格安で完成!釣りのエサ箱は自作より改造が早い!

青イソメ

夏場、釣りで困るのはエサの保存。

35度の猛暑になると、ゴカイやカニはすぐにダメになります。

いままでは、面倒でもクーラーボックスに入れていたのですが、今度は氷が早く溶けてしまいます。

自作や買うことも考えましたが、とりあえず今あるエサ箱を改造して保冷する方法を考えました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

エサ箱の改造をやってみた

よく見かけるプラスチックのエサ箱を改造しました。

エサ箱と発泡スチロール

用意するものはこちら。

  • プラスチックのエサ箱。
  • 発泡スチロール。
  • 両面テープ。
  • カッターナイフ(大きめを使いました)。
  • ハサミ。
  • 定規。
  • 接着剤(乾燥後、べとつかず、硬くなるタイプがおすすめ)

発泡スチロールは、家電などに入っていたものを使いましたのでタダ。

その他も、家にあったので追加で買ったものはなし。感覚的にはタダみたいなもの。

エサ箱の形に合わせて切る

エサ箱より若干、大きめにして発泡スチロールをカットしていく。

切ったものを現物に合わせて、微調整をする。

エサ箱の改造

形を合わせたら、両面テープで貼り付けていく。

エサ箱の底の面から貼っていきました。

側面も同じように貼り付けていきます。

エサ箱の改造その1

全体に繰り返し貼っていきます。

保冷効果を高める

発泡スチロールの上に、さらにアルミシートを貼ると、太陽光を反射するので保冷効果が高まります。

ほぼアルミシートを貼りました。取り出し口だけ見えるようにすれば、使用上も問題なし。

発泡スチロールの厚みを1~2cmにしたので、かなりエサ箱が大きくなりました。これでアスファルトの上でも、直射日光でも暑さから防げるようになりました。

保冷剤を入れるように改造した

一応、実用上は問題なく完成しました。でも外からの熱は防げますが、エサ箱は次第に気温に近くなります。

そこで保冷剤をセットできるように、さらにエサ箱を改造しました。

使い勝手

実際に使ってみると、両面テープが熱や保冷剤の湿気ではがれ始めました。

困った女性

そこで接着剤を塗って補強しました。

またアルミシートも接合部分は、接着剤を塗っています。しっかり塗れば、雨の日でも水をある程度は防げます。

その他の問題点としては、ほとんどが発泡スチロールなので、強風になるとエサ箱が飛ばされそうになります。

今後の改善点としては、風まで考えると重くても木で作る方が良いかもしれません。その上にもう少し薄めの発泡スチロールと、アルミシートを貼れば安心です。

もう1つのアイデアは、今回作ったエサ箱の底に板をオモリ代わりにつける方法が手軽かもしれません。

ただ使い勝手は、市販のものには劣るので改良が必要です。

まとめ

風さえなければ、発泡スチロールを暑くしたので、クーラーボックス並みに保冷効果があります。

これで決まり!

保冷剤の交換は、クーラーボックスに入れておいて、適時、変えれば1日中、エサが元気に生きています。

ちなみにエサ箱に直接、保冷剤を入れると冷たすぎて逆効果です。もしいれるなら、スノコを入れて少し隙間を空けましょう。

今回、使ったエサ箱は深さが足り無かったので、フタに設置しました。

ちなみにチヌのヘチ釣りなど、移動する場合は、今回のエサ箱は不向きです。腰に付けられるよう、さらに改造すればOKです。

私は工作技術がイマイチなので、専用のエサ箱には負けてしまいます。器用な方は、楽々、創れるんでしょうね。

私のような、ちょっと不器用な方は、黒鯛工房さんのオリジナルエサバコのように、完成されたものを使うのが早い。

あのエサ箱は、スノコの下に保冷剤をセットできるので、エサ釣りには良いですよ。

笑顔

参考 黒鯛工房 オリジナルエサバコを楽天市場で検索する。

【関連記事】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする