子供がご飯を食べない!好き嫌いを無くす3つの方法!

成長期の子供が、ご飯を食べないと成長が遅れます。

3歳と5歳のお子さんがいるご家庭で、好き嫌いが激しくて2人とも、ご飯をたべなくて悩んでいるお母さんがいました。

カレーライスに入っているニンジンやジャガイモ、ブロッコリーはぺろっと食べるのですが、ゆでたブロッコリーは残してしまいます。

そこでうちのある方法を伝授しました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

全部食べられるようになりました

うちの子も好き嫌いがあって困っていました。

ブロッコリーが嫌いな子供

ところが小学校に入ると、好き嫌いなものを食べられるようになりました。ピーマンも大好きで積極的に食べてくれます。

ところが当時、「ママ、学校でニンジンが食べられるようになったよ」と自慢げに話してくれましたが、家では残してしまいます。

「学校で食べられるようになったんでしょう?」というと、本人もなぜ食べられないのか、分からないみたいでした。

「お母さんの作るものはマズイ?」と聞くと、「一番美味しいよ」と言ってくれます。私まで意味がわからなくなりました。

魅せ方を変えたら食べた!

その後も家では食べてくれませんでした。

ところがファミレスにいったとき、嫌いな野菜を口に入れて食べていました。そのときピーンときました。

「お子様ランチ!」

お子様ランチ

1つこんなことを考えました。

「もしかしたら大きなお皿にドーンと置いているから、好きなものだけ取って食べるんじゃないか?」という仮説を考えました。

お子様ランチは、自分専用になっているから食べるのでは?

私達も好きですよね。ランチプレート。

ランチプレート

そういえば学校も、個人にそれぞれ配られるから食べるのかも。そこで今度は、お弁当屋さんで買って食べさせると、やっぱり食べました。

これは間違いない!

実験開始

その日の夜から大皿をやめて、家族全員分を小皿に分けて出すようにしました。

するとなんと全部食べてくれました!

う~ん。これだったのか。分かってしまうと簡単でした。その日から好き嫌いに関係なく、食べてくれるようになりました。

小皿を洗うのが増えましたが、食洗機を導入して逆に楽になりました♪

調理で気をつけていること

料理では、あることに気をつけています。

  1. それは出来るだけ1口のサイズを小さくすること。
  2. 嫌いな野菜は味を濃いめにして出すこと。
  3. 食べなければ調理法を変える。

この3つを実践したら、嫌いなものも食べられるようになりました。

いくら食べるとはいっても、野菜の味自体が美味しいわけではないので、そこは味付けが大事です。


ピーマンが好きになりました。

炒めたピーマンがあまり得意ではなかった子供が、チンジャオロースで出すと、おかわりするほど、ぺろっと食べたのをみて、それをヒントにしました。

それからです。ピーマンに慣れていったので、野菜炒めでピーマンを出すと食べてくれました。

ピーマンを切るときは細く、縦に切ると苦みが抑えられるというのも良かったと思います。

ピーマンを切る方向

またピーマンを炒めるとき、塩昆布と混ぜていためると塩味が効いて、美味しいといってくれました。

余り塩分が多いのは良くないとは思いますが、夏場の暑い時期ならピーマンも安いし、熱中症予防にもなるのでおすすめ。

そして徐々に味付けを薄くした今では、ピーマンを普通に炒めても食べられるようになりました。

最後の手段

そして我が家では、どうしても食べられないものは、とりあえず天ぷらにして濃厚なお好みソースで食べさせると、全部食べられることが分かりました。

健康を考えて米油を使っています。

参考 米油のトコトリエノールで手軽にダイエット効果をアップ

子供がご飯を食べない。好き嫌いがあって、それを無くすときは、子供がなぜ食べないのか、なぜ食べられるのかを良く観察する。

するとヒントが、必ず隠されているので見逃さないのが大事ですね。

子供の好き嫌いを克服できないと危険

栄養が不足すると、体に悪影響があります。

  • 身長が伸びない。
  • 病気(小児がん)にならないか。
  • 知能の発達が遅れないか?

こんな心配をしていると、ストレスでこちらが倒れそう。

3つの方法 まとめ

この3つの道具を使って、好き嫌いを無くすようにチャレンジしてみてください。

  1. 混ぜる。(ハンバーグやかき揚げに混ぜる。原型を見えなくする。)
  2. 調理法を変える。(ジュースにしたり、スイーツにしてみる。)
  3. 空腹にさせる。

最後の三番目は、本当に効果があります。お腹が空かないと、嫌いなものはまず食べない。

人間、お腹が空いてぺこぺこになったとき、嫌いなものでも食べるしかなくなります。

ポイントは、好きなものも嫌いなものも少量ずつ出すようにします。最初からドーンと出すと、好きな物だけ食べてお腹一杯になってしまいます。

以上のようなことに注意して、お子さんに健康的な食事を食べさせてあげましょう。

あ、おやつを食べさせると、夜ご飯を食べないお子さんが増えています。カロリーが高いものをやめて、寒天などヘルシーなものがオススメ。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする