【ぶよ・蚊】虫刺され跡!しこり対策と予防ランキング!

ぶよは痛い。」

子供の頃から草むらに入ると、すぐに蚊やヤブ蚊に刺されて、手を赤く腫らしたものです。その中でもしこりをつくるぶよは一番苦手。

そこでさされた場合に効いた薬や、さされない予防法についてまとめました。

早く治したかったので、薬局に行って痛みを和らげるものも試しました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

液体ムヒアルファEXが一番!

過去にいくつも虫さされで試しましたが、効果はイマイチでした。

今年もまた刺されるのは嫌だと思っていたとき、液体ムヒアルファEXに出会いました。

イチオシ

液体ムヒアルファEX

ムヒとの違い

ステロイド成分の抗炎症作用の強さの違い強力になりました。

いままでしこりができて、症状がひどい方や、なかなか治らない方は液体ムヒアルファEXがおすすめです。

毛虫、ムカデなどにも効果が期待できます。

授乳中のお母さんや妊娠中の方でも使えます。こちらにその記載があります。

メーカーサイト http://www.ikedamohando.co.jp/qa/qa_insect_bite.html#anc04

下記は、以前、しこりができたときに試したものです。もしかすると、こちらの方が相性の関係で良い場合があります。

虫に刺されたら塗る

蚊

私が虫さされの場合、この3つを試しました。

  • ムヒ
  • ダイヤメルゾンクリームPV(第2類医薬品)
  • メディクイックH 湿疹・かぶれの治療薬(第2類医薬品)

ムヒはおなじみ、蚊に刺されたときに、かゆみを抑えてくれるものですね。

ムヒのパッケージムヒの容器の外観ムヒの塗り口

大抵、ムヒを塗っていれば数日で赤みが収まりかゆみも治まっていきます。その数日が痒いですが^^

私も使っています

ダイヤルメゾンPV

ダイヤメルゾンクリームPVは湿疹や皮膚炎、かぶれ、かゆみ、虫さされに、効能・効果があると言われていて、皮膚がかぶれたときに効果を実感しています。

軟膏タイプとクリームタイプがありますが、効果は同じなので、べとつきがいやな方はクリームタイプをおすすめします。

私も使っています

メディクイックH
メディクイックHは、私の場合は虫さされと日焼けしたときに塗るようにすると、早く治るように感じています。

箱から取り出すと、こんな感じです。
メディクイックH本体

スプレー式のように見えるのですが、手の平につけてから患部に塗るのが良いと思います。

数カ所、しこりができたので、それぞれ塗って試したのですが、ダイヤメルゾンクリームPVとメディクイックHを、時間を置いて間違えて交互に塗ってしまったので、どちらが効果があったのか分からずじまいです。

ただ、しこりに関しては、ムヒはあまり効果がありませんでした。

あくまで私の使用体験ですので、100%治ると、効果があるとはいえませんが、しこりがとれない場合や、早くなんとかしたい場合にはぜひ、試してください。

これで決まり!

もし上記のものでも改善が見られない場合や、熱を持って痛みが強い場合は、ためらうことなく皮膚科を受診するのをおすすめします。

脅かろかすつもりはありませんが、もしかすると、ただの虫さされではないかもしれません。たとえば、確率はかなり低いですが海外から来た毒を持った虫かも。

虫さされで肌がダメージを負ったとき、しこりができた跡などはバリア機能が低下しているので、女性の方はこんな使い方もあります。

参考 油を使わない保湿ジェルアクアゲルマジェル

子供にはムヒパッチA

蚊に刺された時には、赤くなった部分を寝ている間に掻きむしらないために、ムヒパッチAを貼ると皮膚を保護できます。

スッとして、かゆみも幾分やわらぐので、良いと思います。あまり目立たない肌色なのも良いですよ。

しこりの原因と、刺されないために

蚊に虫さされ

それがなぜか大人になって、血が不味くなったのか滅多に蚊にさされなくなりました。

これって、代謝が低下したってこと?つまり老化したからなのかな。少し落ち込んでいたのですが、ある日、海に行ったら、酷い虫さされでしこりが数カ所できてしまいました。

1何度も刺されると、赤く腫れなくなるそうなので、気づいていないだけかもしれません。もしかすると、若い頃のように皮膚から二酸化炭素が多くでていないかも。

気が動転している母親

かゆみはあまり無かったのですが、痛みがあり患部が熱をもち炎症を起こしている噛まれたような跡があり、これは蚊ではないのがわかります。

通常、蚊はしこりができるほどではなく、赤くかゆい症状が普通。

しこりができるのは、別の虫が考えられます。もちろん肌が弱い方なら、蚊にさされてもしこりができるかもわかりません。しかし私の場合は該当しません。

虫さされの状況をまとめました。

  • 刺された場所が海辺だった。
  • 刺された時間が夕方。
  • しこりができた。
  • 痛みがある。
  • 蚊よけの対策はしていた。
  • 噛まれたような跡がある。

このようなことから、蚊がしこりの原因とは考えにくい。

そこで調べたら該当するのがブヨ(ぶよ)
おそらくこれに間違いないと思います。
蚊にさされにくい人でも、ぶよには刺されます。

参考 蚊に刺されやすい人は血液型で?人体実験で分かった意外な理由!

おばあちゃんの知恵

昔の時代は、便利な虫さされの塗り薬などは無かったので、身近にある石けんを少し水でふやかせて、石けん水を作り(少量)、それをかゆみのあるところに塗ると良いとのこと。

あまり薄めると効果がないようで、その場合は石けんを少し水で濡らして、手のに付けてから患部に優しく塗り込むのが良さそうです。

殺菌作用のあるお酢も良い(少量)そうです。酢飯なども、殺菌効果があり保存に向くのもそのためです。

アウトドアで急に痒くなったけど、ちょうどムヒなどがない場合の応急処置に試す価値があるかもしれません。でも、肌の合わない場合もあるので、十分に注意して異常があればすぐに綺麗な流水で洗い流してくださいね。

注意点

アルカリの石けんだから有効だということ。中性や酸性の液体洗剤などは不可。

アロエ(医者いらず)

アロエ

アロエ(鉢植えにされている、葉が小型のもの)やアロエベラ(葉の大きなもの)を、果肉と葉の青い部分を痒いところに塗り込んだり、貼り付けておくと良いそうです。

私が子供の頃は軽い火傷のときに、アロエをガーゼで固定して治した経験があります。いまでも田舎に行くと、アロエが玄関先や庭などに植えられている場合があります。

刺されないためのランキング

rank3

まずは長袖の着用

真夏でも朝夕は虫が活発に動き、蚊に刺されたり、ぶよに噛まれたりするので、皮膚が弱い方はダメージがかなりのものになるはずです。だからできるだけ、肌の露出を避けるようにしたいものです。

ただちょっとした隙間があれば、ブヨは潜り込むので完全に防ぐのは難しいかも。また夏場、日焼け予防にも良いのですが、蒸し暑い日は長袖はキツイですよね。

しかもちょっとした隙間にブヨが入り込むのでやっかいです。効果としては低いでしょう。

そこで虫除けアイテムも活用したいところですね。

虫除けアイテム

蚊取り線香

rank3

こちらの長袖と同じで、ブヨへの効果は同率3位でイマイチ。

蚊にはかなり効果的な蚊取り線香などもまだまだ現役。臭いが嫌いな方は、持ち運びできる、ポータブルタイプもあるので便利になりました。

ただし、このタイプは風が強いところではあまり効果がありません。薬成分が風で拡散してしまうからです。

こんな時は服などに直接使う、虫除けスプレーも蚊などには有効だと思います。でもアブとかしこりの原因となるブヨにはあまり効かない印象です。

虫よけキンチョールサラテクト
(家に置いてあるものです。)

アロマ・エッセンシャルオイル

ランキング1位

アロマで使うエッセンシャルオイルも、虫よけ効果があると言われています。私もスプレーにして活用しています。

言われてみれば蚊取り線香も、元は除虫菊の中に含まれている成分が、蚊に効くので使われたのが始まり。ハーブなど自然な野草のパワーは凄いですね!

手作りスプレーキットなども販売されているので、香りと虫よけの両方を楽しむのも良いかも。

手作りスプレーの参考記事(虫よけドットコムさん)

私の周りでいまブヨ対策に良いと噂されているものがあります。

ハッカ(はっか)の精油を使ったスプレーの作り方

ランキング1位

イチオシ

ハッカ油はハーブの一種。今紹介した1位のアロマ・エッセンシャルオイルのひとつ。

その中でもハッカ油はブヨに効果があると評判です!

薬局で簡単に手に入る精製水でハッカ油を薄めて、服にスプレーすれば手製の虫よけスプレーが作れます。

このはっかの臭いがブヨは苦手のようで、効果があると言われています。

必要な物

  • ハッカ油 入手先:ハッカ油P 20mlを楽天市場で詳細を見る。
  • 精製水
  • 消毒用エタノール
  • スプレーボトル(ポリプロピレン製またはポリエチレン製)※ポリスチレン製は容器が溶ける恐れがあるので使用不可。
   作り方

分量は今回は約200mlで配合していますが、100ml、300mlの場合はそれぞれ入れる分量を増やしてください。

  1. エタノール30mlをスプレーボトルに入れる。
  2. 次のハッカ油13~20滴を入れる。
  3. よく混ぜる。
  4. 最後に精製水160ml入れて混ぜる。200mlより少なめになります。

同様の作り方でハッカ油をヒバ油に変更しても、虫よけになります。ちなみにヒバ油はゴキブリも寄せつけないと話題になっています。

この順番に作ると上手くできます。

これダメ ダメ

エタノールとハッカ油を先に入れると混ざりません。油に水を入れてしまうと混ざらないからエタノールで先に希釈します。

100mlの場合

  • エタノール15ml
  • ハッカ6~10滴
  • 精製水80ml

ただしこのスプレー、雨の日は効果が低下します。カッパの内側や傘の裏面の雨のかからないところにスプレーしてから着るようにしましょう。

無水エタノールならこれがおすすめ

注意 この記事で紹介している作り方で使用するのは、自己責任でお願いします。

まとめ

虫に刺されても塗り薬で、ある程度はケアできますが、しこりなどは治るまでに時間がかかります。

長期間にわたって治らない場合は、蚊やアブではない場合もあります。ダニや他の皮膚病の可能性もあるので、早めに皮膚科を受診されることをおすすめします。

自然を満喫される場合は、虫さされ予防対策を万全にするのが大切です。

虫といえばこちらも読まれています。
>> ゴキブリ 駆除と卵の対策!小さいほど早めに退治

こんな記事も読まれています。

お風呂のカビを防ぐ!かんたん・できる方法

風邪で喉の痛みが治らない時に有効な風邪薬

焼き芋をレンジで時短調理する方法

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする