前日に験を担ぐ受験生の食べ物にカツはダメ?揚げ物とメニューにひと工夫

カツ丼

受験生が試験の前日に、験を担ぐ(げんをかつぐ)意味で食事にカツやカツ丼を食べる人も多い。

我が家でも、祖母が孫のためにカツを前日の夕食に出していました。

しかし最近は、胃がもたれるからという理由から食べないという方もいます。

では、メニューの一品に出してはダメなのでしょうか?

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)

カツがNGではなく食事の量の問題

受験の前日に、いつも口にしている物であれば、基本的には何を食べても問題ありません。

見た事もない怪しい果物や、初めての調理法で料理をしない限り、お子さんへの影響はないと断言できます。

もし不都合があれば、普段から何かお腹を壊すなどの症状がでているでしょうから。

験を担いで食べる量

まあ、昔の人は、あれも食べろ、これも食べろと妊婦さんに食べさせた結果、10kgも太ったというご家庭もあるようです。

そんな家なら、受験生にもカツ丼やトンカツ、チキンカツなどを、ドーンと出しそうです。

腹痛や下痢

しかし受験生は、試験前日はストレスもあり食欲が低下しがち。そんなとき、揚げ物をたくさん食べると、胃がもたれるどころか消化不良を起こして、翌朝、下痢で苦しむなんてことも。

これでは集中して問題も解けません。

そこで大事になるのは、前日にカツを食べるなら量を少し控えめにしましょう。

カツを揚げたら、しっかりとキッチンペーパーで油を吸収させてからにしましょう。一度、揚げたカツをもう一度、オーブンで加熱して油を落とす一手間も効果があります。

油を適度に落とせば、胃への負担も減り栄養も摂れ一石二鳥。量さえほどほどにすれば、前日に験を担いでカツもOK。

スポンサーリンク

験担ぎの例

合格

受験前に爪を切らないというのもあります。

科学的な根拠はありませんが、深爪をすると文字を書きづらくなると考えられます。

爪を切りそろえるなら、冬場は爪が硬くて、切ると裂けたり割れたりすることがあるので、お風呂に入って爪が柔らかくなった時に切りましょう。ヤスリで削るのが安心です。

また明るいところで切るようにしてください。暗いところで、傷をつけてしまうのを避けられます。

笑顔で指さし これ

朝茶は福が増す』と言われています。朝にお茶を飲むと縁起が良いとされるので、受験の朝に飲むのも良さそうです。

また体も温まり、緑茶に含まれるカフェインは覚醒作用があるとされ、脳を覚醒さえ集中力が高まると言われています。

注意したいのは、いくら良いとされているものでも、冬は飲み過ぎるとトイレが近くなるので1杯にした方が良いでしょう。

まとめ

「験を担ぐのは非科学的だ」という方がいらっしゃいますが、やっぱり私はこだわりますね。

一生懸命に努力してきた子供の集大成の日くらい、縁起良く送り出して上げたいと思います。

また験を担ぐだけでも、親も多少のストレス解消にもつながります。こちらが緊張していると、子供にもそれが伝染しますので避けたい。だから効果あり。

ということで、食事だけではなく何でもほどほどにするのは、有効だと実感。

【関連記事】

関連コンテンツ ユニット

スポンサーリンクと関連記事


スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)
336 x 280 レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする