ダイソーでUSB接続の電球型LEDライトのレビューと分解

ダイソー 電球型 USB LEDライト

ダイソーからパソコンやモバイルバッテリーのUSBに接続して、点灯できる電球型のLEDライトが発売されています。

実はかなり前から販売されていたようなのですが、私が通うお店では見たことがありませんでした。

お店によって品揃えが結構ちがうので、定期的に複数のお店をチェックした方が良さそうですね。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)

電球型LEDライトのレビューと分解

ダイソーLED 電球 USB接続

まずはいつもの箱に書かれている仕様をチェック。

  • USBで接続できるので、電圧は5V。
  • 明るさは約150ルーメン。
  • LEDの数は10個。
  • 電球色(ちょっと黄色みがかっている)。
  • 消費電力は5V×1.2A=5~6W
  • LED電球についているフックを利用して、つり下げて使う。

ここまで書いてちょっとびっくり。

待って待って!

消費電力5~6Wは、大きくない?

もしこれが本当だとLEDは、かなり発熱しているハズで触ると熱いよ。← 直接手で触ると焼け津するのでやっちゃだめ!

そもそも電圧5ボルトで、電流が1.2アンペアって、かなり大きい。まあLEDが10個で1.2Aだから1つあたり120mAということだから、パワーLEDでいえばそこそこの電流ですよ。

これくらいなら、放熱をしっかりしないとLEDの寿命が短くなるような気がする。

「でも、正直、そんなに流れないですよね?」という疑いの目を向けています。

考えていてもわからないので、早速、実際に点灯してみることに。

USB 電球型LEDライトのレビュー

早速、LED電球をモバイルバッテリーのUSBに接続すると、いきなり点灯。

usb led電球の色

まあこのLED電球はスイッチがないので、USBに接続すると電源がオンになるタイプ。コストダウンのためでしょうね。

色は、暖かみのある電球色ですね。寝室などにぴったり。

ただし私が予想しているよりも明るい。これなら小さめのテントにも使える。

「けっこう、電流が流れているかも」

大きめのテントなら2個使えば、かなり明るいはず。つり下げるタイプなので、使い勝手が悪そうですが、アウトドアや非常用としてなら活用できそう。

自宅の庭で投光器も大変だから、USBバッテリーとこの電球を持ち出すだけなら手軽にできます。

さて、いつも通り、どれくらいLEDに電流が流れているのか測定してみました。

スポンサーリンク

電流が変わる

実際に測定した結果をみると、このようなバラツキがありました。

まずアンカー(メーカー名)のモバイルバッテリーでiPadも充電できる大容量タイプで、接続して点灯させると・・・

実測した電流値

  • 電流値は690~700mA(5V)
  • iPhone7の充電アダプタは、やはり690mA(5V)
  • セリア(100均)のUSBチャージャーだと、300mA(3.8V)

私が購入した電球は、電源供給に余裕があれば、690~700mAくらいは流れるようです。

一方、USBチャージャーは、乾電池2本(3V)を5Vに昇圧しているタイプなので、300mA前後しか流せないようでが、LEDの発熱を抑えられるので、ちょうど良いかも。

定電流ではないので、このように電源アダプタやバッテリーの性能によって流れる電流に差がでてきます。

もし明るさを求めるなら、急速充電もできるくらいのモバイルバッテリーの方が、余裕をもって点灯させられるでしょう。

300mAですが、LEDが10個ついているので、1つあたり30mA。これなら問題なさそうですが・・・

ところで内部が気になったので、分解して調べてみることに。

分解して分かったこと

すごい簡素な感じ。基板は固定もされていません。

USBLED電球の分解写真

分解は簡単。手で少しすき間をこじ開けるだけで、簡単に基板が見られます。手持ちのLEDは5730というタイプで、おそらく仕様は似たようなもので色違いなだけのよう。

usb電球を分解した基板

搭載されている抵抗値から計算すると、LED1個あたり最大100mAくらい流すようです。他にも抵抗(電線が細い、接触抵抗もある)があるので、そこまでは流れていませんが・・・

5730 LED SMD

LEDには、チップ型のタイプの5730。抵抗もチップ型(SMD)。いずれもプリント基板に直接ハンダ付けされるタイプの電子部品。

(手持ちのled【5730】を調べると、3~3.2v 150mA 50~55ルーメン)

最近、コストダウンのためもあり、このLEDを使うのが流行ですね~

でもその一方で、1つのLEDにつき、1個の抵抗がそれぞれ搭載されている、かなり真面目な設計には驚き。これには好感がもてました。

今までの商品だったら、10個のLEDに1つの抵抗でやっていたはず。安全や寿命を考えるとありがたいです。

関連 1個じゃダメ!パワーLEDを並列にする時、抵抗はLEDの数だけ必要!

最近、寝る前にスマホを見るのに、LEDライトをつけているけど、もう少し暗いLEDライトを探していたのですが、まだまだ明るすぎる。贅沢な悩みですね!

LED電球を改造するなら

いつもながら、自分で改造するときは、とってつけたような改造理由を考える必要がありました。

だから普通の人なら気にならない問題点を、わざわざ出します。

  1. USB接続なのはありがたいのですが、スイッチがないのがちょっと不便かも。
  2. バッテリーによって明るさが変わってしまう。
  3. LEDを交換して色味を変える。

まずスイッチは、「つけろ」ってことですぐに解決できます。

明るさが変わるのは、電流値が変わるので、ここは定電流回路を組み込みたいところですが、めんどくさいので、抵抗で電流値を300mA以下にすることにします。

こちらの記事で、明るいLEDスタンドを暗くしてみました。

参考 ダイソー 5LEDスタンドの感想と分解|個体差で光の色が違うけど使える!

そうすれば電源アダプタでも、セリアのバッテリーでも、モバイルバッテリーでも、手持ちのものなら同じ明るさになると考えたからです。

それと電流を少し抑えることで、真夏で気温が高い屋外でもLEDの発熱を抑えることができるし、(寒い冬も)バッテリーの保ちも長くできそうですから。

使うバッテリーが決まっているなら、現物あわせで抵抗を選んでスイッチで切り換えるのがよさそう。可変抵抗器をつけてもいいですが。

まあ、いまのところ改造はしない予定で、このままつり下げて使います。

あと2~3個、買っておこうかな~

【関連記事】

関連コンテンツ ユニット

スポンサーリンクと関連記事


スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)
336 x 280 レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする