ガン玉の号数とグラムの一覧表まとめ!自作ジグヘッドの参考に

針とガン玉

自作ジグヘッドを作るときに、困ったのがガン玉の重さ。

グラムと号数がわかりにくいというか、イメージできない。共通にしてくれると良いのに、なぜか表記が異なるんですよね。

そこでガン玉、かみつぶしの号数とグラム数の関係(換算)を調べてまとめました。

ガン玉の号数とグラムの一覧表

釣りのオモリは、いろいろ分かりづらいことばかり。ガン玉の規格をこちらにまとめました。

号数 グラム(g)
5 (G5) 0.16~0.17
4 (G4) 0.20 
3 (G3) 0.25 
2 (G2) 0.31 ~0.35
1 (G1) 0.4~0.45 
B 0.55
2B 0.75~0.85
3B 0.95~1.0
4B 1.20
5B 1.85
6B 2.65

私の場合、暗記できないので道具箱やオモリのケースにグラム数を記載して、一目で分かるようにしています。

ガン玉について

ガン玉は形状によって、呼ばれ方が異なります。

形状が丸いタイプ。良く見かけますね。ダイソーの百均のものは、ケースに重さが記載されているので親切。

ダイソーのガン玉

下記は釣り道具屋さんで購入したもので、流線型になっているので水の抵抗が少ない。かみつぶしと呼ばれることも。

かみつぶし

でも重さが分からない。これじゃ使うときに困ってしまう。そこで・・・

電子はかりで計る

ガン玉の重さが分からない、混じってしまったときはジャム作りなどでいつも使うのが、タニタの電子計り。

砂糖125g

何グラムあるのか分からないガン玉があると、使いづらい。そんなときは電子はかり(お菓子用)を使って、オモリの重さを量りましょう。

本当は0.1gまで計れるのが正確で分かりやすい。

小さいものは複数個、同時に計って後で割り算をして、1個辺りの重さを出しましょう。

極小オモリは、10個以上でないと0.1gの計りでも誤差が大きくなります。

計り終わったら、重さを容器に記載しておくのが便利。これなら使うときも、すぐに探し出せます。ウキの浮力と重さの関係が分かれば、安定してウキを使えます。

実際に測定してみると、多少の誤差がありましたが、家庭用の電子ばかりで測定したので、10個くらいまとめて計り、割り算したので誤差もあります。

またダイソー百均のオモリと、釣具屋さんでは多少の差がありました。まあ、そこまで精度を必要とした釣りを私はしていないので、全く気にはしていません。

下記の記事を読めば、さらに釣りに詳しくなります。

このブログが消えかかっています。・

ご縁に感謝
土下座
お気に入り・ブックマークで、たまに訪問して頂ければとても嬉しいです。

シェアする

フォローする