正月太り解消に最適な食事を試してみたら体重が・・・+運動

毎年、正月明けは体重計に乗るのが怖い。

体重計

いままで増えたことはあるけど、減った試しがない。当たり前ですよね。

お餅にたっぷりあんこをつけて、2個、3個、きな粉でもいただく。ついでに焼き餅にしょうゆをつけて、のりを巻いて食べる。

美味すぎ~

元旦2日目は、和食店でたっぷりの栄養を摂取。

夜は・・・・

「まあ正月くらい、贅沢したって良いよね」とか、何とか言い訳しながら家族や友人と太りやすい食事を食べる。

その結果は・・・

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)

お正月太り2つの解消法

お正月に太るのは、食べ過ぎと運動不足。

おせちだけなら良いのですが、お餅は量が少なくても、餅米がぎゅっと締まったもので白米と同じ体積でもカロリーは2倍。

摂取カロリーは多めなのでご注意を。私の場合はあんこを付けたりするので、糖質も多くあまり食べ過ぎは太る原因に。

と、いうことは誰でも知ってるけど、なかなかできない。

だからお正月こそ、いままでとは違うことをしよう!

それが新年の目標。なんか、低い目標だな~とは思うけど、後悔したくないから頑張る!

ビタミンやタンパク質を摂る

肉の塊

正月太りの解消の1つ目として、おせち料理は新鮮なお野菜が少ないので、ビタミンなどを多めに摂りたいもの。

脂肪を燃焼させるのに酵素は必須。サラダなども少しは摂っておきたい。ゴボウなど食物繊維が多いものを積極的に。

棒寒天(角寒天)(棒寒天)

食物繊維は血糖値の上昇もゆるやかにしてくれる、というのをテレビでもやってましたし、常識?

まあ体には良さそうなので正月太りが気になる方は、寒天やこんにゃく、ひじきなど海藻類も多めに食べるのをおすすめされますよね!

もちろん・・・それだけでは不十分なのは分かってますよ。

それに加えて、豆類やお肉、お豆腐などに多く含まれているタンパク質を多く摂りたい。運動不足で減った筋肉を増やすのは正月太り解消には欠かせないですからね!

でもお肉の食べ放題は厳禁!それじゃ、カロリーが超オーバーで無意味。やっぱりいつも通りのカロリーにしないとね。

運動で筋肉を増やす

筋肉をつけたい女性

正月太りの解消の2つ目としては、散歩など有酸素運動を多めにする事。

これは難しい。普段であれば通勤などで意外と歩いていますが・・・

一方、正月はテレビを見ている時間や人と会話しているだけで、動かない時間が多ければ、散歩などにでかけて気分転換するのも、カロリーを消費するので良い。

走らなくて良いんですよ。歩くだけで十分。

散歩

炭水化物や糖質をカットする食事を10日~2週間ほど継続すると、増えた体重をリセットできます。

全く正月に運動をしていない人は、減った筋肉を増やすために、膝を突いてもOKなので腕立て伏せや、足を曲げて腹筋をするだけでも減った筋肉を増加させることができます。

その場合、筋肉となるタンパク質の摂取は多めを心がけてください。

参考 軽めの運動 ← これ、簡単ですよ。

正月はこれをします!

とはいえ、なかなか運動と言われても体を動かす気持ちが湧かないので、テーマパークへでかけるというのもありですね。私は早朝にでかけて、早めに帰るようにします。

家族や友人達と、ちょっと寒いけど強制的に外出すれば、そこそこ歩かなきゃいけないので、カロリーも消費できるよね。

スポンサーリンク

まとめ

いろいろ考えたけど、結局は食べるのをいつも通りのカロリーくらいにするのが、正月太りを防ぐことになりました。

正月は外出を多めにしつつ、食事量はいつもくらいにして、お餅は1個減らした。

という感じでやったら、正月太りを防げましたし、正月明けも体が軽くてモチベーションも高くて良い感じでスタートできました。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)
336 x 280 レクタングル(大)

シェアする

フォローする