分かりにくいPEラインとリーダー太さはこれ!【結び方の動画付】

ロッドとリール

この記事を読むと、PEラインとリーダー(ショックリーダー)の太さの目安や基準、その考え方が分かります。

例えばPEライン1.5号に、リーダーは5号を使うけど、なぜ4号じゃダメなのか?

そんな疑問や、糸のつなぎ方などを下記にまとめました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

リーダーの太さとつなぎ方

PEの号数の4倍のフロロカーボンラインをリーダーに使うのが一般的。

これで決まり!

PE1号なら、4号のフロロカーボンまたはナイロンライン。

PE1.2は5号、1.5号は6号のフロロカーボンを使います。

換算表から分かるのは、PEは細い糸でも強度があるので、空気抵抗が少なく遠くに飛ばすのに向いていることが分かります。

PEラインとリーダーの目安 一覧表

PE フロロカーボン
0.3~0.6号 1.5~2号( 6~8lb
0.8号 2.5~3号(10~12lb)
1号 4号(16lb)
1.2号 5号(20lb)
1.5号 6号(22lb)

※上記の一覧表は、経験値も加味しています。砂浜はワンランク下でも良さそうですが、磯など根があるところでは、ワンランク上のラインが安全です。

船釣りは別として、PEラインで砂浜や堤防から、2号以上の太さを使うことは、まずありません。PEラインを使う一番の目的は、遠投性を重視しているからです。

リーダーの太さの選定の考え方

リーダーの考え方は、道糸と同等か、それ以下の強度を使うのが基本。

もし道糸にPEライン0.8号を使い、リーダーにフロロカーボン10号を使ったら、道糸のどこかで切れることになりますよね。最悪、その日は釣りが出来なくなります。

でもリーダーの方が弱ければ、そこで切れてくれるので、道糸は助かります。もちろんルアーは失いますが・・・

実際の釣り現場では計算通りにはならない

ただ、実際にはリーダー(ショックリーダー)を太くする場合もあります。

根魚(ロックフィッシュ)を釣る場合、かかったとき岩に隠れられると、ラインが傷つき切られる確率が高くなるので、太めのラインを使います。

また、PEとフロロカーボンの糸同士を結ぶと、どうしても結束部分の強度は糸よりも低下するので、そこで切れる場合が多いからです。まあ、つないだところで切れるのが理想的。

だから、実際に釣りをする場合、リーダーを表の数値より、1ランク大きい号数にする場合もあります。

売られているラインの値が異なる

「あれ、数字が違う」。

困った女性

フロロカーボンのlb(ポンド)は、メーカによって同じ号数でも若干、表記・数字が異なります。

規格が統一されていないためです。

例えばフロロカーボン7号は25lb程度ですが、28lbの表記が書かれています。だから、だいたいの目安です。

例 )
ガン玉の3Bくらいの重りで、カニをエサにチヌを釣る場合のリーダーの目安はこちら。

  • PE 0.6号 リーダー(フロロカーボン2号)
  • PE 0.8号 リーダー(フロロカーボン3号)

ちなみにPEを、リーダーで使うことはありません。

ラインとリーダーの結び方(FGノット)

これで決まり!

初心者の方は、ラインとリーダーの結び方でつなぎます。

ここでは結び方の定番・基本系ともいうべきFGノットで、かなり接続強度の高い方法の動画と、FGノットよりも簡易的なものの2種類を紹介します。

いずれの方法も超大物でなければ、まず糸が抜けることはありません。

抜けるとき

もし簡単にすっぽ抜ける時は、結び方が動画通りになっていないので、再度よく見直して練習してください。

様々な結び方がありますが、基本系のFGノットという方法を1つ覚えておくとOK。慣れが必要なので、練習あるのみ。

釣り動画を配信している『井嶋あきら Akira Ijima』さんが独特の語り口調で分かりやすく、動画で解説されています。

ユニーク 100均の釣り道具を使った釣りは興味深い。ほぼ毎日更新。

最初はたこ糸など太めの糸で、実際に動画を止めながら練習しましょう。映像をただ見ているだけだと、さっぱり覚えられませんから。⇒ これ、私のことです^^;

 基本型・強度が高い

なおFGノットをアレンジしたやり方や、その他にも多くのつなぎ方がありますが1つ覚えて、不具合がでたときに、新しいやり方を覚えれば十分です。

私はたくさん覚えようとして、結局、どれもできなかったので1つに絞って練習しました。


    簡単バーション

お子さんとの、ほのぼのとした釣り動画を配信されている『ぱぱえもん』さんのやり方を紹介します。

参考 ファミリーで楽しめる釣り情報が満載。『捕まえたベイトを餌にしたら何が釣れるか試してみた❕❕ 』など、ぜひ真似してみたい動画は必見!

さて、FGノットではなく、『簡単最速10ノット!10回巻き!10秒結び!初心者の方でもすぐ出来るリーダーとPEラインの結び方♪』を紹介します。

笑顔

この方法は、『ぱぱえもん』さんのオリジナルな結び方になっていて真似しやすい。10秒で結ぶには、熟練しないと無理かもしれませんが、かなりの速さでつなげられます。

まとめ

釣りの現場でいきなり練習しないで結ぶのは難しいので、家で練習して結んでおきましょう。

また真冬になると、慣れていないと手が冷たくて思う様に結べないので、慣れていないと難しい。

たまにしか釣りをしないので、すぐにつなぎ方を忘れてしまうので、そのたびにこれらの動画を参考に練習しています。

こちらの【糸ガイド】も読まれています。

TOP>>初心者の釣りガイド入門【釣り具選び方・エサ・コツなど】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする