ヘチ釣り・落とし込みに使うライン(道糸)おすすめはこれ!

見やすいライン

ヘチ釣り、落とし込み釣りは、アタリを竿とライン(道糸)の微妙な動きで合わせます。

そのため糸の見やすさは重要です。

白(透明)や黄色など、いろんなラインがありますが、私が一番見やすいと感じたラインを紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

目視しやすいラインはこれ!

ライン(道糸)を、2色以上の色で染めたものは見やすい!

透明のラインや、黄色、ピンク単色のラインよりも、赤と黒などで染められていると、ラインの境目が魚のアタリ(引き)で動くので、目視しやすい。

ラインの色
これが同じ色だと、動いているのが分かりづらいですからね。

以前、サンライン 落し込み黒鯛 MARK-WINを使っていたのですが、販売終了になっていました。

サンライン 落し込み黒鯛 MARK-WIN

上の画像は、私が使っているラインで、真ん中に穴が開いていますが、糸を巻くときに空いたものです。

それに変わって、後継の黒鯛ISM 落とし込みMARK-WINが販売されました。

サンラインならこれ!

色が変更されましたが、これも見やすいと思います。

改良されているハズなので、悪くはなっていないと思います。でも色は前のが良かったな~。

ただ、今回は代替品も探し、『サンヨーナイロン 落とし込みチヌ オレンジ×ブラック 100m』を買ってみました。

価格面でイチオシ

私はサンラインの方が見やすい感じですが、サンヨーも十分に使えます。

お値段が若干、お値うちなので助かります。

ラインの比較画像の例

右のサンヨーナイロンを、今回、購入しました。

落とし込みラインの比較画像

色はどうでしょうか?

好き嫌いがあると思いますが、私はサンラインの落し込み黒鯛 MARK-WINの新色オレンジレッド(明朱色)でサンドイッチにしたのが好きでした。

これは見やすさというより、個人の好みの問題だと思います。

しかし、今回、買った『サンヨーナイロン 落とし込みチヌ オレンジ×ブラック』も、実際に使ってみると見やすいライン。おすすめです。

人によって硬さ、しなやかさの評価は変わりますが、私は実用上、全く問題ありません。

ヘチリールに巻く糸の量

「糸は、どれくらい巻いていますか?」

疑問

ヘチリールに巻く糸の量は、オススメは50m

決して安くはないラインです。ヘチリールに巻く糸の量は、私の場合は、33mか50mを巻いています。

ほとんど足元の釣りなので、あまりたくさんは巻いていません。ヘチリールなので、下巻きもしていません。

50mの時は、反対にまき直して再利用。少しでもコストを浮かせるようにします。そう考えると50m巻きが良さそう。

33mは、エイが釣れたりラインが傷つくと短くって、ちょっと際どいので、できれば50mが良いと思います。

私の場合は使い分けています。

これで決まり!

ヘチリールが2つあるので、1つは33mで目印をつけるときに使い、もう1つはヘチ釣り専用という感じです。

だからラインも100mを2つ購入して在庫します。

※100m、全部巻いて、ちょっとずつ短くしてっても良いと思います。正解はないですから。

ヘチリールのオススメはこちら。>>ヘチリールのおすすめリールはこれしかない!

まとめ

  • サンヨーナイロン 落とし込みチヌ
  • 黒鯛ISM 落とし込みMARK-WIN

お好きな方を使えばOK。

いまはPEラインラインが多く使われていますが、ヘチ釣りはナイロンラインを使っているが大半のような・・・。

PEラインよりも、ナイロンの方が感度が良い状況もあるからです。

関連記事 PEラインは感度が悪い?初心者はナイロンが一番感度が高いのでオススメ!

ナイロンラインの伸びに助けられ、バラしを防げたという方も多いのではないでしょうか。

またサンヨーのナイロンは、ボビンに500mなどのような格安品より使いやすい。値段がぜんぜん違うので当たり前ですね。

下記も読むと、さらに詳しくなります。

目次 初心者の釣りガイド入門【釣り具選び方・エサ・コツなど】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする