観も分解した中身もほぼCan Doと同じでした。

流れる電流も同じなので、パワーLEDも同じだと思います。

つまり乾電池の保ちも同じなので、使い方も同じ。

セリアか、Can Doのどちらかに在庫があれば、買いです!

こちらで、同型のヘッドライトを分解して改造しています。

参考 キャンドゥのLEDヘッドライトが凄かった!でも改造は必須?

※2018年11月中旬~下旬に店頭で購入したものなので、その前後でロットが違うとLEDや部品が変更になっている可能性があります。

分解すると保証がなくなりますが、確認したければ分解してLEDのアルミの基盤に4.7Rのsmd(チップ)の抵抗がついていれば、性能は同じだと予想できます。

なお分解による不具合や保証がなくなるので、あくまでも自己責任でお願いします。

関連コンテンツ ユニット

スポンサーリンクと関連記事


スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)
336 x 280 レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする