貼られてもシールが簡単に、はがれるようにする方法【予防】

シール貼る

いますぐ、シールを剥がしたい方はこちら!

どうぞ こちら

参考 シールはがしの方法

小さいお子さんが、遊びでシールを家具や床にぺたぺた貼って困ったとき、まずはあの方法ではがしてください。

剥がしても、また子どもは面白くてシールを貼ってしまいます。こっちが叱ると、余計におもしろくて貼るのが仕事みたいなもの。

そこで目くじら立てずに、貼ってもすぐに剥がせるように『ある細工』を施すと剥がすのが楽。詳しくみていくことにしましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

シールが貼れない

注意したいのが、シールを貼ったのを剥がしたところ。おそらく丁寧に剥がしているハズなので、表面がきれいになっています。

困った女性

油分なども除去されているので、そこにまたシールを貼られると今度は剥がしにくくなります。(シールはがしの方法なら大丈夫です。)

つまりシールを貼る面をきれいにするほど、はがれにくくなるのでその逆をすれば、シールがはがれやすくなります。

具体的にはこちらを用意してください。
 ↓ ↓ ↓

フードシリコンスプレー

シリコンスプレーはべとつかない潤滑スプレー。5-56は有名ですが、それと比較するとベトベトしない特徴があります。

シリコンスプレーは木材にも使えますし、おもちゃなどのプラスチック系にも使用できます。

「でも、子どもが口に入れるかもしれないのに、そんなのダメでしょう?」

私もそれを心配しましたが、そこで探して見つけたのがフードシリコンスプレー

購入先・通販 フードシリコンスプレーを楽天市場で詳細を見る。

特長

『偶発的に食品にかかっても害を与えない』という特長があるから。だから小さな子ども、お孫さんなどが触るところでも安心。

ドアの開け閉めで、音が鳴るところにもシュッと使えて便利。

-40度~200度まで使える!

もともとフードシリコンスプレーは業務用で、例えば食品の機械などの潤滑油として使われるものです。

これで決まり!

さすがに食品の機械に、普通の油を使うと問題があるので、あのスプレーが開発されたのだと思います。

フードシリコンスプレーを塗ると、表面の凸凹が少なくなって、シールの粘着剤が素材に入り込みにくくなるので、貼ってもすぐにはがれます。

私の感覚だと、念入りにすると貼れないので、そこまではしないほうが良いと思います。

困った女性

子どもは、全くシールを貼れないと別の貼れる場所を探してしまうから。

一応、貼れる程度にはしておきたいですね。

実際にスプレーして、シールを貼ってみて剥がれ具合を試してください。

「ママ、何してるの?」と言われないように、こっそりやってくださいね。

外壁に貼られる

いたずらは室内だけではありませんね。外壁にもシールされたり…。そんなときもシリコンスプレーが有効です。

うまく活用して、お子さんの創造性を育てられると素敵ですね♪

シリコンスプレーが床にかかってすべってしまったら、こちらを参考にしてください。

参考 床がすべる原因&適切な滑り止めとは?

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする