町内会に入らないとゴミは捨てられない?法律と現実の闇

町内会の役員は色々、面倒そう。

言われてからやると気分が悪いので、自分から手を先に挙げて楽そうな書記に立候補しました(汗)

地域にいると、他にもやることがありますね。ゴミ捨ての場所の掃除もその1つ。

でも「忙しくて、そんなことやってられない!」だから、町内会には入りたくない。そんな方も増えているとか。

そこで法律と現実の問題についてまとめました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

法律では捨てられるが・・・

町内会のゴミ捨ての問題で、訴訟まで起こして最高裁までいったケースがあります。

結果的にゴミは捨てられる。

町内会に強制的に加入させることはできません。ここまでは法律では勝てるでしょう。

ちなみに、町内会を訴えると、その訴訟費用はどこの誰が負担するのか、考えたことがあります?

裁判費用は、町内会費とその積み立てでまかなわれることになります。もし不足すれば、臨時に徴収されることになります。

払う方は、かなり気分が悪いですね。。。

ゴミ捨て場の所有者

問題はゴミ捨ての場所を誰が所有・管理しているか?

もし市の土地であれば、あなたも利用して捨てることができます。

ただし鳥除けなどの対策で、柵(さく)などが設置されていて、その管理が町内会でやっていれば、使用できない可能性があります。

ゴミステーション

ゴミ捨ての土地の所有者や、管理がどう行われているのかも、詳しく確認しないとトラブルになります。

町内会の人は使われると気分が悪いでしょうね。

「あの人、町内会費を払うの拒否したらしいよ」という評判は数日で知れ渡ることでしょう。情報網は早い。回覧板で情報が回されているかも。

一戸建てで玄関先に置いておけないか?

ゴミ捨て場

こんなケースは、市役所にお願いしてゴミ収集車に来てもらう必要があります。ただしあなた1人だけの場合は、おそらく許可されません。時間(コスト)がその分だけかかるからです。

それを認めてしまうと、市民全員が家の前に捨てさせろ!となります。

許可を取るのも面倒で難しそうです。

義務と権利

義務を果たさないと権利も行使できない。← この言葉、キツイですが常識です。

当然ですが、やることをやらないと、サービスは受けられません。レストランに行って食事をしたのに、お金を払わないと・・・・。

もし市の土地だったとしても、ゴミ場所の管理(清掃なども含む)を町内会で持ち回りでやっていると、何も義務を果たさないと、使うのを止めるように言われるでしょう。

ゴミを捨てる権利を行使したければ、義務も果たさなくてもなりません。

「私は税金を1億払っているけど」なんて方だったとしても、どれだけ税金を支払っていても、町内会には関係ないからです。

町内の街灯の電気代や電灯を町内会が支払っている場合もあります。

町内の狭い道路の舗装等で、役割を担っていると、それを使うな!と嫌味に言われるかもしれませんね。

もっとも町内会費は支払っていないけれど、盆踊りやイベントに毎回、10万くらいの差し入れをする太っ腹な方なら、地域の人も何も言わないかもしれませんが・・・

災害時に困る

近年、町内会で災害時に備えて物資を備蓄しているところが増加してきました。

宮城県気仙沼の地震被害

ところが町内会に入らず費用も負担していないと、地震や津波、洪水など天変地異の時に、あなたや家族だけ、そのサービスが受けられません。

困ったときだけ「助けてくれ」と言っても、無視されて当然です。

アリとキリギリスではありませんが、やはり義務と権利はセットです。

自分は絶対に災害時には助けは必要無いという方は、町内会に参加しなくても良いと思います。私は町内会は地域を守る、保険のような役割もしてくれているものだと思っています。

もしも地震で家が倒壊したときに、もちろん救助はしてくれるでしょうけど、気持ちよく救出されたいですからね。

闇の部分

裁判で勝っても、その地域では村八分は確定でしょう。

「あいつは、金を出したくないから参加しない。嫌な奴だ」というレッテルを貼られてしまうかも。

これじゃ、勝って嬉しくない。

お子さんがいたら、それが原因で「○○ちゃんと一緒に遊んじゃだめよ」なんて言われ、イジメの対象になる恐れもでてきます。

面倒だと思うか、役立ちたいと思うか社会での役割

結局、あなたが面倒だと思うか、社会のお役に立ちたい、自分にできることで役割を果たしたい。

その想いや助け合いの精神があるかどうかだと考えます。

とはいえ、私も仕事が遅く23時頃に、ゴミ置き場の掃除をしたこともあります。夜が遅いと怖いですから嫌でした。

地震

私も積極的かと言われれば、そこまでとは言えません。でもあの大震災を見てから、やっぱり地域は大切だと実感しました。

難しいことはできませんが、自分にできる範囲で関わり合っていってます。

町内会費が払えないほど困窮している

これで決まり!

もし町内会費が何かの事情で高い地域にお住まいで、財政的に苦しい場合には、町内の責任者の方に、その旨を相談して分割で対応できないか持ちかけてみてはいかがですか?

生活保護を受けていて、周りに知られたくない方もいらっしゃると思います。その場合には役所の方にも、町内会費が高くて支払いできない。どうすればいいか、相談してみてはいかがでしょう。

それぞれの立場もあると思うので、1人で悩まず相談して助けてもらいましょう。

まとめ

ネット上では、強気に「町内会と戦え」みたいに書かれている方もいますが、対決して得なことは一つもありません。

困った女性

むしろ後から後悔しか残りません。

その地域に住めなくなり、高い引越費用を支払うことにでもなれば、「町内会費を黙って払った方がよっぽど安上がりだった。トホホ・・・」なんてことに。

ぜひ、強い態度で出る前に、一呼吸して落ち着いて熟慮しましょう。迷ったら相談。これが一番。

ちなみに我が家では、町内会の役割は私1人が背負うのではなく、家族で分担しています。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする