才能とセンスの違いを調べて分かった、ある気になる法則

才能とセンスの違い

才能とセンスって言葉、適当に使っていたので、イマイチその違いが分かっていませんでした。

そこで調べると、

才能は、『物事をなしとげる能力』。実用新辞典(永岡書店:東大教授 文学博士 井浦芳信編)に書かれています。

運動の能力や記憶力、頭脳などを指し示していますね。

センスは『物事に対する感覚。よしあしを見分ける力』とあります。

才能は、テストや成績などで数値化して評価できますが、センスは、感覚的なものなので数値化できないですね。

例えば野球でいえばイチロー選手は、首位打者や日米の安打数などで、誰がみても才能があるのが数値として分かります。

ところがイチロー選手の服のセンスは、あるのか、ないのか、数値ができないので分からない。人によってセンスがある人もいれば、ないという人も出てきそうです。

評価する人の主観によって違うので、あやふやですね。

これ才能とセンスの違いが分かりスッキリしました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

才能のある人は生まれつき?

才能は遺伝が影響していると思うので、生まれつき才能に恵まれている人はいると思います。

例えば、一度見たニュースを暗記できるとか、一度耳で聴いた音楽を、すぐにピアノで再現できるとか、天才的な才能の持ち主をテレビでみたことがあります。

やはり才能のある人は、生まれつきなのでしょうか?

そこである法則があることが分かりました。

1万時間の法則

才能は生まれつきじゃない!

マルコム・グラッドウェル著『天才! 成功する人々の法則』で世界的なレベルに達するのに必要な練習時間は1万時間のトレーニングが必要だと述べられています。

普通の人が1日3時間、練習したり勉強して10年くらいかかる計算になります。それくら継続すれば、一流と呼ばれるレベルにまで到達できるという。

語学の修得や研究、仕事などあらゆる分野でも、必死に1万時間取り組めば、確かにある程度のところまで極められるでしょう。

ただし、普通はなかなか続けられません。だからこそ、それができる人は凄い。さすがに英会話を毎日3時間学べば、10年でしゃべれるでしょう。

これで決まり!

才能が無くても10000時間、愚直に自分を鍛えれば才能が開花する、身につく。

1万時間はあくまでも、ひとつの目安ですが人によっては5000時間で身につくでしょう。学ぶ難易度によっては、数十時間で会得できるものもあります。

この1万時間の法則は、かなり難易度の高い世界レベルを想定していますからね。

センスは生まれつき?

センスも身に付けることはできる!

例えば服のセンス。このセンスは感性だけに頼っていると、身に付けられない。

これも主観がかなり大きな要素をしめていますが、それを数値化できれば、あとから身に付けることができます。

例えば洋服も、センスが良い人が選ぶ服を見続ければ、あるパターンに気づくハズです。例えば色の組み合わせ。何色と何色を組みあわせるとセンスが良いとか、ある程度、決めていけそうです。

このように事例を豊富に覚えていけば、センスがない男性や女性、私のようなセンスぜんぜんなしでも、ある程度の人がダサイと言われない程度には、センスを身に付けることはできます。

私のようにセンスがないと自覚している人は、かなり苦労すると思います。

でも1万時間、トレーニングできればセンスは身に付けられます。

まとめ

才能もセンスも、生まれつき恵まれた人はいるけど、後から身に付けることは十分に可能です。

ただしその方々に比べると、1万時間、余計に時間がかかるかもしれません。

継続すれば、かなりのレベルには到達できます。

それが本当なのかは、あなたが実際に試してください。

追記:ここでは触れませんでしたが、1万時間、何をどのようにして自分を鍛えるのかが最大の課題です。

もしも適当にやっていたら、何も変わらず1万時間がムダに終わるだけかもしれません。

もしそのやり方が分からなければ、指導者にアドバイスを求めないと更に多くの時間がかかるか、永久に解決できないでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする