オモリの号数とグラム、オンス(OZ)の換算一覧表

オモリの号数とグラム、オンス(OZ)の関係について。

ジェット天秤

ナス型のオモリ

シーバスロッドでちょい投げしたいとき、何号のジェット天秤まで投げられるのか知りたくて調べ、オモリの号数とグラムについての関係を一覧表にまとめました。

号数 グラム オンス(約)
0.3号 1.125g 1/32oz 0.9g
0.5号 1.875g 1/18oz 1.67g
0.8号 3g 1/8oz 3.5g
1号 3.75g
1.5号 5.625g
2号 7.5g 1/4oz 7g
2.5号 9.375g
3号 11.25g 3/8oz 10.6g
4号 15g 1/2oz 14.2g
5号 18.75g 5/8oz 17.7g
6号 22.5g 3/4oz 21g
7号 26.25g
8号 30g 1oz 28.3g
9号 33.75g
号数 グラム オンス
10号 37.5g
11号 41.25g
12号 45g
13号 48.75g
14号 52.5g
15号 56.25g 2oz 56.6g
16号 60g
17号 63.75g
18号 67.5g
19号 71.25g
号数 グラム オンス
20号 75g
21号 78.75g
22号 82.5g
23号 86.25g 3oz 84.9g
24号 90g
25号 93.75g
26号 97.5g
27号 101.25g
28号 105g
29号 108.75g
号数 グラム グラム
30号 112.5g 4oz 113.3g
31号 116.25g
32号 120g
33号 123.75g
34号 127.5g
35号 131.25g
36号 135g

号数とグラムの見方

例1)ロッドが投げられる重さ。

号数とグラムの一覧表の見方ですが、例えば18~32gまで投げられるシーバスロッドなら、一覧表を見るとジェット天秤やナス型オモリなら5~8号まで投げることができます。

ただジェット天秤などは空気抵抗を考えると、8割くらいの力で投げるのがよさそう。

号数 グラム
5号 18.75g
6号 22.5g
7号 26.25g
8号 30g
9号 33.75g

例2)ワインドなどで使われるヘッドの場合、オンスが使われます。

ワインド ジグヘッド・ワーム・アシストフック

例えば3/8ozなら、10.6gなので、ワームが7gなら合計で17.6gになります。分からなくなったら換算表で確認しましょう。こちらも空気抵抗が大きくなるので、全力で投げると竿の破損につながるので注意を。

次はウキとオモリの関係の事例です。

例3)ウキの号数が2号なら、2号のオモリを使います。(※注 下記のイラストのラインの長さやウキとオモリの間隔は実際の使用例とは異なります)。2号ウキ

ウキやオモリ、仕掛けの組みあわせて多少の誤差もあります。浮力が軽い場合にはガン玉や板オモリなどで調整してください。

号数 グラム
2号 7.5g

その他、ガン玉やエギなどの重さの換算を下記にまとめました。

下記の記事を読めば、さらに釣りに詳しくなります。

このブログが消えかかっています。・

ご縁に感謝
土下座
お気に入り・ブックマークで、たまに訪問して頂ければとても嬉しいです。

シェアする

フォローする