エギの重さとオモリの号数、グラム数の換算を表にしてみた

エギ

エギングロッドを使って、別の釣りがしたかった。

そこで、どれくらいの重量(グラム数)が投げられるのか、知りたくて調べて表にまとめました。

私のようにちょい投げやルアー竿の代用として使いたい方は、参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)

エギの重さと号数の関係

こちらの表みて、私はエギングロッドを、ルアーやちょい投げに代用するときの参考にしています。

エギ号数 重さ オモリ号数
2号 6g 1.5号
2.5号 9~10g 2号
3.0号 11.5~18.5g 3号
3.5号 17.5~25g 4号
4.0号 22~25g 5~6号
4.5号 30~33g 8号

エギングロッドでちょい投げするとき、ナス型や中通しオモリを投げられる号数の目安にしています。

例えば、

エギングロッド 2.5~4.5号まで投げられるものは、9~33g(最大)までの重さを投げられる竿ですが、限界ギリギリで投げると竿に負担がかかります。

そこで1ランクしたの重さまでを、常用できる範囲だと考えます。

グラム数:9~22g(この範囲のジグなら使える)。

オモリの号数:ナス型オモリや、中通しなら2~5号

この範囲にしておけば、負担もかからず投げやすいでしょう。

ジェット天秤は空気抵抗が大きいので、私は3号の小さめのものを使います。ちょっと安全を見過ぎのところはありますが。

エギの号数と重さの統一規格がない

疑問や違い

調べて驚いたのが、エギの号数と重さは、各社まちまち。しかも同じメーカーでも、商品の種類によって異なること。

例えばダイワさんのエギ。

3.0号を見ると、
エメラルダス ストリーム 11.5g
エメラルダス ラトル     13.0g
エメラルダス ステイ       18.5g

11.5g~18.5g、その差7g、これは大きい。

3.5号では、
エメラルダス ストリーム 17.5g
エメラルダス ラトル   18.5g
エメラルダス ステイ   25.0g

17.5~25g、その差7.5g。

それらを加味して、一覧表にまとめると先ほども見て頂いた、こちらの表のようになりました。

エギの号数とオモリの号数の関係の表

エギの号数に対して重さには幅があることが分かります。他のメーカーも見ましたが、まあだいたいこのような範囲の中に入ります。それと、余裕をみた使い方をするので。

ひとこと、言いたい!

エギは重さではなく、長さ(全長)で号数を出されているので、重さは目安でしかありません。JIS規格みたいないもので統一して欲しい。業界で動いて欲しいけれど・・・

さて、繰り返しになりますが、エギングロッドの最大(MAX)に投げられるエギの号数より、1つ小さめのエギまでにしておくと投げやすくて最適。

ロッドによって硬さにバラツキがあるので、ちょっと安全を見ているわけです。折れるとショックですからね!

私の手持ちのエギングロッドの記載が、2~4号だったので最大で18gのジグを投げます。ただルアーロッドと違い、ちょっと柔らかめなので7割くらいの力で投げます。

ラインは0.6~1号まで。

実際には自分で投げて、限界の手前でやめてくださいね。

竿の実際の状態は私には分からないので、ボキッと折れたとしても、自己責任でお願いします。

今回、キスをちょいなげでやってみようということで、小さなジェット天秤で釣りをしてみました。

関連コンテンツ ユニット

スポンサーリンクと関連記事


スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)
336 x 280 レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする