PEラインで投げられるジグの重さの目安ってどれくらいなの?

peラインとジグの重さの関係

「PEライン0.8号で、何グラムのジグなら投げられますか?」という素朴な疑問。

釣り初心者で、しかも初めてPEラインを使うときって、どれくらいの太さを使えば28gのジグを投げられるのか、さっぱりわかりません。

そこでおおよその目安を、自分の経験やベテランの方から教えてもらった情報をもとに、下記にまとめました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

PEラインの太さと重さの目安

まずPEラインは、おおよそナイロンラインの強度の4倍。

PEとナイロンの強度は4倍

同じ太さのナイロンラインと比べたら、4倍のオモリを投げられます。

だからナイロンラインの3号で、8号のオモリをおもいっきり投げても、糸が切れないなら、PEラインの0.8号を使えばOK。

PEライン 0.8号×4(倍)=3.2号(ナイロンライン相当の強度)

このようにナイロンラインで、どれくらいのオモリが投げられるのか、経験で理解されているなら、おおよその目安が分かると思います。

良く使う太さの目安(遠投する場合)

初心者の方は、おおよそPEラインの0.8、1、1.2、1.5号を使われています。そこでの太さで投げられる重さを紹介します。

リーダーはフロロカーボンライン(ナイロンを使う場合は、1ランク太くする)。ただし、釣り方や釣る場所によって前後するので、あくまでも目安。

空気抵抗が大きなプラグ、ウキを使う場合。竿の硬さはM(中間)、長さは4mを想定。

ルアーの形状と空気抵抗の関係

  • PE0.8号+リーダー3号 15g(ジグなら20g。ベテランなら30g)
  • PE 1号+リーダー4号 20g(ジグは25g。ベテランなら40g)
  • PE1.2号+リーダー5号 25g(ジグは30g。ベテランなら50g)
  • PE1.5号+リーダー6号 30g(ジグは35g。ベテランなら60g)
  • PE 2号+リーダー8号 40g(ジグの場合は45g。ベテランなら80g)

上記は、それくらいなら、まず切れることがない目安。

竿が短い1.5mの竿なら、投げる時の遠心力が小さくなるので、もう少し重いものでもなげらるでしょう。

例外

船でオモリを下に落とすだけで、遠投しない場合はさらに重いオモリを使えます。あくまでも遠投を想定して解説しています。

竿の硬さや投げ方によっては、切れる可能性もあります。

糸は新品の状態を想定しています。毛羽だってきたようなPEラインであれば、いつ切れてもおかしくありません。

ベテランと初心者で投げられる重さが違う理由

身軽な釣り人

  • ベテランは、自分の使っている竿のクセや性能を熟知しています。
  • 糸もひんぱんにチェック、メンテナンスされています。
  • 竿のガイドも、常に最高の状態。
  • リールも高性能な物を使用。メンテナンスをきっちり。
  • 糸も同じ号数でも、高価で強度が強いものを使用。
  • 毎回、同じフォームで投げられるまで訓練されています。

ベテランは、肩の力を抜いて楽に竿をバネみたいに利用して、遠投できます。

初心者・若葉マーク

初心者の方は、力みすぎてムダに力が入っています。竿も十分に性能を発揮できないので、思いっきり力を入れるので、糸にも負担がかかっています。

そこで初心者の方は、少し軽めのオモリやジグを使うことをおすすめします。

プラグ類やウキを使われると、空気抵抗が大きくなるのでオモリが軽くても糸への負担が増します。

※注 竿には投げられる限界の重さがあります。必ず自分の竿が、何グラム、あるいは何号まで投げられるのか仕様をチェックしましょう。

ベテランは、初心者の方と異なり細部にまでこだわりと注意をされているので、多少は重いものでも投げられます。

ラインが切れる

それを初心者の方が真似すると、ブチッと糸がひんぱんに切れることになっても不思議ではありません。

重さの合計で判断

PEライン1号を使うと、20gくらいまで投げられますが、これは投げる物の重さの合計。

例えばジグヘッドが18g、ワームが4gだと合計で22gになります。

また大きいワームだと空気抵抗が増すので、投げ方によっては負担が糸への負担が大きくなり、切れる恐れもでてきます。

ですので総合的に判断する必要があるわけです。

こちだけで約10gです。

スパーク ヘッド Spark head

このようにはジグヘッドとワームをセットすると、重さが19gになるので要注意。

これ、空気抵抗はそれなりにあります。↓

スパークとヘッド

もしウキ釣りを急きょPEラインでされる場合は、ウキの重さと空気抵抗もあるので、最初は軽く投げて様子をみてくださいね。

高価なルアーを使う前にテストをおすすめ

ルアーは1個2000~3000くらいするものもあります。糸が切れてしまうとショック。

まずはテスト!

100均のジグベイト

そこで初めてPEラインを使うなら、100均(ダイソー)のジグ18g、28g、40gがあるので、それらを試しに投げてみることをおすすめします。

その他のツアーもあるので、ダイソーを除いてみてください。

まとめ

糸と重さの関係は、初心者にはわかりにくいので、良く使うラインの太さを中心に記載していました。

笑顔で指さし これ

ここで紹介したのは、あくまで目安。最高級のPEラインなら、さらに強度がアップして更に重いオモリを投げられるようになるでしょう。

反対に激安ラインなら、高価なルアーが海の彼方に消えて無くなるので、その辺も考慮して検討しましょう。

さらに重いオモリを投げたいけど、PEラインは細いのを使いたいケースがでてきます。

飛距離を出したいキス釣りなどの場合。

そんなときは力糸と呼ばれる別の糸を組みあわせることで、PE0.6号くらいの細い糸でも、25号くらいのオモリも投げられるようになります。

力糸のおすすめなどはこちらまで。

下記の記事を読めば、釣りに更に詳しくなります。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする