うなぎ釣りの仕掛けや針の大きさ・エサはこれを読めば分かる!

川にいるウナギ

この記事では、うなぎ釣りの仕掛け(針の種類やサイズ、ハリス、道糸の太さ)、エサなどについてまとめています。

地域や人によって釣り方が異なります。ここでは、リールを使った釣り方の仕掛けを紹介していますが、ペットボトルを使った釣りも、仕掛けの基本は同じなので参考にしてください。

この記事を読めば、今からでも釣行に出かけられるように心がけました。針などは購入してくださいね。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)

うなぎ釣りの仕掛け

まずは、うなぎ釣りの仕掛けをイラストで紹介します。

小さなうなぎが釣れにくいように、針は大きめにしています。

  • 針の種類とサイズ:うなぎ針 14号
  • ハリスの号数:3~4号 50~60cm(30~45cmでも釣れます)。
  • 道糸の太さ:3~6号以上
  • 中通しオモリ 6~12号 潮や川に流されない重さ。
  • エサ:ドバミミズ

こちらは私が好んで使っている仕掛け。

うなぎ釣りの仕掛け

下記は、少し簡易的な仕掛け。

ウナギに飲まれにくい仕掛け

。ハリス 50~60cmですが、30~45cm(市販の針を使う場合)でも釣れます。ハリスは3~4号とイラストには記載していますが、5号でもOK。

中通しオモリを、ナス型オモリに変更しています。

またウナギ針14号を管付(カン付)伊勢尼13号または、丸セイゴ13~14号にしていますが、これは針を飲み込まれにくいように

自分で針を結べるなら、管付でなくてOK。ハリスは5号でもOK。

参考 お得なウナギ釣りの針

竿を使わないうなぎ釣りの方法

うなぎ釣りの仕掛けは、様々な地域でたくさんの人がそれぞれ考えられています。

釣り場が小川のような場合には、竿を使わずペットボトルや竹を使って、主に手釣りで狙うことも。

この場合、たくさん仕掛けられるので、釣れる確率が上がります。釣れるポイントを知っている場合に有効な方法です。

あまり難しく考えなくても、うなぎさえ生息していれば食い気さえあれば釣れます。

ジェット天秤でちょい投げも釣れる。

ジェット天秤

キス釣りで使うジェット天秤に、ウナギ針や管付伊勢尼を使ってもOKですよ。

スポンサーリンク

うなぎのエサ

一般的にはドバミミズが安く手に入るので、エサとして多く使われています。

  • 手長エビ(活餌)
  • スーパーで売っている、新鮮な鮎の切り身
  • 稚鮎(鮮度が落ちていない新鮮なものであれば、冷凍していても釣れます)。
  • シャコ(活餌)
  • どじょう(活餌)

手長エビやシャコ、どじょうは、釣具屋さんで買うか自分で捕まえます。

活餌であれば、小魚を使っても釣れます。極端な話し金魚や小さなハヤなどでも、泳がせ釣りでうなぎが食いついてきます。

できるだけ鮮度の良い生きたエサが良く釣れます。

河口付近であれば、青イソメも食べ慣れているので釣れます。

ちなみにうなぎは夜行性のため、夕まづめから釣りを開始するのがオススメ。日中はほぼ釣れません。

ただし前日に降った雨で水が濁っている場合には、日中でも釣れることもありますが、始めての方は夕方からの釣行が確率が上がります。

うなぎは絶滅危惧種だけど釣りして良いの?

最近、うなぎは絶滅危惧種として、釣りを敬遠される方もいらっしゃると思います。

こちらでも書いたのですが(ウナギ釣りはダメ?資源量と生息地から考えてみた)、釣り人が釣る漁獲量はわずかな数だと考えられます。

そういう方は知識としては知っておいて、またたくさん増えたら釣りをされると良いと思います。

ということで、このブログの管理人の私もうなぎ釣りからは遠ざかり、キスやマゴチ、サゴシなどの海釣りをメインにやっています。

釣る場合は、小さなうなぎはリリース

またうなぎを釣っても、60cm以下はリリースするという基準を作って、ごくわずかな数だけを持って帰るという方も。

私の場合、小さなものはさばくのも手間がかかり、蒲焼きにするのにも食べるところが少ないので逃がします。

ここではその辺りについては、個人のモラルや考え方に委ねます。

関連コンテンツ ユニット

スポンサーリンクと関連記事


スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)
336 x 280 レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする