スーパーの「うなぎ」緑茶、他でふっくら美味しく食べるベスト3!

スーパーで買ってきたうなぎは、どうして硬くなっちゃうのなか。

お値段も高いので、少しでもふっくら美味しく食べたい♪

そこでいくつかの技をまとめました。スーパーの鰻の美味しい食べ方などもお伝えします。良かったら試してみてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

うなぎをふっくらさせるベスト3のやり方

ウナギ

スーパーで買ってきた小さめの硬いうなぎも柔らかくなる、驚きの方法を紹介します。

手軽にできるものから、少し手間はかかるけど、ふっくらの鰻が食べられます。

  • 手軽にスーパーのうなぎを美味しく食べる方法
  • あのニュースで得する人損する人で紹介されたある方法
  • うなぎを洗う裏技でふっくら

電子レンジで手軽にスーパーのうなぎを美味しく食べる方法

rank3

土用の丑の日は、たくさんスーパーにも並びますが、どうしても専門店の味がでません。

なかには固くてうなぎというよりも、ゴムを食べているような低品質のものもあります。そこで、手軽にふっくら焼く方法はないかと調べたら、見つかりました!

電子レンジ

電子レンジでチン

  1. 電子レンジで、加熱しても大丈夫なお皿に、買ってきた既に焼かれたうなぎを重ならないように並べます。

  2. たれとお酒(大さじ2~3くらい)を好みで均等にうなぎにかけて、ラップをかけて電子レンジでチンします。(1ぴきなら500Wで約30秒

  3. そのあとラップを外して約30秒ほど加熱をします。
  4. 皮をさらにカリッと仕上げたければ、オーブンを220度にセットして1~2分加熱。やりすぎると炭になるので、うなぎの状態を確認しながら焼いてくださいね。

上記の時間はあくまで目安。うなぎの厚みや中国産、国産によっても変わるので、つねにその場にいるようにしてください。

フライパンで焼くコツ

フライパンも同様にしてタレとお酒を掛けて、フライパンで表面がかりっとするくらい焼き上げます。このときにフタをするとふわっとします。

フライパンの厚みや種類、ガスと電気でも変わるので、こちらも目視しながら時間を調整してください。

緑茶でうなぎを煮る方法

rank2

テレビで紹介されたやり方で、いろんな方が再現されている方法です。電子レンジより手間がかかりますが、その分、美味しく仕上げられます。

TV:あのニュースで得する人損する人で紹介

緑茶でうなぎを煮る方法

うな重

  1. フライパンにスーパーで購入した鰻を並べます。
  2. ペットボトルの緑茶をフライパンに注ぎ、鰻が浸かるまで入れます。
  3. お茶がなくなるまで煮たら、やわらかな鰻が食べ頃になります。

お茶の臭いは残らず、美味しく頂けます。なお家のお茶で煮ると、苦くなることがあるので、ペットボトルの普通の茶葉のものを使うのがコツ

うなぎを洗う裏技

ランキング1位

この方法をベスト1に選定した理由は、これから紹介する水とお酒のところを、先ほどの緑茶で良い所取りで応用できるからです。

タレを落としてふっくら

うな丼

  1. 鰻をやわらかくするために、熱湯をかけます。(タレを落とします。)
  2. 一旦、水分を取ります。
  3. 食べやすいようにカットします。
  4. 皮を下にして、フライパンに並べます。
  5. 水と酒を1:1の割合で用意して、フライパンの鰻にかけます。
  6. フタをして、中火で沸騰したら、弱火にして煮ます。
    フタがなければアルミホイルでOK。
  7. 5分ほど煮たらOKです。
    途中でタレをかけると、より一層おいしくなります。
  8. ご飯とうなぎにタレをかければできあがり。

水とお酒の変わりにさきほどの緑茶を使ってもOKです。ここでのポイントは、タレを一度、落とすところですから。

うなぎのたれの作り方

うなぎを自宅で食べる場合、たれが足りずに物足りない場合があると思います。

そんなとき、わざわざ『たれ』だけ買いに行くのもめんどう。それなら作ってみましょう。ということで調べ始めたのですが…。

材料・レシピ

材料や組み合わせ方、分量は、様々な組みあわせがあります。甘めが良いのか、少し辛めが良いのか、各ご家庭の味に仕上げてください。

下記に2種類を紹介します。甘さ、辛さが異なります。分量を半分にして、両方のレシピを作ってみると良いかも。

その1

  • 濃口醤油   100cc  なければ普通のしょう油でも可
  • みりん      150cc
  • ざらめ        80g 砂糖でも可(砂糖の場合は100g)
  • 酒           50cc
その2

  • 濃口醤油   200cc
  • みりん      250cc
  • ざらめ       100g
  • 水あめ   50g 
  • 酒          100cc

作り方・手順

  1. 酒とみりんを沸騰させてアルコールを飛ばす。
  2. その後、全てを入れて弱火で煮ていく。
  3. 味が好みになったら火を止めて完成。

注意点:うなぎの骨や頭は生臭くなったり、焦げ臭くなるので入れない方が無難。

なお、焼いたうなぎは、はけで塗るのがポイント。プロみたいにたれにくくらせると、たれが腐りやすくなり保存もできません。

使う分だけ別容器に入れて、残った分は冷蔵庫に保管して、早めに使い切りましょう。

まとめ

こちらで紹介した3つのやり方で、硬いうなぎを、ふっくら、柔らかく仕上げることができました。

まさかスーパーのうなぎを、緑茶で煮るという発想は思い浮かびませんでした。

ただ、いつもいく鰻どんぶりには叶いません。専門店で食べるうなぎは、ふっくらだけではなく、タレが香ばしく、カリッとした歯触り。あの感触だけは、まだ自宅では再現できない。

こちらも読まれています。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする