プロモーション

本サイトはプロモーションが含まれています。

異変?ブルーベリーが真冬の12月に狂い咲き!

真冬の12月にブルーベリーが咲き始めました。下記の写真はしかも、夏に挿し木した小苗なのに開花。

12月に花

そもそも冬に花が咲くのは異例。

「この時期に開花しても、ミツバチなどがいないので受粉しないので意味がない」という声もありますが、風などによって受粉自体は可能です。それどころか結実もします。

ただ、こんな疑問がでてきます。

  • 実が大きくなるのか?
  • 木に負担はかからないのか?
  • そもそも美味しいのか?
スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)レスポンシブ

ブルーベリーが真冬に開花

ブルーベリーは、二季咲き性の性質がある品種もあると言われています。

ニュースなどで、秋に季節外れの桜の開花を見た方も多いのではないでしょうか?

秋に寒くなってきてからまた温かくなると、ブルーベリーはこの二季咲き性の性質がでてくると考えられます。とくに昨今の異常気象で、真冬でも落葉するはずのブルーベリーの葉が落ちないことも。

しかし春に咲くはずの花が、真冬に咲くのはあまり良いことではありません。

木への負担

木への負担はあると考えられます。植物が花を咲かせるのには、栄養を使い体力が低下します。

ただし数えるほどの少ない花であれば、それほど気にされなくても問題ないと思います。問題は木全体で開花した場合。春に咲く花がないので、その年は収穫はできません。

最新技術とアイデア

実は、商業的には1年に2度結実させる方法はすでに確立されています。

春と秋に開花、結実させる方法です。

参考 〔2021年12月3日リリース〕東京農工大学植物工場の成果が社会実装される!日本初の果樹工場からブルーベリー果実の出荷が始まる! | 2021年度 プレスリリース一覧 | プレスリリース | 広報・社会連携 | 大学案内 | 国立大学法人 東京農工大学

一般的にブルーベリーを二季咲きせるとダメなのは、秋になると葉の光合成の能力が急激に低下するから。そこで夏に結実させたあと、環境を変えて葉を落葉させ秋にまた新芽をださせて開花、結実させることができるそうです。そのようにすれば、木への負担を最小限にして結実させられるようです。

アイデア

我が家では物干し部屋があるので、ブルーベリーが鉢植えならそこに移動させれば、真冬でも晴れの日は20度を超えるので、実は大きくできると思います。

また葉もついているので、もしかすると光合成もしてくれる可能性も。イチゴのハウス栽培みたいな感じですね。さすがに朝方は0度近くまで下がってしまいます。

平均気温も低いので、実が美味しくなるかどうかは微妙なところ。それより季節外れに実をつけて、木にはかなりの負担があると推測できます。

個人的には、真冬に実は付けずシーズンになってから結実させるのが良いとは思います。とはいえ今はイチゴとレモンの鉢植え、みかんの鉢植えがありスペース的に厳しい。

ブルーベリーが真冬の12月に狂い咲き

ブルーベリーが真冬に花を咲かせるのは、狂い咲きとは言われますが、実はそれほど珍しいことではありません。

イチジクやブルーベリー栽培で有名なYouTube『吉瀬園芸』さんが、【ブルーベリー】冬の開花はどうしてますか?質問に答えてみましたという動画で、真冬に花が咲くのは珍しくないと語られています。

【ブルーベリー】冬の開花はどうしてますか?質問に答えてみました

ブルーベリーは、季節外れでも花が咲きやすい品種なのかもしれないです。1年に2回、結実させられる技術もそういう特性を活用しやすかったのかも。

気温によっては12月でも1月でも花を咲かせます。我が家のブルーベリー、12月に開花した木もありますし、1月に開花した木もあります。

ブルーベリーではありませんが、真冬に開花する樹木もあります。摘花するかは判断の分かれるところですが、私の場合は大半は摘花しますが、季節外れの花もたまには楽しみます。

The following two tabs change content below.
釣りやほったらかしのレモン栽培などをきっかけにブログで発信。40坪ほどの畑を借りて100種類ほどの野菜を栽培していた経験も。
このブログが消えかかっています。・

ご縁に感謝
土下座
お気に入り・ブックマークで、たまに訪問して頂ければとても嬉しいです。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)レスポンシブ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)レスポンシブ