人工知能とロボット技術があれば日本の未来はバラ色だ!

kinmirai-20xx

日本を初め先進諸国では、すでに人口の減少と高齢化の問題が大きくなりつつあります。

そこで海外からの移住を促進する考えがある反面、テロなどのマイナス面もあります。

しかし日本はロボット技術があります。それを人工知能AIを使いさらに進化させれば、明るい未来が待っています。

※超前向きな発想で未来を記しています。単なる妄想か、それとも本当に・・・

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

人工知能とロボットは仕事を奪うが・・・

人工知能とロボットが進化すると、国民の大半の仕事はなくなる。

と、その前に・・・

車の自動運転技術が、そろそろある仕事を無くします。

  • タクシー
  • バス
  • 自動車学校
  • 宅配・郵便配達を含む。

荷物を運ぶのは、少々、時間がかかるかもしれませんが、運転だけなら近未来には無くなるかも。許可なく自分で運転して事故したら、莫大な賠償金を要求される時代もすぐそこに。

自家用車すら必要無くなり、スマホで車を自宅まで呼べば、行き先まで運んでくれる。これはかなり早く実現できそう。← 業界団体の激しい反対が発生するでしょうね。

昔、電話の交換手も機会にとって変わられましたからね。自動化すれば、人手は必要なくなるのは仕方がないでしょう。それでコストが下がる。

コンビニも人は必要無し。スーパーのレジも人は必要無し。ガソリンスタンド、ファミレス、ファーストフード店はすべてロボットで置き換え可能。

飲食店で注文や運ぶだけならロボットでできるので人は入らない。これならブラックとか給料が安いという問題も発生しない。良かったですね。← と、心から喜べない自分がいる。

しかし、人工知能(Ai)とロボット技術を強力に推し進めると、日本は明るい未来しか想像できない。

ロボットに人工知能が搭載された未来

ロボットと人工知能が発達すると、仕事がなくなるという暗い話をしました。

しかし、それは中途半端な近未来の、その先の未来は超明るい。

例えば介護の問題は解消します。

ロボットがお年寄りや病気の患者さんの介護ができます。腰痛に悩む介護者はなくなります。患者さんをロボットが支えてくれから。

休む必要がないので、24時間、お世話をしてくれるので安心。

こんな素敵なアンドロイドが介護してくれたら?

andoroido-nozomu-hitogata

あるいはイケメンアンドロイド。会話も人間以上に人間らしく会話できるとしたら?

それでもあなたは拒む?

賛成者増えたら・・・これなら日本の人口が減少しても対応できます

工場のラインはロボットだけで動きます

車の組み立てラインなど、いまでも人間が過酷な労働を強いられています。ところがそんな現状もロボットが更に進化すれば、人間はやる必要がなくなります。

筋肉痛から解放されます。

4時間、365日、働いてくれるので効率は最大限、向上させられます。

コストも下がり、商品を超低価格で購入できるようになります。さらに、その先の未来は・・・

商品がタダでもらえる未来

現在はロボットを開発するには、莫大な費用がかかります。その費用の内訳は人件費が多くを占めます。

大学の研究室、企業の研究開発費、プログラム、新素材の研究にもお金がかかります。

ところが未来では、研究開発の多くは人工知能が行います。ロボットを動かすプログラムも人工知能がやります。

ysp-mirai

つまり人間が行う必要はなくなります。もちろん一部、超優秀な人間は、その後も関与されると思います。

人工知能が休み無く開発をするので、進歩も飛躍的にすすみます。おそらく想像できないくらい、加速するでしょう。

現時点ではロボットを作るには、金属材料を掘り出すのも人間ですが、それはロボットがやってくれます。

つまり材料もロボットが調達します。それを精製するのもロボット、加工するのもロボット。組み立てもロボット。

ということは、1度、そのシステムを作ってしまえば材料から完成品まで全自動で出来るということ。

人件費ゼロ。

金属の鉱脈を探すのもロボット+人工知能。見つけ出すセンサーや計測機器も人工知能が開発します。

つまり商品を作るのは、ほぼタダで作れることになります。再利用も著しく進み、イチイチ、材料を掘り出す必要もなくなるかもしれません。

100%再利用をするシステムの完成

農作業もロボットがやってくれます。だから野菜や果物も基本的には無料に。

未来の一般的な生活をするなら、衣食住は全てタダでできるようになります。服もロボット。家も画一的で良いならタダ。ある程度のバリエーションは考えられるでしょうね。

人工知能なので無限

病気になって手術するのも、すべて世界最高レベルのロボット外科医がやってくれます。

どのロボットでも同じ最高水準。プログラムをインストールされただけで、日本もアメリカもロシアも中国もどこの外科医ロボットも同じ水準。

医療も進歩することになります。病原菌を見つけて対策するのもロボット。まさに楽園。

こういう世界がやがてやってきます。

もし幸せ過ぎて長生きして人口が増えすぎたら、人工知能が人間を宇宙へ移住させるための方法を考えるでしょう。

ロケット技術も進歩する

火星へ移住するにしても、先にロボットが環境を整えて酸素も準備してくれるでしょう。小惑星から資源を地球に運んでくれるでしょうから、資源の心配も無くなります。

循環型が完成しているので、そんな心配もいらないでしょうけど。

エネルギー問題は、その前に解決しておく必要がありますが、宇宙空間に巨大な太陽光パネルを設置すれば問題無い。

24時間、太陽光があたるので効率も最高。空気の中に含まれる塵などもないため、発電量も高いでしょう。

宇宙空間から、ケーブルで持ってこれないですか? 電波で送るアイデアも実験室では既に成功しています。現在は問題点の洗い出しをされているでしょう。

世界中から貧困が消える

ここまででお気づきかと思いますが、すでに日本の枠を超えて世界、宇宙に向かっているので、地球人の未来はバラ色です。

食べ物が無くて、餓えに苦しむ人はいなくなります。病気で亡くなる人も激減するでしょう。

事故も極端に無くなります。

おそらく数百年くらいの未来では、まだまだ津波、火山の噴火は抑えられないでしょうけど、被害は極端に減少しているはずです。復興も信じられないスピードですすめられるはず。

貧困という言葉も無くなる日がくるハズです。

人類の存在意義と未来

kikagaku

中途半端に進歩した段階では、企業の利益が優先されて、思う様に貧困はなくならず、格差も残るでしょう。

しかしそれを恐れて進歩を止めれば、バラ色の未来はやってきません。

1つ注意したいのは、悪用されない完璧なシステムが作れるかがポイント。

それをクリアできたら、豊かな生活を人類はおくれるようになります。自然破壊も抑えつつ地球の開発も進められるに違いありません。

そういう人工知能をもったロボットができれば、人類の存在意義が問われることになります。

人は、これから何をなすべきか?

おそらく宇宙の開拓と冒険に向かうことになるでしょう。

人類とアンドロイド

ここまでの未来になる前に、おそらく人間とロボットの垣根が分かりづらくなっているハズ。

例えば全ての人間の脳にチップが埋め込まれ、ネット回線でつながっているはず。

記憶チップも搭載され、演算用のCPUも組み込まれています。だから誰もが正確に記憶することができ、最高速で判断ができるようになっています。

落ちこぼれはいなくなる。

これって、ロボットとの違いは?

人間型アンドロイドとの差が曖昧になっています。おそらく女性は子をうまず、試験官で生まれます。

男性と女性の差も無くなり、遺伝子操作をされて、人間としての個性もなくなるかもしれません。全て同じ顔、身長も体型も同。

どこまでを夢見て望むかで、これからの未来が変わります。

そして最後の人類らしい人類はやがて、肉体を捨てて永遠の命を手に入れるかもしれません。が、果たしてそれが良いのか悪いのか?

楽しみという感情すら持っているのかは分かりません。しかし憎しみや辛い感情も超越した存在かもしれません。

戦争もなく、詐欺や犯人もいなくなります。

そんな未来がやってくる前に、余暇が格段に増えます。そのとき、まだお金は必要ですが、時間が有り余ります。

jikan-amaru

さて・・・

あなたは、どんな未来を希望しますか?

【関連記事】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする