【家庭菜園】農薬が効かない!耐性菌の発生を抑え病気を治すポイント

病気と虫

「自然が一番。だから農薬は使わない。」そんな決意で始めた家庭菜園。

ところが野菜は虫に食われてボロボロ。

現実は、週末しか菜園に行けないので、虫を手で取って駆除しても追いつかない。

しかも病気になればお手上げでした。そこで最小限の農薬を使うことを決意。ところが農薬が、ぜんぜん効かない。虫と病気との戦いが始まりました。

※下記にストチューの作り方や、手軽に使える物も紹介しています。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

農薬が効かない原因と対処法まとめ

人間の病気でも最近は、耐性菌が問題になっています。

耐性菌というのは、薬に負けない強い菌のこと。

ゴキブリなども薬剤に強いものが増えているとか。その原因は、細菌や虫の中に、ごく希に薬に強い個体がいます。

それが天敵のクモや鳥に食べられずに生き残って、子孫を増やしていくと農薬が効かなくなります。

虫も細菌も同じ原理です。

耐性菌を防ぐ方法

ポイント

耐性菌を増やさない方法は、ズバリ、同じ薬剤を使い続けないこと。

同じ薬ばかりを使っていると、どんどん同じ薬剤に強いものだけが増殖することになります。

それを防ぐには、別の成分が入った農薬を使うことです。農薬には必ず成分や種類が記載されています。次に購入するときは、別の種類のものを使います。

すでに複数の耐性菌が存在している場合、農薬の効果がない場合もあります。そんなときは、さらに別のものを使う必要があります。

また耐性菌がまだ報告されていない農薬もあるので、園芸店で入手して試してみましょう。

困った女性

どれが良いのか分からないのですが・・・

もし分からなければ、お店の人に今使っている農薬を教えて、「耐性菌ができたので別の薬を紹介して欲しい」と言えば、適切なものを紹介してくれます。

ホームセンターの店員さんで分からなければ、園芸店に行くことをおすすめします。さすがに専門家がいるので、そこでアドバイスしてもらえます。

ストチュウで虫を遠ざけ病気になりにくく育てる!

私はストチュという、できるだけ農薬を使わず、身近にある物を使って虫や病気から守るものです。

これで決まり!

作り方レシピ

  • 食用醸造酒(米酢)1ml(cc)
  • 醸造焼酎(乙類25°)1ml(cc)
  • 木酢 1ml(cc)
  • 水 1L (水は、アルカリイオン水もOK。磁石で水を撹拌しても良い)。

※注 飲用できません。お子さんなどが誤飲しないように保管には注意してください。

1つずつ集めるのが面倒だったり、余ったりするので、すでに調合されたものを使う方がお手軽です。

イチオシ

使用頻度:5日に1回、野菜に噴霧器でかけると効果的。

キュウリ、トマト、かぼちゃなど、一定の効果があります。1週間後に畑に行くと、キュウリの葉にツヤがでて、効果を実感できます。

また虫に関しても、嫌な臭いのものをスプレーすると、近づかないので葉物野菜が食われるのをある程度は防げます。

できれば細かな網を被せると、さらに効果的ですが中に虫が入ると全滅します(涙)

可能な限り無農薬で栽培したい方は、こちらを参考に。

その他、虫よけに、マリーゴールドを植えて臭い臭いで寄せつけない方法もあります。トマトの横にネギを植えたり。

井原豊さんの本は、園芸本としても分かりやすい。

まとめ

耐性菌も、複数の農薬を交互に使うことで防げます。

できるだけ農薬を使わない栽培をするなら、病気になりにくい栽培をすること。虫を寄せつけない。あるいは天敵を活かす工夫も大切になります。

草生栽培という、草もある程度は植える方法も効果があります。草があると、テントウムシや、適度にカマキリやクモなどもいるので、虫の卵や、虫そのものを食べてくれます。

【関連記事】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする