家計簿アプリを使うと、反対にお金が貯まらない

お金が貯まらない

「お金なんて、貯められない」

当たり前ですよ。そんなの常識。

だいたい家計簿アプリを使っている時点で、お金なんて貯める気がないんですよ。

「三日坊主になるからって言うんでしょう?」

そういう意味じゃないんですよ。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)

家計簿アプリで何をするの?

「家計簿アプリを使ってるの、すごいでしょう?」なんて言ってる場合じゃない。

昔から家計簿もあるし、パソコン用のソフトもあったけど、それでお金が貯まったなんて聞いいたことがない。

その理由は・・・

家計簿アプリで清書してちゃダメ

ちまちまレシートを切ったり貼ったり、書き写したり。

スマホで管理している人だって、家計簿アプリでレシートを読み取って、小綺麗に清書しているだけ。

昔の私を思い出します。

電気、ガス、水道代。交際費、通信費・・・・細かく記録していったので、何にどれくらい使ったのは、すぐに把握できました。

ところが、お金はぜんぜんたまらない。

そりゃそうです。単純に写しているだけ。

お金を貯めようよ思ったら、やるべきことが違う。

スポンサーリンク

支出を削らないとお金は貯まらない

様々な支出の項目は、家計簿アプリでハッキリします。

「わあ~食費にかなり使っているんだ」と分かってもお金は貯まりません。

必要なのは、支出を減らすこと。コストカット。

「今月も余裕が全くありません」という人に限って、支出を全く減らそうとしていない。

「なぜ!?」

「私はちゃんと節約してるわよ~」」

「ホントですか?スマホ代っていくらい払ってますか?」

「7000円だけど。それが何か?」

まだスマホがなく携帯電話と呼ばれていた時代。

通話が中心の時代は、例えばソフトバンクモバイルは、家族間が無料というホワイトプラン登場させ、だいたい通信費は1人当たり3000くらいで収まっていました。

ところがスマホになって、7000円くらいに。4人家族なら、通信費だけで3万円近くに。そんな数値を家計アプリに入力しているだけなら、なんの意味もありませんよね?

収入が増えづらくなってるのに、出費が増えてしまう。それじゃお金は貯まりません。

格安スマホに変えて、動画はWifiのあるところしか使わないように工夫したら、1人1ヶ月で2000円に抑えられる。

家でもWifiが基本ですよ。

ただし家も光通信の契約が必要です。ケーブルテレビやスフとバンクなどとのセットにすれば、光の料金も月額5000円か、それ以下に抑えられ通信費も割引が受けられてお徳。

削れるものは、すぐにカットして支出を減らしましょう!

支出の再チェック

一般論になりますが、これらを見直しましょう。

  • 旦那や子供。自分のお小遣い。
  • 食費(お米・おかず・菓子パン・お菓子・牛乳・ジュース・酒類など)
  • 外食(食費とは別に管理する)
  • 通信費(携帯・固定電話・光通信など)
  • 服・靴
  • レジャー(映画・レンタル・書籍・飲み会・旅行・その他)
  • 交通費(定期・ガソリン代など)
  • 美容費(美容院・化粧品・シャンプー・石けんなど)
  • 日用品や雑貨(トイレットペーパー、テッシュ・文房具など)
  • 家電やパソコン、自動車など(何年かでやってくる、定期的な出費)
  • 教育費(塾代や学校での出費)
  • ペット(食費や保険・医療費など)
  • 保険(生命・地震・自動車など)
  • 税金(節税できないか?)
  • 家賃

赤字が続くなら

既に危険領域で破産寸前だったら、相当な反発が予想されますが、支出カットを思い切っておこないます。

まず家族に、いまの現状を訴えます。このままでは支払いができなくなり、食事も食べられなくなること。電気や水道、ガスなども止められることを、真剣に伝えます。

その上で、私だったら、これらをカットします。

  • お小遣いは最小限度。高校生くらいの子供でも月額2000円。もしそれ以上を要求するなら、スマホはなし。(もちろん格安スマホに契約するのが大前提)
  • 外食はなし。
  • お米は、一番安いものを買います。

靴がボロボロ

  • 靴は、靴底がとれても接着剤で修理します。
  • 服は、いままでのものを使い回し。けっこう古くて着ていないものがあるので、それを着ればローテーションできます。黄ばんでいても漂白すれば、かなり白くなりますよ。

読む

  • 書籍や雑誌などは、できるだけ図書館で読む。人気の新刊なども図書館に要望を出せば、買ってもらえることも。ブックオフなども活用して出費をゼロにします。
  • トイレットペーパーは、我が家では2枚のものを使います。これだけは1枚タイプは許せないので。もちろん安いときに買いだめします。
    勉強できない
  • 塾はなし。自力でやってもらう。

    ただし無料体験は、積極的に参加させます。夏や直前などの短期のものは、余裕があれば受けさせると、成績アップや合格に近づくこともあるので否定しません。

ペット

  • ペットをもし飼っていれば、食費は安いものにします。人間の生存が一番大事。もし私たちが倒れたら、ペットは・・・
  • 保険は見直しますが、我が家は辞めてはいません。(生命・地震・自動車など)

宮城県気仙沼の地震被害

  • 日本は地震が多いので、持ち家の場合には、加入した方が良いと思います。ほぼ確実に地震で家がダメージを受けると私は考えています。

    さすがに家計が破綻しそうなら、取りあえず辞めると思いますが。

  • 家賃が高ければ、安いところに引っ越しも検討すべきです。

  • 地方だと自動車は必需品。でも自転車や徒歩で何とかなるなら、その方がベスト。どんなに古くても自動車は査定してもらうと、それなりにお金になります。

    最低限、廃車費用くらいは出るでしょう。

    車に乗る場合でも、できるだけ修理して乗ります。エンジン自体は、30万キロくらいまでは乗れます。

    私の車はもうすぐ17万キロ。電気系統や消耗品(ベルト、エアコン)などは、故障していきますが、新車を購入するより修理する方が、ずいぶんと安いですよ。まだ乗れます。

    さすがに頻繁にオイルが漏れたりするようなら、そこで考えますが・・・

スポンサーリンク

まとめ

家計簿アプリを使い始めると、それに酔ってしまい肝心なことを忘れてしまいます。

お金と電卓

大切なのは・・・

家計が危険なら、大胆に出費を抑えること。

まだ何とかなりそうなら、少しずつ支出を見直します。家族もそれなら、反発も少なく協力してくれます。

ただし・・・あまりギリギリに節約していると、反動で、浪費家になってしまうこともあるので、たまには自分や家族へもご褒美もお忘れなく。

ようはバランスが大切です。

ということで、今月もガツーンと出費を締めていきましょう!

【関連記事】

関連コンテンツ ユニット

スポンサーリンクと関連記事


スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)
336 x 280 レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする