【ミニトマト】発芽の日数と水耕栽培に適した季節は夏以外!

ミニトマトを水耕栽培するのに、種から育ててみました。

ミニトマトの種

ちなみに露地栽培は春に植えるのが最適とされていますが、水耕栽培はちょっと違います。

「え?4月じゃないの?」

それが違うんですよ。庭や畑で植えるのとは違う、2つの理由があります。それについて下記にまとめたので、良かったら参考にしてくださいね。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)

ミニトマトの発芽の日数と栽培する季節

2種類の品種を、テッシュペーパーの上に蒔いて、霧吹きで水やり。

その後、乾燥しないようにフタをして温かい場所で暗くして放置。

日中の室温が25度前後で、わずか2日で根が出てきました。

温度が下がると、発芽までには時間がかかりますが、部屋であれば温度の調整も楽なので、畑で蒔くより早く芽がでてきます。

ミニトマトを種まきする時期

室内の水耕栽培を前提にすれば、おすすめはお盆過ぎに種まきがベスト。

最初にもお伝えしましたが、畑や庭で植えるときは種まきは4月の桜が咲く頃が一般的。

ところが室内で水耕栽培をするなら、種まきは8月お盆過ぎから、翌年の5月くらいまで。

ミニトマトの種まき時期

地域差もありますが、室内栽培で真夏は成長が低下するので、お盆過ぎに種を蒔いて、翌年の春くらいまで栽培するのがベスト。

その理由は、太陽の位置。詳しくは下記にて。

参考 ミニトマトは秋栽培がベストな理由

私はあまり難しく考えずに、取りあえず種を蒔いちゃへってノリで植えています。5月の22日に種を蒔いたのですが、栽培自体はできます。

スポンサーリンク

夏は高温多湿でトマト栽培には向いていない

室内でも閉め切ると35度を超えるような所では、水耕栽培にはかなり厳しい環境です。

成長はほぼ止まり咲いた花は、実をほとんどつけず落ちてしまいます。強制的にトマトトーンというもので着果させても、形が変形したり味が落ちます。

参考 ミニトマトの花が落ちる!実がならないときの受粉の特効薬!

トマトは品種改良されていますが、原種は高原の涼しい気候で育っているので、その性質は残っているようです。

それに湿度が高く暑いと、疫病などの病気にもなりやすい。私たち人間も暑いと、体力を消耗して病気にかかりやすくなりますが、植物も同じようです。

それで私がおすすめしたかったのが、お盆を過ぎ。この時期になると少しずつ涼しくなるので、夏を少し外して秋の空気を感じ始めたら、ミニトマトの水耕栽培の季節。

室内に太陽光が射し込みやすくなるので、光合成も活発にしてくれるのでグングンと大きく育ち、たくさんの実をつけてくれるから。

撮影しきれなくて、カットしてつなげましたが、これ以外にもたくさん実をつけています。

秋に実ったミニトマト

ミニトマトを植えたいと思ったときが植え時

いろいろここまで紹介してきましたが、あなたが「ミニトマトの水耕栽培をやりたい!」と思ったときがもし6月だったとしても、8月まで待たずに種を植えてみれば良いですよ。

私が言っていることが100%正しいわけでなく、あくまでも自分の体験から書いているだけで、もしかすると、6月に植えたらもっと生育が良いかもわかりませんよ。

住んでいる地域によっては、夏場の湿度が低く生育にぴったりかもしれません。例えば北海道とか、高原にお住まいならここで書いた時期とはずれて当たり前です。

ぜひ、「いますぐやってみたい!」という気持を優先させてください。もし失敗したって、種はたくさんあるので、再チャレンジすれば良いだけですよ!

私は記事にしていないだけで、泣きたいくらの失敗をしてます。

ちなみに肥料はこれが良く育ちました。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)
336 x 280 レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする