レジナという背が低い品種のミニトマトは本当に小さかった!

レジナというミニトマトの品種を育てています。

これですでに成長した背丈です。

レジナ

以前から水耕栽培でミニトマトは育てていたのですが、伸びすぎて家族からは不評だったので、背の低い品種を植えてみることに。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)

背の低いレジナというミニトマトを植えた

すでにずいぶん前に、背の低いレジナという品種のミニトマトを植えていたことがあります。

ただ食べると、皮が少し口に残るのが気になって、それから避けていたのですが。品種改良されているかもしれませんし、当時は栽培方法が土だったので水耕栽培で再度、挑戦してみることに。

今回は5月ということもあり、苗を購入。

挿し芽で増やす作戦は?

本当は4~5本は植えたかったのですが、取りあえず苗は1本だけ。

これをまた挿し芽にして、増やそうという作戦を考えたのですが、背丈が低いのでわき芽も少なく、うまくいくかは分かりません。

種から育てるのもありかな~と、いうことで結局、来年以降の事も考えて種を追加で購入しました。

どちらにしても、太陽の光が多く部屋に差し込む室内栽培は、夏より秋から春が旬なのでこれからでも十分に間に合います♪

おそらく来年の春先までは、収穫が続けられるのが室内水耕栽培の魅力です!

スポンサーリンク

鉢植えしてわき芽を育てる

買った苗を、そのまま水耕栽培にしようと考えていたのですが、まだ接ぎ木をテストしている苗があるので、それが終わってからでないと場所が足りません。

そこでまずは鉢植えして、わき芽を育てて良さそうな枝を挿し芽にして、水耕栽培に移行を計画中でしたが、意外と伸びが遅いのが分かり種苗法という法律(※注1)もあることから、種から育てることに。

この写真では分からないと思いますが、すでにわき芽が2カ所から伸び始めています。

レジナ

あと1週間くらいすると、小さいながらも挿し芽に出来そうなサイズに育つでしょう。

※結局、来年以降の事も考えて種を新たに購入しました。

わき芽を水耕栽培にする方法

ここからは一般的な、挿し芽のやり方について紹介します。

やり方は簡単。

スポンジに、わき芽を挿して水につけておくだけ。こんな感じです。

トマトの水耕栽培

ちなみにこのやり方で、ビオラやシソなんかも簡単に挿し芽で無限に増やせます。

これはビオラの挿し芽が終わって、植え替えしたところ。

ビオラの挿し芽の様子

詳細 ビオラを挿し芽で室内で増やし、ついに満開に!

これはシソを、ジャムの空き瓶に水を入れて差しただけ。

挿し芽したシソ1週間から10日もすれば、根が伸び始めます。すでに水耕栽培できる状態です!

雨の日が続くのであれば、庭や畑に植えても良いかもしれませんね。シソは種からだと時間がかかるので、挿し芽の方が早く育ちます。
根が出たシソ(挿し芽)

詳細 シソを水耕栽培で室内で秋でも無限に増やす方法!

こんな感じで、簡単にミニトマトも増やせます。ちなみに大きなトマトもやり方は同じ。種苗法に該当しない品種でやってくださいね。

また法律が改正されたら、それに従って楽しく育て下さい~

今後、生育状況をまたお伝えします♪

>> 水耕栽培で、こんなものを育てています。

※注1 種苗法で品種登録された植物は、挿し木や挿し芽、接ぎ木は禁止されています。

関連コンテンツ ユニット

スポンサーリンクと関連記事


スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)
336 x 280 レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする