分かった!100均のLEDライトの改造のポイント【電子工作入門】

100均のLEDライトを改造する場合、大きく分けると次のようなポイントがあります。

ポイント

  • 抵抗器の交換。
  • LEDを高輝度(パワーLED)に交換する。
  • 定電流回路にする。
  • 昇圧回路を組み込む。

スペースの問題などで、改造が難しい場合もありますが、抵抗(器)やLEDを交換するだけで、寿命を大幅に伸ばしたり明るくすることができます。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

改造しないと使えないLEDライト

100均で売られているledライトは、抵抗器の選定が雑。たった数時間で焼けて煙がでたり、故障するケースもブログ等で報告されています。

先日もセリアで買ってきたミニランタンを分解して調べたら、やはり抵抗があり得ないものを使っていました。

抵抗の交換例。

5.1オーム(抵抗)

詳細はこちら。

>>セリアのLEDミニパワーランタンを分解!危険だから改造したよ【使用レビュー付】

>>寿命が伸びる!セリアのLEDミニランタンを改造して抵抗器を取り付けた!

明るくするだけのために、本来、使わなくちゃいけない抵抗値よりも小さなものを使って、無理して輝くように見せかけている商品は、すぐに寿命がやってきます。

まずは適切な値の抵抗器がついているか、計算かテスターで測定して確認します。あるいはこちらのページで確認してください。

次に不適切な場合、それを半田ごてで取り除いて交換します。これで寿命を伸ばすことができ、本来のLEDライトとして安心して使うことができます。

LEDを高輝度(パワーLED)に交換する

100均についてるLEDは、明るくないのに電気だけ食うものが使われている場合もあります。

コストダウンのため安いLEDが使われているから、これを明るいものに交換します。交換する場合、次の2種類の選択肢があります。

ミニランタンのパワーLED(セリア)

  • 高輝度(超高輝度)のLED。
  • 照明用に使われているパワーLEDを使う。

最近、はまっているのは、電球型の懐中電灯(豆電球)や電球型ランタンを、パワーLEDにして明るく電池の保ちも長くする方法です。

具体例>>私にもできた!電球型ランタンの豆電球をledに交換して大満足!

この方法は利点が多いのでおすすめ。電球型は一晩で乾電池がなくなってしまいますが、LEDにすると2~3日は使えるので、災害時にも安心ですね。単二の乾電池なら1週間以上は余裕で日からり増す。

定電流回路にすると明るい

定電流回路というのは、LEDを常に一定の電流を流して明るく光らせる方法です。

普通のLEDライトは、乾電池の残量が減ってくると暗くなりますが、定電流回路は電池がある程度、減っても最初と同じ明るさを維持してくれます。限界まで減るとさすがに暗くなりますが。

安全性も高くなります。

パワーLEDを使う場合、放熱を考えず爆光・激光させると、時間とともに激しく発熱します。実はこれが危険。パワーLEDは普通のLEDと違って発熱することで有名です。

パワーLEDは発熱すると内部の抵抗が下がって、さらに電流が流れやすくなります。するとさらに発熱して電気が流れます。つまり暴走してしまうわけなんです。

困った女性

これは危険ですよね!

それを防ぐのにパワーLEDを使う場合、定電流回路を使うのは常識なんです。

100均のLEDライトを改造する方は、スペースの問題でそこまで組み込めないケースが多いので、発熱しない工夫が重要です。

定電流回路を使う意味、覚えておいてくださいね。

昇圧回路を組み込む

昇圧回路とは、乾電池3本は必要なLEDライトで、例えば1本で使えるようにするための回路。

乾電池は1.5Vなので4本で6V、1本だとLEDは電圧が低くて光りません。一般的にLEDは2~3.6Vくらいは必要。そこで不足している電圧を上げる、つまり昇圧するわけです。

難しそうな回路ですが、実はそうでもありません。

具体事例 乾電池1本でLEDが点灯した!昇圧回路の簡単な作り方をまとめたよ【入門編】

まとめ

電子工作は突き詰めていくと非常に難しいですが、まずはちょっとした改造からであれば、比較的、手軽に楽しめます。

という私も、初めてLEDライトを改造するときは、分解した部品を見てしばらく固まっていました(汗)

最初は抵抗を追加、交換するだけの簡単な改造から始めると失敗が少ないです。

その次はLEDライトをパワーLEDに交換。

それが上手くいったら、定電流や昇圧回路に挑戦する流れがおすすめ。

ぜひ楽しみながら、電子工作に挑戦してくださいね。私はこれからある回路図とにらめっこします(笑)

【関連記事】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする