充電池は急速充電せず、ゆっくり充電した方が長持ちする!

ニッケル水素充電池

充電池はゆっくり充電した方が、寿命が長持ちします!← ちょっと日本語がおかしい。

それを何度も実感しました。

以前、私は買ったばかりの二十数本のニッケル水素充電池を、数えるほどしか使っていないのに、ぜんぶダメにしました。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)

私の失敗例と充電池は急速充電は使わずゆっくり充電

私の失敗。

「あ~またダメだ・・・」

充電するのは早い方が良い。そう思って、超急速充電できるタイプの充電器を購入しました。巨大なACアダプターが印象的です。これが失敗。

電池のサイズと比べても、ありえないほどの大きさ。

sanyo nc-m70 充電器

2700mAhという高容量の電池を、わずか15分で7割、30分で満充電にできる高性能なタイプ。調べてみると、これもダメだったかも・・・

2700mAh

当時、短気な私は、どこかに出掛けるとわかったら、すぐ充電して持っていきたいので、ちょっと高かったのですが、即、購入しました。

そしてすぐ試すと、カタログ通りに超急速充電で、大満足。

ところが・・・

ゴミになった充電池

その充電器を使った充電池は数年後、すべてゴミ。正確にはリサイクルしますが・・・

もしも急速充電器をを探している方は、下記のことに注意してお使いください。とはいえ私の経験からまとめているだけで、論文で確認したわけではないんですけどね。

充電池を急速充電して気づいたのが、「バッテリーが熱い!」ってこと。

もちろん充電器自体も熱くて、心配が当たってしまいました。

これは私の見解ですが、おそらく電池が熱くなりすぎると、内部の化学物質が劣化するのが早く、寿命が極端に短くなると推測しました。

ゆっくり充電する充電器

ゆっくりというか、急速充電器ではない普通の充電器は、バッテリーがそれほど熱くなりません。

私がそのことを強く感じたのは、ダイソーの充電器。

あれで充電すると、満充電にするのに10時間以上はかかります。

ほんと、ゆっくり充電過ぎる(笑)実は、これくらいがちょうど良い~

現在は、下記の写真の右側の普通の充電器(BQ-CC53)を使っているのですが、

充電器

ダイソーの充電池でさえ、まだまだ使える。寿命がいつなのか、分からないくらい調子よく使えています。

いまは超とつくようなタイプの急速充電器は全く使わなくなりました。あれは、急速過ぎて、電池への負担がハンパなかったんだと思います。

売ってるのを見た事がありますか?

ちなみにそれ以来、30分で充電できる超超急速充電器は私はみかけたことがありません。もしヤフオクなんかで見ても、三洋電機のNCM70は買わない方が無難ですよ。

おそらく世にでないということは、電池に良くなかったんでしょうね。問題なければ、いまも売られているはずですし、スピードを競ってどんどん新型充電器が登場しているはずです。

つまりあまりにも急速に充電するタイプは、なんらかの問題があると考えるのが普通ではないでしょうか?

急速充電器を選ぶときのポイント

ニッケル水素充電池にしても、リチウムイオン充電池にしても、ゆっくり充電する分には、あまり問題が発生しないようです。

では、一般的に電池に良い充電って、どれくらいの電流を流すタイプなのか?どれくらいの時間で完了すれば良いのか?

なかなか情報がでていなかったのですが、充電器を自作する方々がいて、それを見るとこのような考え方で電子工作されています。

それは電池の容量の1/10の電流で充電する。

例えば2000mAhの容量だとしたら、200mAの電流が流れるようにした充電器で充電すると、内部で発生したガスが悪さをせず、電池の寿命を落としにくくします。

計算上はそれだと10時間かかりますが、効率を考えると1.5~1.6倍程度は時間がかかるようです。

もし仮に2000mAhのバッテリーを、1時間で充電するために2000mAhの電流を流すと、電池に相当なダメージをあたえて、極端に寿命を短くすると紹介されていました。

「それ、ほんとかな?」と思ったのですが、そういえば私の超急速充電器は2700mAhをわずか30分で充電させるタイプなので、5400mAh(5.4A)くらいの電流を流していたんでしょうかね!?

sanyo nc-m70 充電器 仕様

調べると、やはり大電流を流しているようです。

そう考えると、かなり恐ろしい。わざわざ寿命を短くするために、せっせと充電していたことになります。

最悪。

パナソニックの充電器

ニッケル水素充電池といえば、パナソニック。

eneloop(エネループ)という名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

三洋電機さんの電池開発部門を引き継いでいて、私個人の見解ですが単3や単4などのニッケル水素充電池では、日本一、世界一だと思っています。それくらい性能に惚れ込んでいます。

エネループは、継ぎ足し充電しても満足いく性能を得られると実感していますから。

詳しくは省きますが、パナソニックのエネループを使い、ゆっくり充電すれば相当長く使えます。しかも充電して1年くらい放置してもカタログ上、90%も残量があるというからすごい!

もしダイソーなど100均の充電池が、使ってないのにすぐ減るな~という方は、一度、エネループを使ってください。その凄さを実感できるはずです。

え~っと横道にそれました。充電器でしたね(笑)子どものころから、横道にそれるのが好きなもので(爆)

さてと、そのパナソニックの最新機種(2018年12月現在)の充電器の仕様をちょっと調べてみました。

単3形・単4形ニッケル水素電池専用急速充電器 BQ-CC85

取扱説明書によれば、単3型の容量が2400~2550mAhを充電すると、

  • 2本を約2時間で急速充電
    4本なら約4時間。

ということ。

私は充電時間は早い方が良いとは思うけど、早すぎてえらい目にあったので、4本で4時間くらいが良いのかな~と。

2本で2時間は短い気がします。容量が2000mAhを2本で充電すると、1.5時間で充電できます。

こちらは普通充電タイプ。

単3形・単4形ニッケル水素電池専用充電器 BQ-CC83(電池とセットでのみ販売)

  • 2本を約4時間30分で急速充電
    4本なら約9時間。

さて、この時間差を「あなたはどう考えますか?」。

まとめ

私個人としては、寝る前にセットしておけば良いので、9時間でも満足。

エネループと組みあわせれば、残量もすぐには減らないので、時間に余裕があるなら、通常のタイプの充電器をおすすめします。

急速充電器を使うなら、4本を同時に充電すれば負担を減らしつつ、早く充電できます。

通常は10~16時間くらいでゆっくり充電するのが、電池の寿命を考えると良いようですから。

急速な充電器を買うよりも、エネループを多めに持っている方が良いように思います。

ということで、あとでエネループを買い増しします♪

関連コンテンツ ユニット

スポンサーリンクと関連記事


スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)