突然枯れた!水耕栽培は根の酸素不足でミニトマトが窒息!

枯れたミニトマト

花が咲いて実が付き、「もうすぐ収穫できそう」収穫のイメージもでき始めたそんな頃。

帰宅後、「実が赤くなったかな」と期待していたら、ぐったりしおれていました。

ミニトマトは、今朝までは青々として元気でした。

突然、大切な誰かを失ったときのようなむなしさに襲われました。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)

生育が良いと根が容器を埋め尽くし酸素不足で枯れる

普通ならすぐには立ち直れそうにないのですが、原因が何かが気になり悲しみは後回しです。

畑であれば、立ち枯れ病などが疑われますが、水耕栽培はその可能性は低そうです。水耕栽培なので、そもそも根腐れは除外。

病気も考えましたが、わずか十数時間で枯れるとは考えにくい。しかし根が腐っているかもしれないと状態を確認しましたが、そこで1つの可能性が浮かんできました。

ミニトマトの根が窒息。

トマトの根

枯れるくらいになると、バケツにぎっしりと根が詰まっているはずです。

バケツは10L。一般家庭でミニトマトの水耕栽培をするなら、これくらいの容量があれば、十分に育てることができます。

しかしグリーンカーテンにしようと育て過ぎると、根もさらに水を吸い上げようとして、根をどんどん伸ばして気づけば、バケツ一面に根がぎっしりつまります。

これが根の窒息。

空間を増やす

本当は容器を大きくすると良いのですが、すでに動かせない状態になっていると思います。

そこで空間を作るために、あまり切りすぎると株が弱ってしまうので、根を少しカットします。

他の水耕栽培でも同じ対策ができます。こちらは青じその事例です。

参考 青じその根をカットした様子

これで少し窒息するまでの時間を稼ぎができます。真夏の暑い日は、そろそろ危険かも。そこですぐにあのアイテムを用意してください。

しかしこのやり方、カットした根の一部が液に残り腐る可能性があるので、根気良く取り除くのに意外と時間がかかります。

スポンサーリンク

エアーポンプで空気を送る

窒息するのを防ぐために、エアーポンプ(ぶくぶく)で空気を強制的に送り込みます。

空気を送っている様子

気温が高くなると水に含まれる空気が減るので、酸素を水に溶け込ませ呼吸をしやすくします。ただこれをすると元気がでて、根がまた増加しますので、いたちごっこ。

そこでエアーポンプで空気を送りこみつつ、水の量を減らして根に直接的に空気に触れさせます。水の量を7~8割くらいにおさえます。

参考 筆者使っている静かなエアーポンプ

こちらは根っこが白く、ハリもあり元気に成長を続けていますが、そろそろ容器に占める根の割合が多くなってきたので要注意。空気を送り込んでいます。

トマトの元気な根

ちなみに私はエアーポンプで育てていましたが、それでもダメでした。なんとエアーストーンにも根っこが絡みついて、空気の出が悪くなっていました。

定期的に、取り除いていたつもりだったのですが、それ以上に成長の方が早かったようです。

【予防方法】ハイポニカSarah+(サラプラス)で容器を大きくする

イチオシ

これが一番、良い方法。ただし予算が許せば・・・です(汗)

最初から根っこが十分に育つ大きさの容器にすること。10Lといわず35Lにすれば、かなり大きなミニトマトの樹勢でも育てられます。

室内栽培に限らず、ベランダや屋外ならさらに大きく育てられそうです。これだけ大きくなると、自宅では食べきれずご近所や友達に配るくらい収穫できそう。

スポンサーリンク

成長を止める

さすがにハイポニカSarah+(サラプラス)は、良いのは分かるけど予算が厳しいというのが本音ですよね。

そこでお金が一切かからない方法がこちら。

摘心

苗の下から数えて3つ目の花の上で、摘心(先の枝を切る)します。このようにすれば、小さな容器でも、根が成長し過ぎずに酸素不足でしおれたり、枯れたりするのを予防できます。

ちょっともったいないと、好き放題に伸ばすと後で後悔します。これは、少し大きくし過ぎ、せめて高さを半分くらいにすれば楽に管理できます。

トマトカーテン

室内で育てるなら、ほどほどで摘心して大きさを制限しましょう。やり過ぎなければ、まず枯れることはありません!

悪いことばかりでもありません。このミニトマトが成長を続ける限り、スーパーでトマトを買うことはないからです(笑)

しかも真夏は涼しい♪

まとめ

対策のまとめです。

  • 根を少し切る。
  • 水の水位を下げて、根に空気を触れされる面積を増やす。
  • エアーポンプ(ぶくぶく)を入れる。
  • 大きな容器にする。
  • 摘心する。

さすがにここまでやれば、根が詰まって窒息して枯れることは防げます。

鈴なりのミニトマトの栽培記録などが見られますよ~

参考 ミニトマトの栽培の目次

関連コンテンツ ユニット

スポンサーリンクと関連記事


スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)
336 x 280 レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする