キャンドゥのLEDヘッドライトが凄かった!でも改造は必須?

キャンドゥ(Can Do)で、欲しかった乾電池(単四)のヘッドライトをついに発見!

キャンドゥのヘッドライト

これまでもダイソーで、ボタン電池式のヘッドライトは販売されていました。

ダイソー【LED】ヘッドライト

「ボタン電池はね・・・」

ボタン電池って、100均では入手できますが、電気容量の割にお高いですよね。

乾電池なら入手性も良いですが、ボタン電池は型番によっては在庫がなかったり。地震や停電など災害のとき、乾電池が使えるのは助かります。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)

キャンドゥ(Can Do)のヘッドライトの感想

まず良い点から。

  • 単四乾電池が使える!(乾電池は付属しません)
  • 明るい!
  • 100円+税で、とても安い!

単四のヘッドライト(キャンドゥ)

単四が使えるのはありがたい!

もちろん単三の方が点灯時間の点で有利ですが、ヘッドライトは軽い方が頭も首も楽なので、ちょうど良いバランスが単四かな~と。

それに明るい。手元も明るいし、道を歩くときに周辺も十分に確認できるくらい。非常用にも使えます。

両手が使えるので、災害時に両手が使えるので助かります!

一方、欠点も。

  • 単四乾電池なのは良かったのですが、電池の交換にはドライバーが必要なこと。これ、いざというとき不便。

    電池交換にねじ回しが必要

    乾電池はあるのに、ドライバーがないため交換できない事態も考えられる。

  • 重い。

その他、耐久性や安っぽいとか、高級機種に比べるとありますが、100円という価格を考えれば、欠点と言うのは申し訳ないので欠点からは除外。

ちなみに、いま書いた欠点は使い方と工夫次第で改善できます。

欠点を改善したら・・・

まず重さ、さすがに軽量化するのは大変。

なぜ重いのかというと、私がいつも使うヘッドライトと比べると、一目瞭然。

本体が大きい!

放熱のためなのか、パワーLED周りが大きい。もし何もしなければ、ヘッドライトが下がりやすくなります。

1本、ベルトを足してずれるのを防止します。(私はこれを採用しないで、首にぶらさげる方法を採用)

でもキャンドゥのヘッドライトは、首にかけた方が使いやすい!

もちろん角度も変えられるので、足元や正面にも向けられる。ただし道を歩くときは、下向きにしないと相手がまぶしい。

ヘッドライトを首にかける

首からかけるLEDライトがありますが、それと同じで首にぶら下げても使えます。

向きを考えれば、角度も変えられるので手元も足元も照らすことができて便利。これだったら、重さが気にならないのでオススメ。

ヘッドライトの向き

首からヘッドライトをぶらさげるときは、スイッチを上向きにしてください。それでないと角度が変えられません!

ということで、キャンドゥでLEDヘッドライトを見つけたら、即、買いです!

ドライバーを使わない改善。

これも改造は簡単。100均で、接着剤とマジックテープを購入して、下記のように取り付けます。

マジックテープで固定

これで電池が落ちるのを防止できるので、ネジは必要なくなります!

これなら非常時、電池切れでも、ドライバーを捜さなくてもいいので、いざというときにも交換が簡単。

ということで、私が不満に思ったものは、2つの改善で解消できました!

「やった~」

※マジックテープをつけると、ヘッドライトのゴムがくっつくトラブルが新たに(汗)。ゴムの材質を変えれば対処できそうですが・・・

スポンサーリンク

ヘッドライトをさくっと分解

さてさて、いつものように分解して、どれくらいLEDへ電流が流されているのかを測定します。

この手のLEDライトは、明るくするため電流をおもいっきり流しているので、乾電池もすくなくなるし、LEDも焼けて寿命が短くなることがあります。

そこで、どれくらい電流を流しているのかチェックします。

今回のヘッドライトは分解しなくても測定はできますが、やはり回路がみたい。ということで、さっそく分解しました。

キャンドゥのヘッドライトを分解

な~んにもない。100均のLEDライトですからね。

スイッチとアルミ放熱板付きのパワーLEDだけ。

あ、よくみるとLEDの横に4.7Ωのチップ(smd)の抵抗がついていました。どこについているのかは、分解したい人のために楽しみにとっておきます。

本当は写真を取り忘れたなんて言えません。

LEDの電流を測定したら熱かった!

「熱い!」

というのは、ちょっと大げさかなとは思うけど、初めて触ったらびっくりします。

電流を測定すると、210mA。これは・・・

電気を流してすぐアルミ板に触っても、やっぱり「熱い!

火傷するほどではないにしても、ちょっとこれは心配に。ヘッドライトががらんとした空間になっているのは、放熱を意識してのことだと思います。

私が住む地域では、真夏の屋外は30度は超えます。

アルミの放熱板でかなり熱は逃がしているので、短時間だったら問題ないとは思いますが、私は気になります。

ということで、今回はここを改造ポイントにしました。

というか、いつもLEDは電流を制限するか、定電流回路で電流を抑えて、長時間の点灯させるようにしています。

定電流回路を組み込む

電流を制限した簡単な回路でも良いのですが、できれば軽量化したいので乾電池を2本にして点灯時間も伸ばす方向で考えました。

ということで、今回の改造では次のようにしました。

  • 電流を25mAに。

    パワーLEDの能力よりかなり低く使っているので、宝の持ち腐れ感はあります。でも、これなら全く焼けたりすることもなく、放熱も問題ないので余裕でしょう。

  • 乾電池は単四3本から2本に変更。

    乾電池が減るので容量が減りますが、電流はそれよりも減るので点灯時間は増加します。

回路は、いつもの定電流回路。抵抗を変えているだけです。

パワーLEDと定電流回路

スポンサーリンク

簡単にしたいなら、電流制限用の抵抗を取り付け

定電流回路を初めて作るのは、時間がかかるので早く簡単に完成させたいなら、電流を制限する抵抗を回路に追加すればOK。

パワーLEDのアルミ基盤に取り付けられているチップの抵抗(smd)と、配線や接点などの抵抗もあるので、6Ωくらいは元からあります。

そこで更に8Ω前後の抵抗を足せば、100mAくらいに制限できます。

※チップに抵抗がない場合は14Ω前後の抵抗を選びます。

それによって点灯時間は2倍近くになりますし、明るさはそれほど暗く感じないでしょう。定電流回路はめんどいくさいので、初めての方は抵抗を足す方法をオススメします。

ちなみに抵抗は秋月電子さんなどで購入することができます。もしかしたらお近くの電子部品のパーツを販売されているお店があるかもしれませんので、検索してみてください。

地名  抵抗 購入で検索すれば、その周辺の店舗が見つかるハズです。

もしかしたら、あなたのお住まいの市内にはなくても、その周辺の店舗が表示されるはずです。どうしても見つからなければ、秋月電子さんでネットで購入してください。

改造したLEDヘッドライトの点灯時間は?

定電流の回路は、こちらの記事を必ずチェックしてください。かなり参考になるサイトを紹介しています。

イチオシ

【改造】電球のヘッドライトをLEDに交換して定電流回路を組み込んでみた

さて定電流回路が完成したら、計算通りに電流が流れるのか測定しますが、その前にどらくらいLEDを点灯させられるのか予想します。

おおよそ定電流になっています。

改造前が210mAで単四乾電池3本で、乾電池の推定容量(様々な条件によって容量は変化するため)から予想すると、明るく点灯できるのは11~12時間前後だと思われます。

ただしセリアの商品のパッケージには、連続使用時間は9時間と記載。私のは個体差で抵抗が大きいのか、電流の流れが悪いような気もします。

まあ原因の追及は良いでしょう。どうせ電流を制限するのですから。

改造後は、電流は乾電池から流れる電流25mA前後に設定するので、

  • 単四乾電池の推定容量 820mAh
  • 2個使うので820×2=1640mAh
  • 1640mAh÷(25mA×1.5)=43.7h

25mAに1.5をかけ算しているのは、LEDには25mAが流れますが、乾電池からは35~40mAくらいは流れるだろうという予測値です。

またメーカーや電池の個体差によって容量は異なるので、余裕をもたせています。

ヘッドライトに流れる電流の実測値

100均のヘッドライトを定電流化するメリットは、どうかと思いますがとりあえずやってみた結果を報告します。

電圧の変化で、どれくらい電流が増減するのか測定しました。

  • LED電流(mA)は、LEDに流れる電流を測定した値。
  • 入力電流(mA)は、乾電池から流れた電流を測定した値。
  • 3台、定電流回路を組み込みました。

改造したLEDライトのデータ

100mA、40~50mAでもやってみたのですが、25mAと比べて思ったほど明るくないので、電池の保ちが良い25mAにしました。

3台目

ちなみに1台は、HT7750(Aのつかない旧型) 抵抗13Ω、6.2kΩでやってみて平均40mAでしたが、25mAと比べてもあんまり変わりません。

power-led-25ma-deta03

最近は爆光が人気のようですが、私はヘッドライトにそこまでの明るさは必要ないと考えています。

用途が釣りで、仕掛けの交換などに使うだけだったら、明るすぎるとまぶしくてヘッドライトを消したあと、瞳孔が狭くなって目が慣れるまで時間がかかるんですよ。

もちろん災害時に、がれきの中から救助するなどの目的だったら、広い範囲を明るく照らす必要があるので、爆光も必要かもしれません。

だだ電流を多く流すと、乾電池がすぐなくなってしまいますからね。

私は個人用で災害時に使うのであれば、最低2日、1日7~8時間くらいは点灯できないと不安です。

ということで、25mAにして良かったと思います。この程度でも室内ならかなり明るく照らせますし、釣りにはちょうど良い感じ。

増産したら失敗した

ヘッドライトを3個購入したので、3つとも改造しようとしたらこれが後に、謎のトラブルにみまわれ、数日、悩むことになりました。

定電流回路でHT7750Aという電子部品を使っているのですが、手持ちに前のバージョンのHT7750という、Aが付かない旧型が混じっていました。

どうやら以前に、型番を間違えて購入してしまったようです。道理で安いハズ。購入する場合には、型番に十分にご注意ください。私みたいに失敗しないために...。

※注 電子部品の精度、配線の長さ、各部の抵抗などによって流れる電流は異なりますので、同じ結果になることはないでしょう。

あ、点灯させた画像を掲載するのを忘れた・・・

関連記事:セリアのLEDヘッドライトの分解レビュー!実はCan Doと同じだった!

関連コンテンツ ユニット

スポンサーリンクと関連記事


スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)
336 x 280 レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする