長距離、届くトランシーバーを買うと免許があっても逮捕される?

違法なトランシーバー

「声が聞こえない!」

最近、砂浜(サーフ)で釣りをすることが多いのですが、波の音が意外と大きくて、10(m)メートルくらい離れるだけでも、声がよく聞き取れません。

かなり大声で「釣れたよ~」と言っても、理解してもらえないことも。

そこで周りの音がうるさくても会話ができるアイテムを探していたら、トランシーバーに行き当たりました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

トランシーバーを買うなら、ここを見ろ!

トランシーバーは、障害物がない屋外でも、せいぜい300~500mくらいの距離しか届きません。

「え~それだと、ちょっと物足りないな・・・」

困った女性

そういう方は多いと思いますが、そこで、こんな商品があったら欲しくありませんか?

MAX 2km 長距離のトランシーバー

長距離、届くトランシーバー

「え、2kmも届くの? お高いんでしょう?」

「いえいえ。2台セットで3300円、しかもいまなら送料無料ですよ~」

「え、ホントに?だったら買う!」

と、なりませんか?

私は、危うく購入しそうになりました。

でも、こんな高性能で安い商品は、要注意。何か、裏がありそう。

そこで調べて分かりました。

日本国内では違法な商品まとめ

ここでは、商品名を出すことは避けますが、違法な商品の見分け方をまとめました。

  • 技適マークがないと違法の可能性が高い。

特定小電力のトランシーバー、家庭で使用する無線LAN、コードレス電話などは、技適マークが付いていれば無線局の開設のための総務大臣の免許を受けないで使用できます。

詳細 総務省 電波利用ホームページ | 技適マーク、無線機の購入・使用に関すること

  • 出力が10mWの記載があれば、違法の可能性が高い。
  • 500m以上も先まで届くなど、長距離の記載があれば、違法の可能性大

そもそも技適マークがなれけば、アマチュア無線の免許があっても違法。

分かったことまとめ

これで決まり!

購入する際は、技適マークがあるか確認しましょう。もし不明なまま購入してしまうと、返品できない可能性もあります。

また、違法とは知らず使用し、逮捕されて「知りませんでした」と言っても、理由にはなりません。ここが怖いところ。

逮捕された人

広く知らしめるために。見せしめにされる恐れもあるしね。

日本は違法電波の取り締まりに力を入れていて、かなりの確率で探し出される可能性があります。

また探査技術も、年々、向上しているでしょうから、「まあ、バレないだろう」と、甘くみていると相当な罰金や懲役の対象になります。

わずか数千円のトランシーバーで、底までリスクを冒すのは避けてください。

と、まあ、このようなことが分かりました。

買わなくて良かった!

危なかった。海なんて、人が少なく見通しが良いから、誰が違法なトランシーバーを使っているのか、一目瞭然。即、逮捕ですね。

ちなみに海外では、合法的に使える国があるかもしれません。あくまでも日本国内での話しです。おそらくトランシーバーは、海外製でしょうね。

買う時は、慎重に。

あ、そうそう。家にあった古い豆電球式のライトが、簡単にLEDにできました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする