映画『神様はバリにいる』ほぼ実話?あらすじ読む価値なし感想

映画の神様はバリにいるを、初めて聞いた人は、どんな話しか全く分からないと思います。実話なのか、原作はコミックなのか、あらすじを読んでもピーンと来ないかもしれません。

でもこれだけは覚えておいてください。
登場するアニキは実在する人物です。

※アニキとの出会ったエピソードを後述しています。

おそらく、ものすごく口コミでしか広がらない映画かもしれない。しかし、自信を持って伝えたいのは、いまの行き詰まるような生活が、1つの映画で変わるかもしれない。そんな映画です。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

映画のキャストや公開日

バリ島の船

キャストに堤真一さんや尾野真千子さん、まさかのナオト・インティライミさん、
さらに玉木宏さんに、菜々緒さん。

最初に出演者を聞いてびっくりでした。私が好きな人ばかりキャストになっている!
こんな映画ってあり得るのか。(とは私の想い)

2015年1月17日(土)劇場公開という。特別鑑賞券(チケット)を手に入れいると良いことが。
※公開される劇場が限られています。劇場名はこちら
公式サイトはこちら

原案はクロイワ・ショウ

予告

おそらく、『神様はバリにいる』を初めて興味を持った人は、下記のようなイメージを持つ人も多いに違いない。

あらすじ・予告に感想を織り交ぜています

~ここから

どこにでもある成功のストーリー・・・だと思った。

ロケ地はバリ島

あらすじは、婚活ビジネスに失敗して、借金を背負った照川詳子(尾野真千子)が、東京から約7時間30分前後の所にある、インドネシアのバリ島へいく。

リュウという謎の人物に出会い、人生を諦めた彼女は導かれるまま、パンチパーマのアニキ(堤真一)に会う。パンチパー名の時点で、イメージの大富豪とはちがう。

彼(アニキ)は不動産業で成功して大富豪になったというが、どこからみても知性のかけらも、センスも感じられない。誰が見ても、とても大富豪だとは信じないだろう。

日本のお金持ちと言えば、ソフトバンクの孫さんや、楽天の三木谷さん、上場企業の創業社長のイメージがあるが、それとは全くかけ離れている。

映画に登場した大富豪は、ダジャレを全開するまるで芸人と見えるだろう。戦略とは無縁な人物がそこにいた。

そこに彼女は弟子入りしていく。
ほぼ捨て身ですね。

しかしそこで学ぶのは、ダジャレにトイレ掃除

「笑顔を絶やすな!」など・・・
やはり芸人養成所に違いない。

やはりノウハウとか、戦術とは無縁かもしれない。
本当に大富豪かと、疑いたくもなる。

そんな修行の様な生活に、ついに彼女は不満をアニキにぶっつける。
「周りのせいで会社が潰れた。自分はがんばっているのに報われない」

そこでアニキが本質を突く。
周りの責任に転嫁したから、会社をつぶしたという。
ここ、見せ場です。

そんな中、アニキに試練が立ちはだかる。
信用していた部下の裏切りにあう。
事態は思わぬ方向へ・・いくかどうか・・・結末は・・・。

おそらく、ここまで読まれて、こんなことを思うでしょう。

おそらく彼女は成功するだろう。
「でも、なんでそうなる!?」

こんなあり得ない話しでも、映画ならあり得るか。
原作者は誰か?

たぶんコミックを実写化したものか、中身がなさそうで、ストーリー展開もあまり期待できそうにない。
作り話にも程があると思うかもしれない。

なんでこんな映画に注目が集まるのか?
正直、疑って当然、見たくもない成功者の作り話なんて、映画で見たいと思うのか?

『見る価値無し。』そう評価を下すのが普通だと思う。
そして、おそらく、信じられないことに、絶賛する人も必ず出てくるでしょう。

ところが、私はあまのじゃく。
叩かれれば叩かれるほど、その人や映画が気になってくる。

自分でも思うけど、この性格は直したい。

まあいい。
実際に見て、くだらないものなら、ハッキリと書こう。
そう思う。

映画のアニキは、クロイワ著『出稼げば大富豪』の書籍を映画化のためアレンジしたものだと分かる。まずタイトルが面白い。どうやらバリ島に出稼ぎにいって、大富豪になった本だと予想が付く。

どちらにしても作り話・・・のハズだったのだが...
~ここまで

原作本とも言える、『出稼げば大富豪』

あまのじゃくの性格を後悔しつつ、『出稼げば大富豪』を実際に読んでみました。
まず字がでかい。1冊1時間ほどで読めてしまう。
ほぼ詐欺だと思いました。
こんな本にお金を出した自分が悪い。

しかもこの本、シリーズ化されていました。
実際に著者がアニキに弟子入りした話しと書いてありました…
いや、騙されている人ってそんなに多いの!?

ほぼ実話って書かれているけど、ホントに実話だったの!?
「作り話でしょう?」

映画の原案:クロイワ・ショウ 日本人で映画 照川詳子(尾野真千子)さんのモデルとも言える。

その本に描かれているアニキ(兄貴)は映画と同じくらい、規格外な人物です。

正直な感想を言わせてもらうと、

「そんな人、本当にいるわけないでしょう!」
まあ本や映画って、結構、脚色しているらしいからな~。

本にはほぼ真実みたいなことが書いてあるみたいですが、そもそも、うさんくさい。
しかも著者はセミナーを開いているというから。セミナー商法か?

セミナーにいけば、アニキとやらの化けの皮が剥がれるに違いない。
そう思うと面白くなってきたので、実際にセミナーに参加して話しを聞いてみました。

「いや、化けの皮、はがしてやろう!」くらいに思っていたかもしれませんね。

ところが、そのセミナー講師、本の著者がまた怪しい人物にびっくり。

いや、変な夢でも見ているに違いない。そう思うしかいられませんでした。

実はその大富豪に会いにいけるツアーがあるという。
そんな大富豪なんて聞いたこともない!
「あ、嘘くさ~。」
だけど、怖いもの見たさってあるでしょう?
それ。

やっぱり怪しい。「何か変な宗教ではないだろうか?」
そう思ってもおかしくない。

「いや、信じない。」

本に書かれている様なぶっとんだ人間なんて、そうそういるものではない。
そうだ!旅行のつもりで行こう!・・・と自分に言いきかせて。

頭で考えるよりも先に行ってしまいました。
本当は悩みました(笑)

バリの街(筆者がセミナーに参加した時に撮影したものです。)

転機が訪れた

アニキの講演が聴けるという。
そのバリ島のあるホテルに到着。

まだ少し時間があるので、ツアーの人から少し離れてホテルを散策してみました。
じっとしていられなくて・・・

ホテルのラウンジを通りかかったら、呼び止められました。

「・・・・・」

そこに腰掛けていたのは、本に描かれていた男性と、寸分違わぬ人物。
私の目の前に現れたその人は・・・アニキ!

「あり得ない」そう思うまもなく、呼び止められました。

ついさっきまで、実在するハズがないと思っていたその人物がいま、自分の目の前に…

完全にアニキに不意打ちを食らわされました!

アニキという存在

いまでもその時のことを鮮明に覚えています。実際に目で見て、話して分かった事はアニキという人は、中卒だろうとニートだろうと関係なく、学歴もいまの地位も関係なく、分け隔て無く接してくれます。

夜が明けるまで、1人1人の話しをていねいに悩みなど聞いてくれました。もちろんお金儲けの秘訣なども。

ただお金儲けといっても、いわゆるノウハウではなく、もっと人に焦点を当てた考え方を教えてくれます。昭和のよき時代に忘れてきた日本人の良さを、もう一度復活させる!という意志が感じられました。

これを書き始めると長くなるから割愛しますが、あの本に書かれていた人物は、確かに地球上に存在していました。
いまでも信じれないくらいですが。

あの映画の詳しいあらすじは、もうどうでもいい。

映画がヒットしようが、閑古鳥が鳴こうが、
そんなことは知った事じゃない。

おいおい。

映画を見て、自分も大富豪になりたいと思う人がいても良い。
ウソだろうと思うのもあり。

楽しめればそれでいい。

あの映画をみて、一人でも二人大富豪がでてきたら、とても面白いことになるでしょう。

人の評価なんて、どうでもいい。
私って、そんな人だったっけ!?
「あれ?」自分が少し壊れてきた気がします。

きっと、映画や本を読むと、アニキに会いに行きたくなると思う。

結局、なんどもバリに行くことになりました。

・・・って書いていると、また会いに行きたくなりました。

本当にいる。
ただ、それだけで十分。

映画が面白いと思った方は、ツイッターやフェイスブック、LINEなどで紹介してください。この映画、口コミでしか広がりそうにない気がするから。

※写真は筆者が実際にバリ島で撮影した画像です。

スマスマに堤真一・尾野真千子さんが出演 2014年12月15日

『神様はバリにいる』でスマスマに堤真一さんと尾野真千子さんが出演。

バリ島での撮影の裏話をされていました。撮影当日、急きょ撮影が5日ほどできなくなり、玉木宏さんが日本へ帰国。

まさか逃げたか?と思った堤真一さんが部屋を確認してもらうとスーツケースがあったので、また帰ってくるのを確信したという。

食事は意外と日本食を食べていたので、スマスマでインドネシア料理を希望。美味しいと絶賛されていました。

最後に

人の評価とか、周りの目ばっかり気にしていると、大切なものを忘れていく。そんな素朴なことを感じました

アニキに教わったことはたくさんありますが、1つあげるとしたら、

「やってから考えればいいやん!」

というあるエピソードがあります。ある人がバリでお店を開きたという相談をアニキにぶっつけたら、ある信じられない言葉が返ってきました。

「・・・・・・」

そこから分かりやすい具体例が、質問者に回答として返されました。いやはや、考え方が違う。その発想を聞けるだけでも行く価値あります。

旅行気分で気軽にいってみてはいかがですか? ←お前が言うなよって声が聞こえて来そう。

※ツアーが終わっていたらごめんなさい。

他にもたくさん記事を書いています。
よかったらこちらまで>>記事一覧

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする