たった3分!タコ釣り仕掛けを100均のエギ2個付けの作り方

タコ

初めてタコ釣りを見たのは、堤防でアジ釣りをしていたとき。

「あ、タコ!」

小学生の高学年くらいの少年が、カニのような形をした疑似餌で、目の前でタコを釣り上げていました。

「へぇ~、あんな簡単な仕掛けで釣れるんだ」。

しかもその少年、竿を使わず手でその疑似餌を操ってカニを釣っていました。

これにはびっくり。

難しく考えずに、ちゃっちゃと仕掛けを作って、タコを釣っちゃいましょう。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)

タコの仕掛けを100均のエギで作る

タコ用の仕掛けは、市販品でもたくさん売られていますが難点は価格。

YouTubeの動画などでは、華麗に釣り上げるシーンだけが公開されていますが、実は編集でカットされている部分があります。

それは根掛かり

そんなところは、本編とは関係ないのでカットされています。できるだけ動画を見て楽しんでもらいたいですからね。

実際には堤防や消波ブロック、岩場などでは根掛かりして仕掛けを失うことがある前提でタコ釣りをします。

安く作りたいので、ダイソーのエギを使うことにしました。

タコ釣り仕掛けはエギ2個付け

イカ釣りに使うエギと呼ばれるルアーの一種ですが、これを使えばタコだって釣れます。

ダイソーのエギ

エギを1個にすれば、さらに安くなりますが、アピール力が増すので2個付けしています。

もし始めてのところで根掛かり具合が分からないようなところなら、取りあえず1個で様子を見るのもありだと思います。

では早速、エギ2個付けのタコ釣り仕掛けをご覧ください。

エギ2個使ったタコ釣りの仕掛け

とてもシンプルな仕掛け。エギもサルカン(スナップ付)も100均で集められます。

オモリ、これだけは別に購入します。

工作が得意な方なら、100均のジェット天秤のオモリを改造すれば、作れそうですが、私は不器用なので相当に時間がかかりそうで普通にナス型のオモリを使います。

製作時間はたった3分。

不器用な私でも作れました。

これなら1個、わずか300円以下で作れます。タコ釣りは根掛かりするような場所にいるので、このくらいに仕掛けは押さえたいですね!

ちなみに少年が手で使っていた仕掛けがこちら。

タコ釣りの市販品の仕掛け

1個800円+税・・・・

タコ釣り仕掛けの作り方、いかがでしたか?

専用の竿がない場合、竿がたえられる仕掛けの重さにしてくださいね。やわらかい竿だったらエギは1個にしないと、釣りにならないでしょう。

釣りシーンは、釣り系ユーチューバー DK釣り日記さんの『ダイソーのエギでタコ釣り!』がおすすめ。

DKさん、面白いですね~。

良かったら登録してみてください。

関連コンテンツ ユニット

スポンサーリンクと関連記事


スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)
336 x 280 レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする