ニッケル水素電池で大損!寿命を知らずリフレッシュ!

環境に優しいという言葉につられ、普通の乾電池からニッケル水素電池に変えました。

これで廃棄する電池も減らせますし、コスト削減にもなるのでお財布にもやさしい。と・・・思っていたら、寿命が短く意外と高くつくことが判明。劣化が激しい!

その一部始終をまとめたので、ニッケル水素電池を購入される際の参考になれば幸いです。

おすすめ充電池も紹介しています。)

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

電池切れ多発

デジカメ用に購入したニッケル水素電池ですが数回~10回ほど充電して使いました。

寿命を迎えた充電池

その後、カメラを買い足しいてメインに使う様になり、専用のバッテリーしか使えないので電池を数年ほど放置していました。

その後、また前のデジカメを使う機会があり、久々にニッケル水素電池を使おうと、充電器にセットしたら、充電されずにすぐに終了してしまいました。

デジタルカメラ

「あれ、放置していたから、何回か充放電を繰り返さないと使えない?」

リフレッシュ機能付の充電器(SANYO リフレッシュ機能付き急速充電器 NC-MR58)では、全く充電される気配がありません。調べてみると、同じ様な症状の人がみつかりました。

補足リフレッシュとは、充電したものを放電して充電池の電気容量を空にするもの。
   充電器に機能を搭載しているものもあります。頻繁にリフレッシュすると短寿命になります。

対処法としては、ゆっくり充電するタイプが使えるのがわかりました。幸い、別の充電器があったのでそれを使用した数時間、充電器が働いていたので「これはいける!」と直感しました。

大損しました!

困った女性

しばらく使用していないバッテリーは、充電と使用を数回繰り返すと理論上は、また使えるようになるハズでした。

ところが、10回くらい充電と放電を繰り返しましたが、復活することなくあきらめました。

そのうちのいくつかは、ある程度、充電がされているようでカメラを起動できましたが、満充電にはほど遠い状態でした。

これってかなり大損したんじゃないかな。急速充電器が5000円くらいしたので、電池代を含めると・・・。

これならゆっくり充電するタイプの電池を複数個持ってる方が、長い目でみたらコストも時間も節約できたかも。

※諦めきれずに、その後もリフレッシュや充電を繰り返しました。

結論としては、どんどん寿命が短くなるだけでした。早いところ、新品を買った方が時間も有効に使えてストレスもたまりません。

不活性化の悲劇

使わないだけでも寿命が低下する。

ニッケル水素電池は、ほんと、使いづらいバッテリーです。充電の仕方や使い方を間違えると、簡単に短寿命になります。

しかも、もっとやっかいなのが、不活性化といってしばらくつかわずに放置しているだけで、電池内部で化学反応が起こりにくくなります。これが不活性というもの。

数年使用しないで、いきなり使おうとしてもまず性能は発揮出来ません。めんどうな特性だらけですが、コストや安全性に優れてるのでいまも使われています。

不活性を解除する方法

不活性を解除するのは、並大抵ではありません。

まずは時間をかけてゆっくり充電するタイプで、だましだまし満充電にしてください。おそらく最初はすぐに充電完了になりますが、デジカメに入れても使えません。

もし仮に若干でも認識されたらしめたもの。しばらく使用して電池切れになったら、また充電をしてください。これを何度も繰り返していくうちに復活する場合はラッキーです。

時間より寿命を最優先されるなら、急速タイプではない普通の充電器がおすすめ。

上級編 電池の電圧を測定できるテスターがあれば、同じくらいの電圧のものを一緒に充電してください。放電させるなら1.0Vまで低下したら、また充電します。

つまり1.0~満充電を何度も繰り返します。

10回程度、充電を繰り返しても、デジカメなどで使用できない場合は電池内部が劣化して、寿命を迎えてしまっていると判断します。

でも、この方法って面倒ですよね。私はおすすめしません。

急速充電は短寿命

私が大損した原因の1つが、超急速充電器を使ったからだと推測しています。

問題の急速充電器がこれです。
  ↓
急速充電器

買ったときは早くて驚いていたのですが。。。

どうやら調べていくうち、急速充電すると寿命が極端に落ちるようです。私の手持ちのバッテリーも満充電を30分でできるという超急速充電器で何度か充電していたものです。

技術的にはまだ市場に出すレベルじゃなかったんだと。それだけSANYOが追い込まれていたのかもしれませんね。

困った女性

「急速充電はバッテリーに負荷がかかっているのか!」

メーカーはそこまでテストしていなかったのでしょうか。残念です。たぶん開発者は、止めたような気もします。

市場にある急速充電器

現在、急速充電器の市場は、大手メーカーではパナソニック(旧サンヨー製)とソニーの2強。

充電時間を見るとわかるのですが、急速とは言えないレベルの充電時間。急速とはイメージが違いますね。

メーカー名 形式等 充電時間(4本)
容量(mAh)
パナソニック eneloop
pro BK-3HCC
 約2時間
2450
パナソニック K-KJQ21M42C    約4時間
 ソニー BCG34HRE4RA
リフレッシュ機能付き 
約3時間50分 ※注1

現在調べてみると、30分で急速充電するタイプが見あたらない。

やはり急速充電は、極端にバッテリー寿命を短くするから市場から消えたのだと推測。でなければ新製品が販売されているはずですからね。

またコスト志向が強くなり、より長持ちするタイプが売れる傾向にあるのでしょう。4本で4時間程度が、急速充電の時間と寿命との兼ね合いだったんでしょうね。

30分で2500mAhを満充電させるのはまだ先の技術だったのでしょう。

※注1 公式サイトや説明書に記載なし。推定値。容量が1000mAhとパナソニックの半分以下で、4時間弱の充電時間はかなり遅い。

以前のような超急速充電(30分⇒4時間)ではないので、バッテリーの傷みは少ないと思います。

さらに長持ちさせたければ急速充電を避けて、充電時間がかかるのタイプを選ぶとよいでしょう。予備の電池を用意すれば済む話しですね。

実際に使う場合それほど頻繁に使う人は少ないでしょう。私の使い方だったら、旅行前などの2日前から2セット充電しておけば間に合いますし、旅行先で寝る前に充電すれば大丈夫。

参考

バッテリーは大抵、メーカーで2種類ラインナップされています。

価格重視の低容量タイプ
ソニーのサイクルエナジーシルバー1000mAh。約3000回充電可能。

高容量タイプ
サイクルエナジーゴールド2100mAh。約1000回充電可能。

電池を長持ちさせる方法

ありきたりですが、できる限り放置せずに定期的に電池を使うに限ります。もちろん、長持ちさせる方法はこれだけではありません。

使用する場合は、必ず購入したときにバッテリーに印を付けて、同じグループで使用しましょう。

詳しい理由については割愛しますが、新旧を混ぜるとお互いに寿命を短くするおそれがあります。

もし4本のうちの1本が寿命を迎えてしまうと、他の電池にも悪影響を及ぼすので本来はテスターで電圧を測定できるのがベスト。

ニッケル水素電池の特性からわかる長持ちの秘訣

3つの問題点があるので、それを理解すれば長持ちさせられます。

1つ目は、満タンに充電したまま長く放置していると、劣化が早くなるやっかいな特性があるニッケル水素電池。

つまり使った後、残量があれば充電せずにそのままにするのが良かったわけです。残量がほとんどないと今度は2つ目の問題がでてきます。

過放電

karadennti

過放電とは、電池の残量を完全に使い切り過ぎた状態をさします。普通にデジカメで使えなくなった程度であれば、実はまだ残量が残っています。試しに懐中電灯に使うと、まだ多少は光るはず。

これダメ!

だったら、もったいないから残量が完全にゼロにまるまで使い切ろう!・・・というのが寿命を短くする過放電なのです。

これで決まり!

リフレッシュのやり過ぎも寿命を縮めます。つまり完全に使い切らないのがコツ。もったいなくても、最後までは使わない。

デジカメなんかは、撮影できなくなったくらいでOK。ぜったいに乾電池やリモコンでは使わないでくださいね。あれ電池の容量が空っぽになるまで使われます。これが過放電。

充電する回数が多くなると寿命が短くなるという考えで、たとえば2~3年使用していないと、私のように数回~数十回しか使っていなくても、寿命を迎えてしまいます。

どうせ使わなくてもダメになるなら、回数が減ってもこまめに充電するのが長持ちさせるコツ。

しかし、こまめに充電するのにもある限度があります。それがメモリー効果。

ちょっと難しくなるので図解で説明します。コーヒーでも飲みながらゆっくり読んでください。

笑顔

リフレッシュで元通りになる場合は、充電池が不活性化(電気が上手く取り出せない状態)になっていただけだからです。

私のようになんどリフレッシュしても復活しない場合は、電池内部の材料が劣化して寿命を迎えたものなので、あきらめに買い換えた方が早いです。

メモリー効果

メモリー効果

ニッケル水素電池の最大の問題点がこのメモリー効果。

たとえば100%の電池をデジカメで50%まで使ったとします。明日も撮影があるから、電池切れになるといけないからまた充電しておこう!

これがダメダメ!

デジカメで撮影できないところまで、電池を使い切らないと電池の持ち時間が短くなるのです。何度も50%くらいで充電していると、満充電のときの容量が減ってくる特性があります。

1ヶ月に1回も使わない場合は、リフレッシュもする必要もありませんし、その頻度なら乾電池で良いのではと思うようになりました。せめて10~20%くらいまでは使いましょう。

メモリ効果の対策

デジカメや一眼レフのフラッシュ用に使用するだけなら、使えなくなったら充電すればOK。

無理に使い切り過ぎれば過放電、まだ容量があるのに継ぎ足し充電ればメモリー効果で、バッテリーの使える容量が減ってしまう。

使いぐらい充電池なのですが、ニッケル水素充電池はコストと性能のバランスが良いのでいまでも多くの家電で使用されています。

電池の復活法は危険

何年も使わずにリフレッシュしても使用できない充電池を、復活できるかもしれない裏技の情報が出回っていますが試さないでください。

気が動転している母親

2つの電池を組み合わせ、電極をショートさせて復活する方法などがありますが、ハッキリ言って危険。電池が破裂するリスクを背負ってまで、電池代を節約するのはどうかと思います。

万が一、破片や電池の内部のものが目にでも入ったら、それこそ後悔じゃすまないです。

未来ニュース

ニッケル水素充電池を再生させようと、ネット情報を試した人が電池が破裂して失明しました。数千円の節約の代償に失ったものは余りにも大きかったようです。しかも電池は破損。その上・・・・

・・・なんてニュースになるかもしれませんよ。

もったいないからと、いろいろ工夫してなんとかするより新しく購入する方が早いし確実で安全。と、私も十数回も再充電しても、容量が戻らなかったので。

かなり時間をムダにしてしまいました。

ニッケル水素電池のおすすめ

これで決まり!

充電器も大事ですが、電池本体(単三)も重要です。どれを選ぶかで、使用時間、寿命などが決まるわけですから。そこで分かりやすいように一覧にしました。

メーカーは私のおすすめのパナソニックを例にあげています。

タイプ 名称 容量(mAh) 充電回数(寿命)
お手軽モデル eneloop lite  950 約5000
スタンダード eneloop  1900 約2100
ハイエンド eneloop pro 2450   約500

充電時間は充電器によって異なります。

補足

パナソニックにはニッケル水素電池には2つのブランドがあります。

eneloop 三洋電機が開発していたもので中身は同じ。
EVOLTA パナソニックブランド。(乾電池タイプもあるので間違えないように。)

容量や寿命が若干異なりますが、使用感はほとんど同じ。入手しやすい方で選べばOK。ただし、今後はEVOLTAのブランドで改良されていくとは思います。

使い方で選ぶ

お手軽モデルのeneloop lite

5000回も充電できるという高寿命がウリ。

問題は容量が少ないがネック。

用途 容量が少なくリモコン向きですが、はっきりいうと乾電池で年単位で持つのでeneloop liteの使い道が思い浮かばない。デジカメには不向き。

毎日使う方は、繰り返し充電できるので最適。あまり大電流を使わないところに向いています。


イチオシ バランスがとても良い!

スタンダードeneloop

2100回とかなり寿命は長く、容量も1900mAhあるのでデジカメにも十分。

笑顔

8本パックでこの価格

通販 Panasonic eneloop 単3形 8本パック スタンダードモデルを楽天市場で詳細を見る。

用途 デジカメに最適。充電回数や容量のバランスがよく、取扱や入手性も良いので、一般向けならこちらがイチオシ。もしこちらで不足感じたら、proに以降するのが良いでしょう。


eneloop pro

おそらくサンヨーで私が悩まされた、短寿命のタイプとほぼ同じだと思われます。容量こそ2450mAhありますが、充電回数が500回・・・。

4本パックでこの価格

通販 Panasonic eneloop pro 単3形 4本パック(ハイエンドモデル) BK-3HCC/4を楽天市場で詳細を見る。

デジカメ向きですが、高容量が必要なデジカメは、専用のリチウム電池が多く使われています。

用途例 ハイエンドクラスの用途は、瞬間的に大容量の電流を供給する一眼レフのフラッシュに最適だと思います。またニッケル水素電池の特性を良く理解されているなら断然こちら。

それ以外の方は、スタンダードのeneloopで十分です。私だったら、スタンダードを多く買います。

電池の寿命の考え方

サンヨー時代は充電器や使い方のも問題もあり、寿命が極端に短くイメージとしては、充電回数の1/10以下と考えています。

もちろんハイエンドモデルの500回の寿命でも1割の50回としても、コストを考えると十分だと考えます。

ひんぱんに使う用途でないなら、寿命の短いニッケル水素充電池ではなく、普通のアルカリ乾電池がおすすめ。

あまり冒険したくないので、約2100回も繰り返し使えるバランスの良いスタンダードモデルeneloopを選びます。

コレダメ

懐中電灯に使っちゃダメ。

ニッケル水素電池は、あまり負荷がかからないような懐中電灯では、電池の寿命を短くしてしまいます。

場合によっては、十数回で寿命が来るかも知れません。ご注意を。

某デジタル一眼レフカメラで使っているリチウム電池は、2003年の時に購入したものですが、数年、放置していましたが、現在もまったく問題無く使用できました。

当たりハズレの議論もあるでしょうが、素材などの特性の違いでしょうね。

オススメ充電池セット

結局、まともに復活できないほど寿命が来ていたので、当たらしく買うことにしました。そのとき調べて検討したのが下記のポイントです。

機能面で選ぶポイントは主に3つ。

  • リフレッシュ機能付の有無
  • 急速充電器または、スタンダード(普通の速さの充電)
  • 寿命を優先するのか?

この3つのポイントで、買うべき充電器が別れてきます。

メーカー発表のデータでは寿命の違いは見られませんが、それは超急速充電器の失敗例があるのであまり信用していません。

とはいえ、現在の急速充電のスピードは、寿命を考えて無理のない時間設定にしていますので、極端に短くはならないでしょう。・・・と信じたい。

機能面以外で重視するのがブランドの歴史。長い回数使用するものなので、できるだけ信頼性が高いものを選びたい。そこでランクを付けると以下のようになりました。

急速充電器電池セット 1位

ランキング1位

そこで今回、実績のあるPanasonic 単3形(eneloop スタンダードモデル単3形・BK-3MCC)
4本付急速充電器セット K-KJ55MCC40を1位に選定。

通販エネループ K−KJ55MCC40 充電器セットを楽天市場で詳細を見る。

充電器だけなら型番はBQ-CC55です。

旧モデル(K-KJ21MCC40)


rank2

寿命最優先ならこれ! 2位

2位は電池への負担が少ない、スタンダードタイプの方が高寿命を期待できるPanasonic の急速ではないタイプ。不活性の電池に良いかも。

寿命最優先なら急速充電器ではなく、普通の充電器のセットKKJ53MCC40がオススメ。

eneloop スタンダードモデル K-KJ53MCC40 充電器セット

充電器だけを購入される場合は、単3形・単4形兼用充電器のBQ-CC53が型番になります。


rank3

3位に、SONY ニッケル水素リフレッシュ機能付急速充電器セット 単3形充電池4本付属を選定しました。

通販 SONY ニッケル水素リフレッシュ機能付急速充電器セット BCG34HRE4Rを楽天市場で詳細を見る。

購入の際にはパッケージの内容を確認して購入してください。

パナソニックさん。リフレッシュ機能付の普通の充電器セットを出してください。

購入の注意点

類似品に注意

間違いやすい!

まず日本製のeneloopと類似品の中国製(代理店は日本)のenelongがありますので、購入される場合には間違わないでください。

疑問

enelongは、日本正規品販売代理店ですが製造は中国です。

価格も安いので、ついこちらを買っちゃいそうですが、価格差よりも信頼性を重視したい方は、パナソニックの純正のeneloopを選びましょう。

乾電池ならともかく、長く使う充電池は発火の危険とか怖いので、信頼性が一番。

その他

型番や付属の充電池の容量などには注意してください。間違いトラブルの例を記載しておきますので、購入の際のチェックにしてください。

  • 安いと思ったら容量が少ないタイプだった。
  • 安いと思ったら、充電池のセット品が2本しか入っていなかった。
  • 急速充電器と普通のタイプを間違えた。
  • リフレッシュの有無を間違えた。
  • 旧機種を買ってしまった。
  • 一緒に予備バッテリーを購入するのを忘れ、追加購入したら送料が余計にかかった。

以上のような点に注意して購入してください。

あまり使わないのに、予備をたくさん買わない方がいいですよ。デジカメだったら2セットあれば十分。(専用バッテリーしか使えないデジカメは何とかして欲しい。)

ぜひ上手に使いこなしましょう。

参考記事一覧

使用上の注意点

  • ニッケル水素充電池は、充電直後、熱くなっていますが自然に冷ましてから使ってください。内部が熱いうちに使用すると、劣化して寿命が短くなる恐れがあります。
  • 使用されないときは、充電して保管しないと劣化します。できれば半年に1回くらいは使用しましょう。
  • 電池や充電池の電極は、たまにキレイにテッシュなどで丁寧に強めにふき拭き取りましょう。
    手の脂などが電極に付着したまま充電を繰り返すと、満充電されないことがあり劣化の恐れがあります。
  • 購入した電池は、セットで使うのが寿命を延ばすコツです。古いものと新規のものは、混ぜない方が無難です。

急速充電器を使った電池は寿命が短くなる?

疑問

急速充電器を使うと寿命が短くなる可能性があります。私の経験からは、短くなると断定します。

その理由は、急速に充電されるということは、多くの電気を流して早く満充電させています。

一方、普通の充電器は、少ない電気でゆっくりと充電するので、ニッケル水素充電池に負担がかかりにくいので、劣化しにくく長寿命になります。

最近の充電器も充電池も高性能になってはいますが、それでも電池内部の化学的な物質の劣化を完全には抑えられないのが現実。

急速充電で時間をとるか、寿命を取るかは各自の判断です。

指を差す女性のイラスト

私の場合は急速充電器で痛い出費を重ねていますので、普通の充電器をメインに使っています。普通の充電器を買い増して、充電の遅さをカバーしています。やっぱりこれが一番。

こちらも読まれています。

以上、ニッケス水素充電池を、上手に使うコツや購入のポイントをお伝えしました。

その他にも、下記で人気の記事が見つかります。

参考 人気記事一覧

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする