エアコンが効かない?車の暑さ対策グッズを使うなら、まずはこれ!

車内が暑い

「熱っ!やけどするわ!」

「車のハンドル、暑すぎ」。

「そもそも、なんで黒やねん!」

つい、ぐちの一つも言いたくなります。

そこで車の暑さ対策グッズを導入しようと検討したら、もっとも効果的な方法が分かりました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

車内温度を下げる、最も効果の高いグッズ

それは扇風機・・・ではなくて、フロントガラスを多う車用のサンシェード

車内の温度を上げる一番、大きな原因はフロントから差し込む太陽の直射日光。

これを防がないと、どんな高級な暑さ対策のグッズを使っても、効果はイマイチです。

大きめのサンシェードが良い

以前、使い勝手を重視して、フロントガラスより小さめを使っていました。

折りたたみとかも使っていました。使い勝手は良いんだけど、どうしても隙間ができてしまう。

そこで大きめの物を使うと、これが良かった。フロントガラスが、すっぽりと隠れるくらい大きい。

アルミシート状のサンシェード

吸盤で固定するようになっています。

アルミシートと吸盤

問題点

困った女性

だけどフロントガラスのみ。助手席や後部座席にも、日の光が入るのが防げませんでした。

そこでドアの窓も防げるサンシェードを探していたら、良い物を見つけました。

笑顔

6点セット。これは便利。

迷ったら6点セットで決まり!

コンパクトにたためるのも良い所ですが、6点、全部をセットするのがめんどくさく感じることも。

だから車の正面に太陽光が当たる位置に、駐車するように心がけています。

ただし長時間、車を止めるときは太陽が移動するので、6点セットを活用すると紫外線の大半を防げるので良いですよ。

どれにするか迷ったら6点セットが良いですよ。

エアコンが効いた!フロントガラスの光りを遮断せよ!

いままでフロントガラスからの光りを過小評価していました。

さまか、車用のサンシェードでしっかり防ぐだけで、クーラーが良く効く絶大な効果を実感しました。

あれ、ほんと、使っていない車が多いです。

これで決まり!

以前は、小型の扇風機でエアコンの冷風を、車の後ろにも送ろうとしましたが、ぜんぜん効果なし。

スーパーの駐車場で炎天下の屋上駐車場とか、もう最悪。フライパンに卵をのせておいたら、目玉焼きができそう(汗)

エンジンをかけてエアコンをかけても、なかなか車内の温度が下がらないという方は、ダッシュボードの温度が主な原因です!

それは、フロントガラスから入った太陽光で、黒色のダッシュボードが温められると、エアコンを少々、かけたくらいでは冷えません。

15分くらいは暑いままなので、その間、ずっと暑さに耐えることに。小さなお子さんがいたりしたら可哀想。

車内を白に塗っちゃダメ

気が動転している母親

対策とか考えて、ダッシュボードを白のペンキなんかで塗ったらダメですよ!

白色にすると、光がフロントガラスに反射して危険なので、つや消しの黒色になっています。

だから熱がこもるのは仕方がない。安全面を考えて黒にしているんですから。

でもね。それが原因なので、なんとかしなきゃ。

だからサンシェードの出番。

まとめ

エアコンの効きが悪いと思ったら、まずはサンシェードで直射日光を防ぎましょう。

それでも車内が冷えないようなら、冷却するガスが抜けている可能性があります。何年かすると、少しずつ抜けていくんですよ、ガスは。

ガソリンスタンド、イエローハットなどでエアコンのガスをチェックしてもらいましょう。

数千円かかりますが、それで冷房がガンガン効くようになりますよ。

【関連記事】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする