チヌやグレも釣れる!ウキ釣り仕掛けの作り方はこちら!

チヌ

「えっ!こんなところでクロダイが釣れるの!?」

サビキ釣りをしている横で地元のベテランの方が、ウキ釣りでチヌやグレを何匹も釣り上げているのを、見たことってありませんか?

パッと見た目、難しそうな仕掛けですが図解を見て真似すれば、誰でも作れます。

基本型さえ覚えれば、あとはアレンジすれば色んな魚種に応用できます。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)

ウキ釣り仕掛けの作り方

さて、まずはリールでも延べ竿でも使える浮き釣り仕掛けの作り方を紹介します。

まずは、こちらを見て下さい。

すぐ足元付近で釣る場合の仕掛け

浮き仕掛け

※ハリスは、ヨリモドシより下の糸のことです。

ウキは棒ウキを使っています。この良い所は感度。先が細くなっているので、チヌなどの微妙なアタリでも分かりやすくなります。

もし太く大きなウキを使うと、魚が餌を加えたときに違和感を感じてしまうこともあるので、このような棒のウキを使います。

先ほどの図では棒ウキはウキゴムで固定していますが、このタイプが一番シンプルで交換も簡単。

針はチヌ針の2号を私は良く使います。この針なら、チヌからグレ、ボラも釣れるので好きです。

これよりも小さな針だと、小物が釣れるのですがリリースを考えると、私はチヌ針の2号くらいは問題なく口にできる魚を狙います。

リール前提のウキ仕掛け

ちょっと投げて、違うポイントも探りたくなります。そんなときに使うのがこの仕掛け。

私は1.5号のウキを好んで使っていますので、オモリも1.5号。

チヌやグレのウキ釣り仕掛け

先ほどの仕掛けと違うのは、ウキ止め糸やからまん棒を使っているところ。

からまん棒

ウキ止め糸は、棚を調整するためのもの。ウキゴムを使わないタイプのウキなので必要になります。

ウキ止め糸の下にシモリ玉を使うこともあります。ウキがウキ止め糸を抜けてしまうようなときは、小さいシモリ玉を使ってください。

ウキも自由に動けるので、アタリに敏感になるメリットがあります。

投げるとき、針などがウキに絡んでしまうことがあるので、それを防止するためにからまん棒というアイテムを使います。

絶対に絡まないわけではありませんが、慣れてくるとほぼ防止できます。

スポンサーリンク

超簡単なウキ釣り仕掛け

もし先ほどの仕掛けが難しいと感じる初心者の方は、これから始めてはいかがでしょか?

簡単なウキ仕掛け

こんな簡単な仕掛けでも、魚がいれば釣れます。

玉ウキ、ヨリモドシ(スイベル)、ガン玉、チヌ針など。

ハリスはヨリモドシより下の糸です。

道糸も2~3号。ハリスは1.5号。市販の糸付の針でもOK。

ウキから針までは、1.5メートル以上は欲しい。

ガン玉の調整が難しければ、板オモリというハサミでカットして重さを調整できるオモリもあるので、それでやってみてください。私も最初はこれでやりましたが釣れます。

あまり遠投はできませんが、コマセを巻いて近くに寄せればOK。4mくらいの竿か、延べ竿でも出来ます。

ウキとオモリの関係

ここで大事なのは、ウキとオモリ号数。

一般的にウキとオモリは、同じ表記の号数を使えば良いように作られています。

例えば棒ウキ1.5号なら、オモリも1.5号を使えばちょうどバランスよく海にウキが立ってくれます。

ウキが3Bならオモリも3B。ウキが2Bならオモリも2B。

もし何号か分からないウキがあったら、実際にオモリの重さを変えて海に投げてみればすぐに分かるので、あまり難しく考えないでください。

ウキの種類

棒ウキ前提でしたが、初心者の方が使うなら玉ウキも使いたいことがあるかもしれません。

使い方は同じですが、それぞれ得意分野があるので、簡単にまとめました。

ウキの種類

玉ウキは強い風や波があっても、ウキが安定しています。

一方の棒ウキは、風が強いと倒れたりフラフラ揺れて、アタリが分かりづらくなります。

まあ私の場合は、ウキが倒れるくらいの強風だと釣りづらいので撤収します。私は玉ウキは、ハゼ釣りなど気軽に釣れる魚種に用います。

その他にもこんな仕掛けの釣り方やウキがあります。

スポンサーリンク

まとめ

こちらで紹介した仕掛けは、私が基本として活用しているものです。

延べ竿でも使えるウキ釣りの仕掛け。棒ウキは玉ウキでも使える仕掛け。

浮き仕掛け

ハリスは、釣る魚や釣り場によっても変わります。釣れないときは、棚の深さを変えてみてください。

こちらはリール用の仕掛け。

チヌやグレのウキ釣り仕掛け

ぜひ、チャレンジしてみてください。

ちなみにエサは万能エサ、オキアミを主につかいます。

魚を寄せるなら、こんなエサがオススメ。

関連コンテンツ ユニット

スポンサーリンクと関連記事


スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)
336 x 280 レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする