災害時に使える!キャンピングカーにトイレ付は必要なのか考えた結論がコレ !

トイレは必需品

結論『トイレの小は100%必要!

キャンピングカーフェア常連の桜香です。

トイレのの方は、後の始末が大変なので使わないという方も多い感じ。小なら非力な女性でも軽い!

その理由は排泄物の処分の問題。一般的にタンクに貯められた汚物を自宅のトイレに流さないといけない。これが重い。

「それ、やりたいですか?」

私は嫌です!その作業がやりたくないから、キャンピングカーのトイレの大は「使わない」。

は使わないけどは使う。その理由は大と比べるとかなり手軽だから。その方法を、YouTubeのとある方が紹介されていて、ペットの小の処理と全く同じ感覚でできる!

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)

キャンピングカーのトイレ(小)の処分方法が簡単だった件

最近はキャンピングカーを乗りこなしている方がYouTubeでトイレ事情を紹介されているので、これから購入を検討されている方もとても参考になります。

私が見つけたのはYouTube『ヨシタカのキャンピングカースタイル』さんという方。この方の『キャンピングカーのトイレについて【クレソンボヤージュ】』という動画。

実際に活用されているやり方を、動画で詳しく解説されているので、これを真似と言う作戦。

必要なのはこちら。

  1. 簡易ポータブルトイレ
  2. 猫砂(紙タイプ)
  3. ペットシーツ(大)厚手や大型犬用。
  4. ビニール袋 45L 2枚

簡易ポータブルトイレは、ネット通販で入手できます。ただ大きさのイメージができなかったので、キャンピングカーフェアで実際の物を確認しました。

予算は2万円以下でそろえられます。

猫砂(紙タイプ)とペットシーツで尿を吸収

これはパルプエコという紙タイプの猫砂。砂じゃないけど。

猫砂 パルエコ

7L、1袋あれば取りあえず間に合います。また

動画では、ペットシーツ(大)厚手を紹介されていたのですが、私はデオシートのレギュラーを買っちゃいました。これはダックスフンドなど小型犬ようなので、ちょっと容量的に心許ない感じ。

デオシート

3サイズあるので、一番大きなサイズを買うべきでした(汗)。大型犬用を飼うと間違いないでしょう。

仕方ないので、2~3枚を重ね合わせて活用。水を吸収してくれるので問題なし。紙の猫砂があらかた吸収してくれた残った水分を吸ってくれるので大丈夫そう。

大(汚物)と違って、この方式なら焼却処分できるので便利。

※シートは市町村によって処分の方法が異なるので、もしかするとシートだけは燃えるごみに出せないかもしれません。もし動画を参考にされる方は、その辺りのご確認をお願いします。

大も処分できる汚水タンク処理

ちなみに、家に敷地があり、お金に余裕がある方はキャンピングカーから汚物をホースでつなぎ、自宅に設置した汚物を保管するタンクにいれて処理する方法もありますが・・・

楽そうですか?

う~ん。うちは無理。

ということで・・・小のみ車で、大は近くの公園や食事をしたときにレストランなどを活用しています。

スポンサーリンク

まとめ

キャンピングカーに小だけは設置してください。

「キャンピングカーは持ってない!」
それでも一家に1つ、あっても良いですよ。災害のときに役立つから。

また高速道路が大渋滞して、やっとサービスエリアに入れても女子トイレは行列で、待っている間に・・・

トイレがあれば助かります。さすがに大だけは何ともなりませんが。レストランがあるサービスエリアなら、トイレが中に併設されていることもあるので。

ということで我が家は、災害時に水分補給をしっかりしてもトイレ問題は安心。

このブログが消えかかっています。・

ご縁に感謝
土下座
もし参考になると思った貴重な方がいらっしゃれば、お気に入り・ブックマークで、たまに訪問して頂ければとても嬉しいです。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)
336 x 280 レクタングル(大)

シェアする

フォローする