おせち料理は手作りが安い?正月太り解消に最適な食事

お節料理

お正月はおせち料理が日本人にはかかせない。しかし価格も抑えたい。正月太りも気になるところ。そのあたりを詳しく解説しています。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

自宅でおせち料理を作る予算

おせち料理を作るのに、1つ1つの食材を個別に購入していくと、人気の定番おせちを作ると、食材費だけでもお節料理を作るのに1万円前後はかかる。自宅で作る場合は、食材は購入先によってかなり差があます。

たとえば、おせち料理には欠かせない数の子は、千円前後から3000円程度。

一方、料理を入れる重箱がもしなければ、新規で買い足すことになり、食材費と別途2000~5000円程度は必要になります。

伊勢エビやあわびなど高級食材にこだわると、さらにその数倍~十数倍はかかります。高価な食材は、大手で通販する方が良質で安いかも。地元のスーパーでも時価なので要チェック!

コストを抑えておせち作りを楽しむ

コストをかけないなら、数の子は形が崩れた訳ありで済ませたり、重箱はなしに。そのようにして工夫すれば数千円で抑えることもできます。

問題点としては、数の子などが多すぎて少量の商品があまり置いていないこと。これでは余って捨ててしまうおそれも。

ご近所や、両親や父母などと一括で購入して分け合いたいところ。安いだけで購入すると、品質がイマイチで見た目も悪く、せっかくの楽しいお正月気分を味わえない恐れも。

あまりコストカットをすると、いつもの食卓と大差無い残念なおせち料理になります。やはりある程度の見た目や味に仕上げると、万単位は予算として必要です。

通販でおせち料理を購入する方が手軽で安いかも

一方、通販なら一人用~4人用まで気軽に購入できるので、楽して一定水準のおせち料理が食べられます。

量産効果で、たくさんの食材を一括購入して作るところでは、自宅で作るのと大差ない金額で作れる場合もあります。良質な食材をつかい見た目にも綺麗で、味も水準を満たしていれば、たまの年末は楽をして通販するのも、いまの時代ならありでしょう。

総合的には通販で購入した方がお手軽で安いかも。今年、食材をチェックして家計簿に記載しておくと、来年へのデータになります。

お正月太り2つの解消法

お正月に太るのは、食べ過ぎと運動不足。

お餅は量が少なくても、餅米がぎゅっと締まったもので白米と同じ体積でもカロリーは2倍。摂取カロリーは多めなのでご注意を。私の場合はあんこを付けたりするので、糖質も多くあまり食べ過ぎは太る原因に。

ビタミンやタンパク質を摂る

正月太りの解消の1つ目として、おせち料理は新鮮なお野菜が少ないので、ビタミンなどを多めに摂りたいもの。

脂肪を燃焼させるのに酵素は必須。サラダなども少しは摂っておきたい。ゴボウなど食物繊維が多いものを多めに摂りたい。食物繊維は血糖値の急上昇を抑える働きがあるので、正月太りが気になる方は、寒天やこんにゃく、ひじきなど海藻類も多めに食べるのをおすすめします。

しかしそれだけでは不十分。豆類やお肉、お豆腐などに多く含まれているタンパク質を多く摂りたい。運動不足で減った筋肉を増やすのは正月太り解消には欠かせない。

運動で筋肉を増やす

正月太りの解消の2つ目としては、散歩など有酸素運動を多めにする事。

普段であれば通勤などで意外と歩いているのです。一方、正月はテレビを見ている時間や人と会話しているだけで、動かない時間が多ければ、散歩などにでかけて気分転換するのも、カロリーを消費するので良い。炭水化物や糖質をカットする食事を10日~2週間ほど継続すると、増えた体重をリセットできます。

全く正月に運動をしていない人は、減った筋肉を増やすために、膝を突いてもOKなので腕立て伏せや、足を曲げて腹筋をするだけでも減った筋肉を増加させることができます。その場合、筋肉となるタンパク質の摂取は多めを心がけてください。

おせち料理の品質や量で問題があった件

以前、通販でおせち料理の中身がスカスカな問題がありましたが、有名店でもう十年もやっていて評判のところであれば、かなり信頼性が高いので失敗のリスクも減らせます。

あまり有名ではなく、作り手の会社が良く分からないところは、できるだけ避けるのが良いでしょう。

ネット通販は信頼が一番大事ですので、その辺りも配慮している通販ショップで購入するのが安全です。その点、楽天会員で、楽天市場で購入すれば安心です。

おせち料理は元旦だけのご家庭が増加

昔は元旦~3日までおせち料理でうんざりという印象がありました。通販などで1食分だけお取り寄せして、元旦の朝だけおせち料理を食べて、あとは外食という方も増えてきたように思います。

昔は外食したくても、お店がやっていないケースが殆どでしたが、近年、元旦から営業してるお店も辺り前にあるので、待ち時間さえ気にならなければ大丈夫でしょう。回転寿司なども人気の1つ。

大手スーパーなども元旦から営業しているので、雰囲気だけお正月を味わうなら、お正月っぽい見た目のセットやお総菜などを購入すれば、十分な人も多いはずです。

何となくお節っぽい食事をして、のんびりと実家で過ごしたり、出かけるのはさけて家でのんびりスタイルな人も増えているようです。 スーパーでは豪華なお造りなども飛ぶように売れているので、飲みながら肴でまったりと過ごすのも、この忙しい時代には贅沢な過ごし方かもしれません。

お節(おせち)料理の手作りでのメリットとしては、代々受け継がれてきた家の味の継承があります。家庭の味はそれぞれ。それを代々受け継がれていくもの。それを大切にしたい方は手作りが一番。

おせち料理の価格よりお手軽さを優先

おせち料理を購入するよりも、自宅で作る方が安いかどうかは食材次第。

デフレから脱却の流れで、今後は食材費は年々上昇傾向するかもしれません。値段を安くという目的だけだと問題が起こりそう。それよりも手軽に通販で時間を有効に使いたい。

食べて身についた分は、糖質・炭水化物カットと軽めの運動を普段よりも多めにするだけで、激しい運動をしなくても簡単に正月太りが解消できます。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする