動物病院の面会時間中に、愛犬の死に目に立ちあえたということは・・・

ペット、愛犬の運命死に目に立ちあえたということは・・・

ICU(集中治療室)にいる重症なワンちゃん、ネコちゃんたちは、先生が一生懸命に治療をしてくださっても、その甲斐なく入院中に亡くなってしまうことがあります。

これはペットでも人間でも同じことですが・・・

面会で会える時間は限られているので、ほとんどの場合、家族と離れ離れのまま会えず、息を引き取るのことの方が多い。

その中でも、ごくに限られた面会時間中に、家族に最期を看取られ、この世を去るケースもあります。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

私の顔を見て動物病院の面会中に息を引き取った意味

「なんて珍しいこと。滅多にあることではない」と、面会に来るのを待って、私の顔を見てから私の愛犬は息を引き取りました。

「愛犬の強い思いがあったんですね」と先生方に言ってもらったときは、さすがに涙が止まりませんでした。

その時の私は、そんな言葉の持つ意味を深く考えられないほど、深い悲しみとやりようのない切なさと、悲しみに支配された精神状態でした。

運命を変えてあげられなかった

この世に運命というものがあるなら、愛犬の運命を変えてあげたかった。

親や身内、愛犬の死に目に立ちあえたということは、

「お父さんお母さん、その家に本当に必要とされて産まれてきたという、運命で決まっている」と、ある人から聞いたことがあります。

きっと愛犬も私の家にくること、家族になることは運命で決まっていたのだと思います。

でも、もう少し楽しみながら楽しく一生を終わらせてあげたかった。

愛犬のことが忘れられないのは?

2年たった今でも愛犬のことを考えると、楽しかった思い出より亡くなった日の事が強く残っていて、頭から離れないので、涙が止まりません。

寝ている犬

心理学の本を読んで最近知りましたが、考えないようにすればするほど、忘れよう忘れようとすればするほど、強く記憶に残り忘れられなくなります。

反対に覚えておこうと思っていることは、意外と忘れてしまうらしいのです。

私は、亡くなった日のことをずっと忘れようとしていました。

自分から愛犬のことを話さなかったし、心の奥底に鍵をかけて二度と開けることもないと思っていました。

当時とことん落ち込みましたが、人に話をして自分の思いを聞いてもらうことがありませんでした。

今回、こうやって愛犬のことを書いてみて、正直辛く悲しい気持ちになったので、途中で書くのを止めようと思いましたが・・・

気持ちを出し切ることで楽しかった思い出の方が、強く残るようになるんじゃないかな?という荒治療をしてみました。

【関連記事】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする