コーヒー豆の選びに迷ったら2つのポイントをチェックするだけで!

はじめてコーヒー豆を買うために、専門店を訪れたとき、あまりの種類の多さに驚きました。

コーヒー豆の種類

イメージです。実際にはこれの倍以上はありました。

さすがに何十種類もあると、その場で「どれになさいますか?」と聞かれて即答するのは難しい。

予備知識がないと、店員さんも困ってしまいます。そこでこれだけは知っておくと、コーヒー豆を選ぶのに困らない情報をまとめました。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)

コーヒー選びのポイントはたった2つ

コーヒー豆

実はお店で行ったとき、ちょうどお客さんがいないタイミングだったので、すぐに質問しました。

「コーヒー豆を探しているのですが、初めてどれを選べば良いのか分からないので」と尋ねました。

すると商品の1つを例に、分かりやすく教えていただけました。

酸味と苦みでコーヒー豆を選ぶ

コーヒー豆は、酸味と苦みで選ぶのがポイント。

もともとコーヒー豆は、ほとんと味も香りもありますが、焙煎(ロースト)という工程を行うと、酸味や苦みがでてきます。

それらをグラフにすると、こんなイメージ。

珈琲の苦みと酸味

原産地などで選んでも、私のような素人には判別は困難。それに産地でも農園によって味が変わるというから難しい。

そこで味の差が大きくでるのは「豆の酸味と苦みなので、それで選ぶのがいいですよ」とアドバイスを頂きました。

その酸味と苦みは、焙煎度合いによって変わり8種類に分類されていて、ぞれぞれ呼ばれ方が異なります。

焙煎が浅い順番に並べました。

  1. ライトロースト 酸味が強く、苦みが弱い。
  2. シナモンロースト
  3. ミディアムロースト
  4. ハイロースト 酸味も苦みもほどほど
  5. シティロースト 酸味も苦みもほどほど、いわば中間的。
  6. フルシティロースト
  7. フレンチロースト
  8. イタリアンロースト 酸味が弱く、苦みが強い。

おそらく私のような素人の人が同じように、たくさんある豆の前で迷っているのでが予想できました。

それで豆1つ1つに、分かりやすく☆★で印が付けられているので、全ての豆の酸味と苦みが一目で分かるようになっていました。

まずは酸味と苦みを基準に選ぶのが、間違いなさそうです。

スポンサーリンク

酸味と苦みのバランス

お店には家族3人で行って、結局3つの豆を購入しましたが、いずれもハイローストとシティーローストの豆を購入。

酸味と苦みのバランスで選ぶ

私は酸味が強いのも、苦みが強いのも好みではないので、甘い香りが特徴で、苦みと酸味のバランスのよい豆を剪定しました。

家族2人も銘柄は異なりましたが、同じタイプを選びました。さすが家族・・・

もし、自分の好みがイマイチ分からなければ、

  • ライトロースト
  • ハイ、またはシティロースト 最初のオススメ
  • イタリアンロースト

これら3つを買ってみて、試してみることをおすすめします。

ちなみに豆の色が薄いものは、ライトより、色が濃いチョコレートのように黒い豆は、イタリアンローストよりの豆なので、色でもある程度の傾向は分かります。

銘柄、産地よりお店のデータを参考に

焙煎で酸味や苦みが変わるのですが、銘柄(産地)、農園によっても変わるので、素人には判断が難しい。

もし仮に有名なところを選んでも、焙煎が変わると判別は難しそう。

テレビの格付けチェックのように、目隠しされて香りと味だけで分類せよと言われても、私は正しく分ける自信はありません。

コーヒー豆の種類

そこで良心的なお店では、必ず酸味と苦みが分かりやすく表記されています。

例えばこんな感じ。

酸味 ★★★☆☆

苦み ★★★★☆

コクや香りなども表記されているところもあります。

ちなみに産地などを混ぜてブレンドされていたり、有機、無農薬などによっても分類されているので、その辺りは自分が求めるコーヒー豆を選んでください。

コーヒー豆の量り売り

購入する基準は、200gが1つの基準になっていますが、高価なコーヒー豆は100g単位で販売されていることもしばしば。

200gで600~1300円くらいまで、価格にバラツキがあります。

それと最近では、カフェインレス用の豆もあるので、いろいろチェックして楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

コーヒー豆の保管方法&まとめ

私は取りあえず酸味と苦みは、中間的なコーヒー豆を選びました。最近はいろいろ試すようになってきましたが・・・

コーヒー豆

ちなみにコーヒー豆の保管は、豆からガスがでるので、真空パックはダメ。

1ヶ月で飲みきれないのであれば、上記の写真のようにパックに入れて、冷凍保存がおすすめ。

開封したまま、常温においていると豆が酸化して味が劣化すると言われています。我が家では、3パックは冷凍庫にいつも入っています。ちょっと場所とるけど・・・

それとちょっと甘い香りが特徴の、ベトナムコーヒーも買ってみたのですが、私好みの味で正解でした。

あ、そうそう。コーヒー豆のお店の横でカフェを開いていて、いくつかのコーヒーが飲めるところがあるので、有料試飲みたいな感じで試してみて、同じコーヒー豆を買えるところもあります。

【関連記事】

コーヒーメーカー

関連コンテンツ ユニット

スポンサーリンクと関連記事


スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)
336 x 280 レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする