ビジネスブログ一覧

企業が求める人材はどっち?二人の事例ので分かるあなたとのズレ!

企業側が偏差値の高い人を避けるケースもあるので、どんな人材を求めているのかを把握しないと、どんなに面接を頑張っても採用されない。 就職試験で問題になるのは、企業が必要としている人材像。多くの人は、大学の偏差値が左右すると考えています。しかし方向を間違って努力すると、全てがムダになります。リサーチ、重要です。

お金が無いから大学に行けない!だから勉強しないの?

「家にお金がないから大学に行けない・・・」 「どうして自分だけ、貧乏で進学できないんだ!世の中、間違っている!」 私の友人A子は子供の頃に、交通事故で父親を亡くして家が貧乏でした。裕福な家庭(両親がいる家)をみると、すごく悔しそうな顔をしていました。 そんなA子でしたが、あるときを境にがらっと考え方が変わりました。

レベルが違う!就職してパソコンを使えないと不利どころじゃない!

パソコンが使えないと就職に不利、という心配は意味が無い。企業が期待しているレベルに達していない人が大半。単純にワープロやエクセルが使えるのは、当たり前の能力。会社はそれ以上の人材を求めている。例えば自社の事務作業をパソコンで効率化するソフトが作れたり、提案できる。つまりプログラムができたり、それに準じたものを求め。

頭の回転が悪いから?仕事も勉強も結婚もできない説に反論したが・・・

頭の回転が遅いから、仕事も勉強も結婚もできない。収入の低いと言われることへ反論したら、大変なことを理解した。出世や昇進も出来ず、格差が広がり負け組決定。それをどう防ぐのか、改善点を考えてみたら、相当な覚悟が必要。それをしないとリストラ、職を失うどころか、仕事すらできなくなるかも。そんな恐ろしい未来を解決したい方へ。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)