小学生の子供のイライラが止まらない原因は、やっぱりIT眼症かな?

子供がイライラ

「最近、うちの小学生になる子供のイライラが止まらない」というけど、うちは大学生になったのに、まだそんな感じ。

でもこれって、やっぱりIT眼症かな?

 IT眼症とは、至近距離でIT機器の明るい液晶画面を長時間凝視することで、目の疲れや頭痛、首や肩のこり、不眠などの症状が出ること。

イライラなど心身のストレスを抱えることもある。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180430-00010000-yomidr-sctch

症状を見るとぴったり当てはまる。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

イライラはIT眼症

スマホが普及してからIT眼症が話題になりましたが、やはり液晶画面を長く見続けている悪影響があるとしか思えない。

そもそもじ~っとブルーライトがでているスマホやタブレットを、近距離から見ていると影響は大きそう。

仕事でパソコンの液晶画面を見ているときは、50cmは離れてみているので、影響は少ないのかも。

使い方によっては学習にも役立ちますが、目や体への負担への影響も指摘されています。その症状の1つがIT眼症。

何時間も見続けてしまうスマホ

子供とスマホ

テレビを見なくなりましたが、スマホでYouTubeなどのお気に入りの動画を見るようになっています。

好きなユーチューバーの動画は面白く、つい長く見てしまいます。

関連している動画や、自分の趣味にあった動画が近くに表示されるので、続けて見てしまう。同じ姿勢で見ていると、肩こりや腰痛の原因になるかもしれません。

「1時間に1回くらい休憩してね」と言われても、面白くで気づけば何時間も経過していることもザラ。

そこで最近は、広告になるとスマホから目を外したりして、少し目を休めるように心掛けています。

イライラが止まらない原因の1つ

何にでも反抗的で、イライラしている。

「どうしたの?」と聞くだけでキレてしまう始末。

何がむかつくのか、そのくせスマホを使っている間はおとなしい。たまにゲラゲラ笑って機嫌が良いのもその時だけ。

一旦、現実世界?に戻ると機嫌が悪くなってしまう。

「もしかして、心はすでにバーチャル世界にとらわれてしまったの?」なんて、どこかのアニメか映画を思い出してしまう。

思い当たるのは、IT眼症くらい。それを確かめるためには、スマホをしばらく使わせないのが良いのだとは思うけど、それを伝えたら手がつけられなくなりそうで怖い。

まとめ

イライラの原因の1つとして、IT眼症が該当するかもしれないとお伝えしましたが、カルシウム不足も考えられます。

すべてを何かの栄養素の不足のせいとは言えませんが、1つでも原因と思えるものは改善していきたいものです。

もし一般の子供と比べると、明らかにイライラの度合いが激しい場合には、何か病気の可能性もあるので、1度、医師の診察を受けてみることも検討してください。

好き嫌いが影響しているかもしれませんので、こちらも参考に。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする